エントリー

フルカレンダー・ムーンフェイズウォッチをご覧ください。

フルカレンダー・ムーンフェイズウォッチをご覧ください。

フルカレンダーウォッチとは、曜日・日付・月の表示がある時計の総称です。 これらの時計は、表示が充実していることがメリットで、普段から身につけておくと実用性が高く、特に曜日や日にちを忘れてしまったとき、手首を上げれば日付がわかるので、スマホを取り出してまた見るより楽です。 フルカレンダーウォッチでは、文字盤の表示をさらに充実させるために、ムーンフェイズ機能を時計に組み込むことを好むブランドがよくあります。

ボーム&メルシエ クリフトン 10328
型番:10328
直径:43mm
ケース厚:14.95mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ムーブメント:Valjoux 7751
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50メートル
腕時計のレビュー:ボーム&メルシエこのCreightonシリーズ10328フルカレンダームーンフェイズクロノグラフは前にあなたに導入されている、それは複雑な機能の時計であるため、鋼のケースサイズは43ミリメートルであり、全体の時計は14.95 mm厚、そのシルバーダイヤルは全く複雑ではないの人々の気持ちを与えるために多機能表示、ダイヤルもサテン研磨仕上げ後、と長いカレンダー針と青のクロノグラフ秒針、ダブル秒追い手の感触の種類があります。 ロングデイト針とブルーのクロノグラフ秒針には、ダブルセコンドチェイス針を採用し、一見すると非常に洗練された印象です。 文字盤の外周には、中央に赤いエンドカレンダー針で示されるカレンダーリング、12時位置に30分計と中央に曜日・月表示、6時位置に24時間計とスモールセコンド、そして6時位置に12時間計と中央にムーンフェイズ表示を備えています。 ボーム&メルシエが直接使用するムーブメントは、キャリバーValjoux 7751で、完全に巻き上げると48時間のパワーリザーブとなり、全体で50mの防水性を備えています。 この時計には、マルチジュエリーを施したスチール製のブレスレットが付属しています。

モンブランスターコレクション U0119955
型番:U0119955
直径:42mm
ケース厚:11.43mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:MB 29.12
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:18年に発売されたモンブランのフルカレンダーウォッチ「スター」。 ケースはスチール製で、直径42mm、厚さ11.4mmの大きさです。シルバーの文字盤は内円と外円に分かれており、内円は31の日付数字と赤い三日月型の日付針、中央に曜日と月表示、外円は黒のアラビア数字で構成されています。 6時位置のムーンフェイズ表示は、ギョーシェ模様に囲まれ、文字盤中央にはモンブランの6角形の白い星が放射状にギョーシェ模様で描かれているのも、特に魅力的です。 搭載する自動巻きムーブメントはモンブランMB29.12で、平ヒゲゼンマイを採用し、42時間のパワーリザーブを実現しています。 この時計には、イタリア・フィレンツェにあるリシュモンのペレッティアレザー工房で作られたブルーのアリゲーターレザーストラップが付属しています。

ucla belisar D904.425.46.017.11
モデル番号:D904.425.46.017.11
直径:44mm
ケース厚:15.35mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:UNG-25.01
ケース素材:316Lステンレススチール、18Kピンクゴールドベゼル、サイドスレッド
防水性能:100メートル
ウォッチレビュー:以前から注目を集めているUCLIベルエポックのフルムーンフェイズ・クロノグラフシリーズ。 本日ご紹介するのは、316Lステンレススチールケースに18Kピンクゴールドのサイドとベゼルを組み合わせたインターゴールドモデルです。 ホワイトの文字盤には、12時位置に30分計、中央に曜日と月表示、9時位置にスモールセコンドと共通のクロノグラフカウンターを備えた24時間計、そして6時位置にゴールドのムーンフェイズとさりげなく一体化した12時間計を備えています。 自動巻きムーブメントUNG-25.01を搭載し、60時間のパワーリザーブと100m防水を実現しています。 ブラウンのレザーストラップが付属し、日表示と月表示がそれぞれドイツ語と英語で表示されるのも特筆すべき点です。

まとめ:上記の3つのフルカレンダー・ムーンフェイズウォッチは、非常に実用的で、見た目も性能も優れており、特にフルカレンダーのデザインにムーンフェイズを組み合わせることで、本当に高級感とスタイリッシュさが増しています。 価格はいずれも3万円台ですが、特筆すべきは、3モデルともサイズや厚みが決まっているので、気に入ったものがあれば、実際に試着して自分に合うかどうかを確認するのが一番です。

モンブラン、"最高級 "のムーンフェイズウォッチを発表...その実力をご覧ください。

モンブラン、"最高級 "のムーンフェイズウォッチを発表...その実力をご覧ください。

まだまだメンズウォッチが主流ですが、多くの時計ブランドがレディース市場にも目を向け、クラシックでエレガントなレディースモデルを数多く発表しており、モンブランのバオックスコレクションもその一つです。 2014年の発売以来、「Baoxi」コレクションは、エレガンス、官能、スタイルの代表格として、女性プレイヤーに愛されています。 今年、モンブランは「ボエーム」コレクションに新たな息吹を吹き込み、「パーペチュアルカレンダー ムーンフェイズ」と「デイ&ナイト」を発表しました。 (腕時計モデル:127353)

 

 

モンブラン パーペチュアルカレンダー ムーンフェイズ&デイ&ナイト イラストレーション

実際に見てみましょう。

 

モンブランで最も知名度の高いレディースウォッチであるボエームコレクションは、多くの映画やテレビドラマで目にすることができます。 映画やドラマに登場するモデルが実用的で日常的なものだとすれば、この新作は美しさと複雑さを兼ね備えた、コレクター垂涎のタイムピースと言えるでしょう。

 

時計のケースは貴重な18Kホワイトゴールド製で、ベゼルには58個のトップウェッセルトン・ダイヤモンドがセットされ、夜空を星の点のように照らしています。 38mmとレディースウォッチの中では大きめのサイズなので、洗練されたエレガントなスタイルを求める男性におすすめです。

 

ベゼルにダイヤモンドをセット

 

3時、6時、9時位置にそれぞれ月、日、曜日を表示するサブダイヤルを配置し、6時、9時位置のサブダイヤルの内側にムーンフェイズとデイナイトを表示するという複雑なダイヤルレイアウトを採用しています。 さらに、永久カレンダーや24時間表示で第2時間帯の時刻を示すセンター時針も搭載し、モンブランの奥深い時計技術を余すところなく表現しています。

 

新作「パーペチュアルカレンダー マニュファクチュール バイ ダリル」のハイライトは、一目でアベンチュリンガラスの文字盤が作り出す深く感動的な星空が見える、星空文字盤です。

 

リュウズに目を向けると、精緻な彫刻が施されたタマネギ型のリュウズの上にモンブランのパテントカットの星型ダイヤモンドがセットされ、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。

 

ケースバックからは、3年の歳月をかけて製作された永久カレンダー搭載の自動巻き機械式ムーブメントMB29.22が見えます。 リューズの両方向調整ができるほか、ムーブメントの破損を防ぐために午後6時から午前12時の間は設定できないムーブメント保護機構を搭載しています。

 

この時計には、ブルーのアリゲーターレザーストラップが装着されており、同色の星空文字盤と呼応して、ロマンチックな雰囲気を醸し出しています。

 

結論:近年、モンブランブランドは、多くの複雑時計を発売することに力を注いでいます。 しかし、パワフルなムーブメントに注目するのではなく、優れた性能を発揮するには繊細なダイヤルデザインが必要です。この新しいパーペチュアルカレンダー ムーンフェイズ&デイ&ナイトは、時計製造の腕前と卓越した審美性が融合した完璧な表現と言えるでしょう。 また、この時計は88本の限定生産で発行され、コレクション性を高めていますので、興味のある方はご注目ください。

ブルースチール針を採用した "超毒性 "のおすすめ時計

ブルースチール針を採用した "超毒性 "のおすすめ時計

ブルースチール針という言葉を初めて聞いたとき、私は青い針を持つ時計のことだと思っていました。 しかし、それは半分だけで、実は「ブルーイング」とは、時計の針を焼成する工程のことで、ステンレススチールの針を熱し、酸化させ、硬化させることで、特殊なブルーの色を作りだすのです。 均一な青色を出すのは容易ではなく、時間や温度を正確に判断する必要があるため、ブルースチール針は単に時計の見栄えを良くするだけでなく、ブランドの時計製造のノウハウが試されるのです。

ロンジン・エレガンス L5.767.4.73.3
型番: L5.767.4.73.3
直径: 47.00 X 28.20 mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント: L592
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
コメント:1997年の発売以来、ロンジン ダコヴィーナ コレクションは、レクタンギュラーケースのデザインで注目されています。 Dechovinaという名前はエレガントな響きがしませんか? 実は、コレクションの名前は、人々がリラックスして人生を楽しめるようにというイタリアの哲学「la dolce vita」に由来しています。 ロンジン ディコルビナ コレクションは、このような背景からインスピレーションを得ています。上記のケースは、クラシックな長方形の形状を保ち、28.20 x 47.00 mmのステンレススチール製です。 ベージュとシルバーの文字盤に、ラッカー仕上げのアラビア数字とインデックス、ブルースチール針、6時位置の日付表示。 文字盤全体のデザインはシンプルですが単調ではなく、アールデコのヴィンテージのような趣さえ感じさせます。 自動巻きメカニカルムーブメントL592を搭載し、約45時間のパワーリザーブを実現しています。

NOMOS LUDWIG コレクション 236
型番:236
時計の直径:37.5mm
ムーブメント:手巻きメカニカル
ムーブメント:α
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:30メートル
ウォッチレビュー:ブルースチール針とホワイトダイヤルの組み合わせは、多くの時計愛好家の心の中にあるクラシックなマッチングに違いない。例えば、NOMOS Ludwigウォッチコレクションは、ラウンドダイヤルとミニマルなデザインプレートというおなじみのクラシックなルックスを備えている。 上の写真の「Ludwig 236」は、37.5mmのスチール製ケースを採用し、厚さはわずか6.7mmです。 小さな3針の文字盤は、ホワイトのエナメル仕上げで、針とローマ数字は強化ブルースチール製です。よく見ると、ローマ数字の「IV」が「IIII」に置き換えられていることが分かります。 この変化は、中国の消費者の読書習慣に合っていると思われます。 NOMOS初の手巻きムーブメント「アルファ」を搭載し、約43時間のパワーリザーブで2日に1回の巻き上げで済みます。

ボーム&メルシエ クレストマーク 10524
型番:10524
時計の直径:42mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:SW200 BV
ケース素材:ステンレススチール
防水性能:50メートル
コメント:もし各時計ブランドがミニマリストの代表を選ぶとしたら、ボーム&メルシエはクラシマコレクションをフィールドにしなければならないでしょう。 このコレクションの特徴は、クラシカルな丸い文字盤にローマ数字、そして上の10524のように文字盤の中央にギョーシェ模様が施されているものもあり、クラシマ・コレクションを代表するものとなっています。 42mmのスチール製ケース、ギョーシェ模様を施したシルバーの文字盤、ブルースチールのリーフ型針、12時位置に見えるオープンバランスと脱進機が特徴で、時計自体の魅力を高めるとともに、身に着ける人に遊び心を与えてくれます。 自動巻き機械式ムーブメントSW200 BVを搭載し、約38時間のパワーリザーブを実現しています。

結論:文字盤のデザインも比較的シンプルで、シルバーかホワイトの文字盤にブルーの針、時計愛好家の言葉を借りれば「最もクラシックで伝統的で魅惑的な不朽の毒」である。 また、冒頭で述べたように、ブルースチール針の製作には非常に厳しい時計職人が必要なため、ブルースチール針を搭載した時計は、それだけで比較的高い位置づけにあるのです。

2021年 オメガの新作ウォッチ "スリーストロンガー"

2021年 オメガの新作ウォッチ "スリーストロンガー"

オメガ シーマスター 300m ダイバー "インクブラック"

このシーマスター300m "Ink Black "の話をするのは、ここ数年、オメガの新しいシーマスター300mが本当に多くの人に着用され、ヒット商品となっているからです。 通常のスチールケースのブルー、ブラック、グレー、ホワイトディスクはもちろんのこと、インターゴールドモデルでさえも多くの人に着用されています。 これは、8800シーホース300mが非常に強力なオールラウンド性能とコストパフォーマンスを備えていることを端的に示している。 しかし同時に、時計が「ぶつかり合う」ことも避けられない。 レギュラーモデルから「飛び出す」のは、「Seamaster 300m 007」や「Seamaster 300m Ink Black」などのスペシャルモデルにかかっているのです。

オメガ シーマスター 300m インクブラック」は、オールセラミック製ウォッチです。

シーマスター300m」のハイエンドモデルである「インクブラック」は、43.5mm(通常の「シーマスター300m」より少し大きい)となっており、最大の特徴は、時計全体がオフカラーのない、オールブラックのセラミックスウォッチであることです。 オメガ シーマスター 300mコレクションには、2つのセラミックモデルがあります。インクブラックは、あらゆる場所にセラミックを使用しており、もうひとつのシーマスター 300mセラミック/チタンモデルは、ベゼルベース、リューズ、ヘリウムバルブ、ケースバックがチタンになっています。

波模様とインデックスが施されたセラミック製の文字盤には、レーザー彫刻が施されています。

立体的な数字、インデックスが刻まれたセラミックベゼルは、レーザー彫刻が施されています。

構成的には、シーマスター300m インクブラックの方が強いです。 シーマスター300m インクブラックの強度は? セラミックベゼルにはレーザー彫刻を施し、数字やインデックスもすべて立体的なセラミックです。セラミックダイヤルには、ダイヤルの波模様をレーザー彫刻するだけでなく、ダイヤルの縁の目盛りもレーザー彫刻しています。 一方、通常のシーマスターは、ベゼルの目盛りがエナメルで埋め尽くされ、文字盤の目盛りはラッカー仕上げになっています。 オールブラックの外観に合わせ、時計の文字盤にあるオリジナルのホワイトドットのアワーマーカーと針もPVDブラック加工され、カレンダーも取り外されています。

アワーマーカーはPVDブラックで仕上げていますが、夜光はブルーのままです。

シーマスター 300m インクブラック」は、オメガの新世代自動巻きムーブメント8800(特にカレンダーなしのバージョンである8806)を引き続き採用しています。時の試練に耐えたキャリバー8800は、計時および耐磁性の面で優れた性能を発揮し、プレイヤーから高い評価を受けています。キャリバー8800は毎時25200振動、55時間パワー、上部ブリッジはオメガ特有のものである アラベスク模様のジュネーブストライプの装飾。

オメガ シーマスター 300m インクブラック 自動巻きキャリバー8806。

シーマスター 300m インクブラック」の価格は69,600円で、時計の主流であるオールセラミックモデルとしてはリーズナブルな価格設定となっています。 しかし、通常のスチールケースのシーマスター300mと比べると、参考価格は2万円以上高くなります。 個性を求めるか、コストパフォーマンスを求めるかは、あなたの判断にお任せします。

オメガ シーマスター300 ブロンズゴールド

まず、「シーマスター300」と「シーマスター300mダイバー」は同じ時計ではないことに注意してください。 シーマスター300はヴィンテージモデル、シーマスター300mはオメガのプロフェッショナルダイバーズウォッチですが、どちらも名前に300が入っているので、混同しないように注意してください。 シーマスター 300 ブロンズゴールドは、オメガの今年の最も重要な新作の一つであり、多くの議論を巻き起こしましたが、そのすべてが「ブロンズゴールド」という素材に焦点を当てたものでした。 ブロンズゴールドは銅にあたるのか? それとも金? ゴールドとも言えるし、9万円という価格にはそれだけの価値があると思うんです。

 

ブロンズゴールドは、ご覧の通り、ゴールドの時計と同じように見えます。

その理由は、通常のゴールドウォッチは18金ですが、シーマスター300 ブロンズゴールドは9金で、銅50%と金37.5%を含んでおり、金の含有量は通常の18金より少ないものの、純金であることに変わりはありません。 この時計は、ゴールドの目盛りと、金無垢とされるセントバーナード犬の頭のロゴが特徴です。

さらに、オメガ シーマスター300 ブロンズゴールドは、そのクラスのプレステージウォッチでは数少ない金無垢であり、公示価格も10万円以下に押さえられているのです。 このクラスのスポーツウォッチは他にはない。 つまり、10万を切る公称価格で、ゴールドの外観を持つ腕時計としても、300m防水のダイビングウォッチとしても、「オメガ シーマスター300 ブロンズゴールド」しかないのです。

 

ラグにはセントバーナード犬の頭部と、金無垢ゴールドウォッチの証であるゴールドのテンプが描かれています。

現在発売中のシーマスター300は、1957年に発売された歴史的なシーマスターCK2913(CK2913は当時シーマスター300と呼ばれていた)の外観を採用しています。 サンドイッチ」ダイヤル。 夜光塗料は下文字盤に、上文字盤には3、6、9、12の数字と三角形のアワーマーカーが "くり抜かれた "状態で配置されています。 ブロンズゴールド製はブラウンセラミック製ベゼル(スチールケース製はアルミニウム製ベゼル)です。

 

 

シーマスター 300 ブロンズゴールド」は、サンドイッチ型の文字盤で、インデックスがくり抜かれているのが特徴です。

ブロンズゴールド製の「シーマスター 300」は、オメガ8900自動巻きムーブメント(特に8900のカレンダーなしバージョンである8912)を搭載しています。8912は、シリコン製ヒゲゼンマイ、非較正重量の微調整されたヒゲゼンマイ、ダブルバレル、60時間のパワーリザーブも搭載しています。 ムーブメントは日差0/+5秒のクロノメーター認定を受け、15,000ガウスまでの耐磁性を備えています。 ブロンズとゴールドの「シーマスター300」、シースルーのムーブメントバックからキャリバー8912が見える。

 

オメガ シーマスター300 ブロンズゴールド、自動巻きムーブメント8912搭載。

ヴィンテージ感のある外観、優れたコストパフォーマンス、そして何より、手にした瞬間にスチールウォッチと見分けがつくゴールドケース。 これが「オメガブロンズ・ゴールド」の最大のメリットだと私は考えています。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ 3861

 

オメガ スピードマスター ムーンウォッチ 3861、サファイアクリスタル、シースルーバージョン。

歴史的な遺産、ムーブメントの構成、あらゆる角度から見たコストパフォーマンスなど、新世代の「スピードマスター ムーンウォッチ 3861」は、オメガにとって今年のベストバイのひとつと言えるでしょう。 しかし、現実はプレイヤーの目の前でもある。「スピードマスター 3861」には2つのバージョンが用意されているのだ。

可視光線のサファイアクリスタルは平面で、アクリルガラスは球面です。

ムーブメントは同じで、ミラーバックが異なり、一方は高価で、一方は安価です。 私の周りには、バランス的に、安価で不透明な3861を選んだプレーヤーがいます。アクリルガラスは、裏面がしっかりしている方が、歴史的に見ても本物だと思うのです。 しかし、現代人の感覚からすると、少し高価ではありますが、シースルーバージョンは確かに手に入れる価値があると思います。

 

サファイアのシースルーケースバックからは、手巻きクロノグラフムーブメント3861を鑑賞することができます。

上部にサファイアクリスタル、下部に透明なサファイアケースバックという構成は、スピードマスターのムーンウォッチでは「サファイアサンドイッチ」(海外でつけられた名称)と呼ばれている。 サファイアクリスタルとシースルーバックは、スピードマスターのヴィンテージモデルにはない、モダンなプロダクトです。 しかし、そのメリットは明らかで、サファイアクリスタルは傷がつきにくく、シースルーケースバックからは定番の3861手巻きクロノグラフムーブメントの構造を見ることができ、何しろスイス時計ブランドの主流ではオメガ以外誰も手が出せない、6万円を切る公開価格の手巻き水平クラッチクロノグラフムーブメントなのだ。 しっかりした裏蓋は鑑賞に堪えませんし、心も嬉しくありません。

 

 

オメガ スピードマスター ムーンウォッチ 3861、ムーブメントの詳細。

さらに3861ムーブメントの新世代は、同時に歴史的なプロトタイプ861ムーブメントすべての建設を維持し、オメガ同軸脱進機を変更し、完璧なクロノメーター規格、誤差0/+5秒/日にアップグレードし、15000ガウス防磁があり、861家族の歴史最高の状態に時間性能を行く、確かに良心。

時計科学 - シリコン 現代の時計製造の "コード"

時計科学 - シリコン 現代の時計製造の "コード"

シリコンは、ここ数年、特にシリコンが一般化し、多くのブランドがこの道に乗り出す中で、より陳腐な問題の1つになっているはずですが、20年前に今のようなシリコンの時代を想像できていたでしょうか? ムーブメント部品にシリコンを使うメリットはあるが、シリコンはもろくて壊れやすいという問題があるのではないか、という質問も見受けられます。 今日は、シリコンが21世紀の時計製造の「新たな寵児」となったことを、この機会に振り返ってみたいと思います。

 

シリコンは未来につながるか?

 

エスケープメント

では、一般的にシリコンはどのような用途に使われるのかを見てみましょう。 シリコンは、ムーブメントの心臓部である脱進機(ガンギ車、フォーク、ヒゲゼンマイなど)に使用されます。 脱進機は、原動機からヒゲゼンマイにエネルギーを伝達し、その振動数を指示機構に伝えて時刻を知らせる機械的エネルギー伝達スイッチなので、脱進機機構は時刻を正確に知るために非常に重要な役割を担っています。 脱進機はムーブメント部品の中で最も動作回数が多く、消耗も相当なものです。

当初、ヒゲゼンマイとガンギ車はスチール製だったが、スチール部品は磁気の影響を受けやすいだけでなく、摩擦によるムーブメントの摩耗が激しく、計時精度に影響を与えるため、これに代わる優れた素材を常に探し求めていたのだ。

 

1932年のニバロックス社の歴史的広告

1933年に開発・発売されたニバロックスは、ニッケル、クロム、マンガン、チタン、ベリリウム、シリコン、鉄からなる合金で、主にヒゲゼンマイに使用されていた。 ニバロックス社のヒゲゼンマイは、創業以来、時計製造に広く使用されています。

シリコンが時計に使われるようになったのはいつ頃ですか?

前世紀末、時計産業が水晶の時代から立ち直ったばかりの頃、シリコンの時代も始まっていた。 シリコンは現代の電気・電子用途に使われることがほとんどで、当時はクオーツ時代の恐怖が蘇ったのでしょうか。 この非常にモダンな素材と伝統的な時計製造は矛盾していると考える人が多く、当初はシリコンを受け入れる人は少なかったのです。

 

ユリス・ナルダン社 ロルフ・シュナイダー氏
時計製造に初めてシリコンを使ったのは、ユリス・ナルダンである。 当時ユリス・ナルダンの社長だったロルフ・シュナイダーは、CSEM研究所で行われたDRIE(Deep Reactive Ion Etching)プロセスによる実験で、シリコンが持つ軽量、耐磁性、低摩擦といった優れた特性を保ちながら、理想の部品に近い形で加工できることを知り、ムーブメントの部品として理想的だと考えました。 ユリス・ナルダンの舵取りをするロルフ・シュナイダーのビジョンと決断力は、新素材の領域へ乗り出す巨艦を最初に操縦することになった。 その後、パテックフィリップ、ロレックス、スウォッチグループもCSEM研究所と手を組み、シリコン技術を開発した。

 

時計製造へのシリコンの参入は、時代の必然的な流れであり、時計に導入されてからの年月は、確かにその優位性を証明している。 多くの友人が「もろい」と心配してくれますが、長年にわたってほとんど壊れていませんし、工場出荷前に衝撃テストが行われています。 この半導体素材の応用は、伝統的な時計製造から逸脱していると考える人もいるが、実は機械的な構造を革新する一方で、素材も無視できない。 それは裏切りではなく、伝統に基づいた冒険であり、この冒険が歴史となるか未来につながるか、時計製造界が前に進む痕跡なのである。 各ブランドともシリコンを使ってはいるが、ヒゲゼンマイの構造や脱進機には独自の特許や技術を持っており、時計の進歩はシリコンだけの仕事ではないし、シリコンが原因で崩壊することもないだろう。

 

2006年、ユリス・ナルダンは「単独」で、別の会社ミモテック(UV-Liga技術によるムーブメントのテンプとヒゲゼンマイを製造)と提携し、シリコンクリスタル部品の製造に特化したシガテックを設立しました。 ユリス・ナルダンはシリコンの研究をさらに進め、2001年に初のシリコン製時計を発表した。この時計は、毎晩静かに勉強する寮の同居人のような気まぐれな時計で、その後、人々を驚かせることになった。

 

2001Freak whimsical watch
双方向脱進機とシリコン製のガンギ車を搭載した「ユリス・ナルダン 2001 フリーク」は、半導体材料が時計製造に使用できることを証明し、当時の時計界にとって画期的な存在となった。

 

ユリス・ナルダン バイディレクショナル・エスケープメント
上記の両方向脱進機は、ユリス・ナルダンの天才時計師オシュラン博士が発明したもので、同軸脱進機やテコの原理で作られた脱進機に比べて優れていますが、前述のように脱進機の金属部品の摩耗が激しく、軽量で硬く磁気に強く、エネルギー消費を大幅に抑え、追加の潤滑を必要としないシリコン製脱進車への変更により、ユリス・ナルダン製両方向脱進機は これにより、ユリス・ナルダンの両方向脱進機はより優れたものとなっています。

 

ユリス・ナルダン初のダイヤモンドシリコンクリスタル脱進機DIAMonSILを搭載した「FREAKDIAMonSIL」。

2007年、ユリス・ナルダンは、DIAMonSIL製の両方向脱進機をアップグレードしたFREAKDIAMonSILで技術的なブレークスルーを達成しました。 DIAMonSILは、シリコンと人工ダイヤモンドを組み合わせたもので、シリコン部品の外側にダイヤモンドをコーティングしたものに相当する。 シリコンよりも高い硬度と滑らかさを持ち、シリコンは加工時に割れやすいという問題点も克服した、より完成度の高い材料である。

 

ユリス・ナルダン ダイバーズウォッチとUN-118ムーブメント

2012年、ユリス・ナルダンは新しい自社製ムーブメント、キャリバーUN-118にダイヤモンドシリコンクリスタル脱進機を採用し(ただしこのムーブメントは双方向脱進機ではなく、スイス式レバー脱進機)、量産された。 このUN-118ムーブメントは、現在ユリス・ナルダンのDIVERXに採用されており、価格も7万円からとそれほど高くはありません。

実はユリス・ナルダンでは、ダイヤモンド・シリコン振動子が登場する以前からダイヤモンド脱進機の実験を行っており、2005年に人工ダイヤモンドを使用したダイヤモンドヘアスプリングとダイヤモンド脱進機を搭載した「FreakDIAMONDHEART」を発表しています。 このダイヤモンド脱進機が何らかの形でダイヤモンドシリコン脱進機に影響を与えたかどうかは定かではありません。

 

ジャン-ピエール・ミュジが率いるパテック・フィリップの伝説的なキャリバー89

多くの人が伝統の模範と受け止め、シリコンとは相容れないと思われた数百年の歴史を持つパテック・フィリップがシリコンの分野に参入したとき、多くの人が驚いたが、ここでは当時のパテック・フィリップの技術部長ジャン・ピエール・ミュジーの名前を挙げなければならないだろう。 33のコンプリケーションを搭載し、彼のリーダーシップのもとで作られた。 彼はシリコンを非常に好んでおり、パテックフィリップのムーブメントにシリコン技術を導入することに意欲的だった。

 

左側5250、右側5350

パテックフィリップは、2005年にシリンバー®製脱進機を搭載したRef.5250を、2006年にはシリンバー®製ヒゲゼンマイを搭載したムーブメントを搭載したRef.5350を発表しました。 今回紹介する「Silinvar®」は、単結晶シリコンをベースにした特許取得済みの新素材で、Silicon(シリコン)+Invariable(不変)の組み合わせで「Silinvar」と名付けられています。

 

パテックフィリップ5235とパルソマックス脱進機

2008年、パテック・フィリップは、シリンバー®製のガンギ車とフォークを採用し、さらに最適化されたパルソマックス脱進機を発表しました。

 

ブレゲ・クラシック5177
シリコン製ガンギ車とガンギ車フォーク付き
スウォッチグループのブレゲも2006年にムーブメントへのシリコン導入を実現し、ガンギ車、ガンギ車フォーク、平ヒゲゼンマイをシリコン製にし、ロレックスは2014年にシリコンヒゲゼンマイ「Syloxi」を発表したが、長年、女性用時計に搭載されていたキャリバー2236のみに使用されていた。

現時点では、シリコン部品は壊れても修理ができないことが最大の懸念材料ですが、ユリス・ナルダンのシリコン部品には10年保証がついており、これも消費者のシリコンに対する安心感を大きくしています。 ユリス・ナルダンは、ムーブメントにシリコンを使用するだけでなく、高級インレイウォッチ「FreakX」のようにインレイワークの素材としてもシリコンを使用しています。 新しい地平を切り開くことなく、いかに前に進むか。 時計は時代の流れの中で上を目指していかなければ、時代に飲み込まれてしまう。 クォーツ・クライシス以降、機械式時計はシリコンがキラー・ムーブとなるのだ!

この時計は、2022年のプロパーのブレイクモデルになるのでしょうか?

この時計は、2022年のプロパーのブレイクモデルになるのでしょうか?

パンダディスクの時計について知っている人なら、ユリス・ナルダン Baillie "Asymmetric Panda" Chronograph について知っているはずです。 3つのクロノグラフサブディスクのアシンメトリーなカラーが特徴で、発売されると時計業界の「ダークホース」となり、新モデルを瞬く間にヒット作に変えました。 少し前に、パンダ・ファミリーはもうひとつの新作、レーシングレッドの「2022 ベルエポック クロノグラフ リミテッドエディション」を発表し、こちらも時計愛好家から高い評価を得ています。 新しい "レッサーパンダ "の性能は? それでは、実際に撮影した映像を見てみましょう


ユリス・ナルダン バイリー「アシンメトリック・パンダ」クロノグラフは、44mmのスチールケースにホワイトダイヤルとブラックダイヤルの2種類があります。 発売後、多くの時計愛好家からブラックダイヤルを好む声が聞かれました。おそらく、より控えめで大きな直径を中和しているのでしょう。

 

冒頭で述べたように、「アシンメトリック・パンダ」の最大の特徴は、3つのクロノグラフのサブディスクのカラーリングが非対称であることです。 このため、サブディスクのデザインだけでも、市場によくあるパンダディスクと一目で区別がつきます。

 

アイボリーホワイトの "トラック "リングと赤いインデックスが、文字盤の表情をより一層際立たせています。 ブラウンのカーフスキンストラップには淡い色のステッチが施され、ヴィンテージ感と躍動感を演出しています。

非対称パンダ」の価格は18,400円で、その手頃な価格も人気の大きな理由となっています。 2万円を切る価格は、限られた予算でクロノグラフを好む多くの時計愛好家に門戸を開いています。 黒パンダ」はまだ販売中ですので、気に入った方は今すぐゲットしてください。

 

左:「アシンメトリーパンダ」ブラックダイヤル、右:新「レッドパンダ」2022
ユリス・ナルダン「パンダ・ファミリー」は、「アシンメトリック・パンダ」ウォッチに続き、レーシングレッドの新作「2022 ベリス・クロノグラフ リミテッド・エディション」を発表します。 新しい「レッドパンダ」は、スチールケース、直径44mm、「トラック」ベゼル、アールデコの数字、赤いクロノグラフ針など、「アシンメトリック・パンダ」のクラシックな特徴を引き継いでいます。

 

新しい「レッドパンダ」にも新しいバリエーションが加わりました。最も目を引くのは、ブラックとレッドのグラデーションの文字盤で、3つのクロノグラフのインダイヤルが統一された配色に戻り、3時と6時位置に30分計、12時間計には中央にクロノグラフ秒針を備えて秒読みができるようになっています。

 

 

9時位置にはスモールセコンド、6時位置には日付窓が表示されます。

 

時計の時針と分針には夜光塗料が塗布されており、薄暗い場所でも十分に鮮明なため、素早く時間を読み取ることができます。

 

ケースバックはシースルーバックで、サファイアガラスの裏蓋からは60時間パワーリザーブの自動巻きムーブメントUNG-27.01を見ることができます。

 

この時計には、ブラックとレッドのカーフスキンに、中国の伝統的な特徴であるシュウ・トーテムが特別に刻印された2種類のストラップが用意されています。 もうひとつは、赤いラバーストラップです。

パネライ ルミノ フライバック クロノグラフ アーミーグリーン。

  • 2022/06/09 11:48

パネライ ルミノ フライバック クロノグラフ アーミーグリーン。

昨年11月末、パネライは2つの新しいルミノシ フライバッククロノグラフを発表しました。1つはブランドの最先端セラミック素材「セラミカ」、もう1つはカラーに革新的なデザインを採用し、ホルモンがはじけるホットなミリタリーグリーンは、ミリタリーウォッチの真のカラーを表現しています。 パネライをよく知る人なら、このブランドのクロノグラフが非常に個性的であることを知っているだろう。フライバックやクロノグラフの大きな分針を取り入れることで、ただでさえシンプルなクロノグラフ機能に充実した意味合いを持たせているのである。 ハウスオブウォッチでも少し前にミリタリーグリーンの新モデルPAM01296を撮影していますので、本日は実写でその性能を詳しくご紹介します。


動作中の時計

 

正式な紹介の前に、普段は紹介されることのないフライバッククロノグラフ機能について説明しましょう。 英語でフライバックと呼ばれるこの機能は、ゼロボタンを作動させると、クロノグラフ秒針が瞬時にスタート地点(12時位置)まで戻り、止まることなく時を刻むことができるという、非常に生々しい描写がなされているのです。 クロノグラフのスタート、ストップ、ゼロ調整、継続という一連の流れが合理的に設計されており、セーリングなど正確で反復的な計時が要求される分野に適しています。 また、パネライは、ブランドと海とのつながりから、このコンプリケーションを常に好んできました。

 

このPAM01296のクッション型ケースはステンレススチール製で、直径は44mmです。 ケース右側にはパネライの特徴であるリューズガードがあり、半円状に曲げられたメタルブリッジが、時計の操作に影響を与える衝撃や不意の接触からリューズを効果的に保護します。 埋め込まれた圧力バーがリューズを閉じる際に保持し、100mの防水性と気密性を実現します。

 

ベゼルを含む時計ケースは、ポリッシュ仕上げになっています。 2つのクロノグラフプッシャーは、パネライの多くのクロノグラフの特徴である左側にセットされ、視覚的にバランスが良く、操作しやすいようになっています。 プッシャー上部はサーキュラーサテンブラッシュ仕上げ、ベースはポリッシュ仕上げのままです。 2つのクロノグラフのプッシャーは、見た目にはドットに見えないのですが、撮影時に試してみたところ、私にはかなり良い感触でした。

 

ミリタリーグリーンの文字盤は、スケルトンのサンドイッチダイヤル構造を採用しています。 この新作の最大の見どころは文字盤ですが、パネライは伝統的にミリタリーグリーンを採用しており、ブランド側の言葉を借りれば、パネライの歴史的遺産と軍人の血統を強調しているのです。 文字盤は、マット仕上げにすると非常に質感が高くなり、ポリッシュ仕上げのケースと相まって、エレガントな雰囲気も醸し出しています。 文字盤の外周には航海用タキメーターの目盛りが付いています。 他ブランドのクロノグラフが車の速度を見るためにキロメータータキメーターを見ているのに対し、パネライのクロノグラフモデルはほとんどが船の速度を見に行く航海用タキメーターであり、ここからまた海との繋がりを見せてくれるのです。

 

文字盤には、幅広のペンシル型時分針に加え、中央にオレンジ色の針が2本あり、スプリットセコンドに見えるが、実はこの同軸ダブルクロノグラフ針は、パネライのフライバッククロノグラフの特徴である。 デザイン面では、パネライ フライバックは、時・分のサブディスクはなく、オールオレンジの針がクロノグラフ分を、先端のオレンジの針がクロノグラフ秒を示す2本のクロノグラフ針で、より直感的にデータを読み取ることができるように設計されています。 文字盤の3時位置には12時間計、9時位置にはスモールセコンドを備えています。

 

サンドイッチ構造のスケルトンダイアルは、ダイアル上部に刻まれたアワーマーカーの目盛りとダイアル下部に施されたスーパールミノバ™夜光塗料が特徴です。 上の写真は、実際に発光しているところです。 いつものように、パネライの発光は時計愛好家の期待を裏切りません。

 

密閉式のケースバック、サテン仕上げのスチール製ケースバックの下に自動巻きムーブメントP.9100を搭載しています。 このムーブメントは、パネライが初めて開発したクロノグラフ機能付き自動巻きムーブメントでもあり、統一ムーブメントに代わるブランドのクロノグラフのメインムーブメントとして、常にパフォーマンスを可能にしてきました。p.9100はフライバッククロノグラフ機能に加え、垂直クラッチとコラムホイールを搭載し、取り付けられた2つのバレルは72時間のパワーリザーブと、週末時計並みの性能を実現し、パネラの自動巻トゥールビヨンは、このムーブメントが搭載されています。 パネライのローターに使用されているセラミック製ボールベアリングも、革新的な素材の見せ所です。

 

また、タフでありながらエレガントな印象の時計にマッチするよう、同じステッチのアーミーグリーンのクロコダイルレザーストラップを選んだオリジナルストラップと、着用シーンに合わせて選べるグリーンのラバーストラップも付属しています。 サテン仕上げのスチール製台形クラスプの上部には、ブランド名が刻印されています。

 

結論から言うと、今回の新製品は44mmですが、上の写真でわかるように私は手首周りが16.5mmと細いので、なんとかなりますし、装着しても急に大げさに見えることはありません。 紹介文を読んで、皆さんも自分の意見をお持ちだと思いますので、最後にもう一度、希望価格に関連してお話させていただきます。 まず、デザインですが、時計市場で最も人気のあるグリーンプレートを採用しました。 パネライは、マットなアーミーグリーンにオレンジの要素を加えてアクセントにし、視覚的に心地よく、改めて時計の認知度を高めています。 性能面では、パネライの自社製ムーブメントであるP.9100は、3日間のダイナミックリザーブ、フライバック、クロノグラフの大型分針、垂直クラッチ、コラムホイールなど、このクラスのクロノグラフムーブメントの中では本当にOKで、構成と精度は保証されています。 このPAM01296は、パネライのオンラインブティック限定モデルとして、世界限定110本、中国では10本のみ販売され、限定番号は001と018がともに中国で、正式価格は106,000元となっています。 この数年、時計の世界では、すべてのグリーンがホットでなければなりません。 19年に発売されたパネライのミリタリーグリーンPAM01055は、発売後すぐに完売しました。 グリーンディスクがお好きな方には、PAM01296がもうひとつの窓を開けてくれるでしょう。 かつての時計愛好家は、パネライのシンプルでヴィンテージなモデルを見に行くのが習慣でしたが、パネライは美学からデザイン、素材、機能まで、高級時計製造のこの辺境に長く進んでおり、特にフライバッククロノグラフやセーリングクロノグラフなどのスペシャルモデルは、他の誰も持っていない多くのクオリティを持っており、時計愛好家には試す価値があるモデルだと思います。 それから、この時計が気に入ったら、クロノグラフの進行に適したPAM01296にも注目してみてはいかがでしょうか。

 

ダイヤモンド&ゴールドウォッチ。 スケルトンXグリッター」は、そのきらびやかな美しさを表現した時計です。

ダイヤモンド&ゴールドウォッチ。 スケルトンXグリッター」は、そのきらびやかな美しさを表現した時計です。

2021年初頭、ユリス・ナルダンは、すでにまばゆいばかりの輝きを放つタイムピースにダイヤモンドを加えた、ホワイトチタンモデルとブラック4Nローズゴールドモデルを新たにコレクションに加えました。 本日は、ゴールドの高級感とダイヤモンドの清らかさが融合した、忘れられないローズゴールドモデルをご紹介します。 (時計型番:3716-260B/02)

 

動作中の時計です。

 

この時計は、内と外の境界を取り払ったスケルトン構造になっており、ムーブメントの内部構造を遠慮なく見ることができるようになっています。 全体的にブラックとゴールドの配色で、ローズゴールドとダイヤモンドの豪華さをブラックのディテールがうまく中和し、よりリッチな質感を演出しています。

 

スケルトン X ブリリアンス」のハイライトは、ベゼルに80個、マーカーに69個のダイヤモンドをセッティングし、ひときわ美しいビジュアルを実現していることです。 マネージャーズスケルトンの「X」字型の幾何学構造を継承し、「2」、「5」、「7 2"、"5"、"7"、"11 "のX字型インデックスをレクタンギュラーフレームに配置し、さらにそれをリングに収めることで、魅力的なレイヤリングの外観を実現しています。

 

ユリス・ナルダンの前作SkeletonXの香箱は放射状の模様が施されていましたが、この時計の12時位置の香箱はブラックPVDコーティングされた真鍮製で、時計全体のスタイルに合わせた円形の模様が美しくエングレーヴィングされています。

 

ムーブメントの脱進機は文字盤の6時位置で見ることができ、超大型の超軽量シリコン製テンプ、ニッケル製ウェイト、自動調整マイクロプレートなどが、時計の優れた性能をさらに高めています。

 

棒状の針には夜光塗料が塗布されています。

 

文字盤の複雑さやデザイン要素の多さにもかかわらず、直径42mmという多くの人が扱いやすい大きさになっているのは、ユリス・ナルダンの優れた時計製造技術の表れでしょう。 ケースはピンクゴールド製で、リューズにはユリス・ナルダンの象徴的なロゴが刻まれており、一目で分かるようになっています。

 

ムーブメントの繊細な動きを正面から鑑賞できるだけでなく、サファイアクリスタルケースバックからは、より完全なムーブメントの姿を見ることができます。 キャリバーUN-171を再設計し、部品点数をわずか173点に抑えた手巻きムーブメントUN-371を搭載し、完全に巻き上げると最大96時間のパワーリザーブとケースバックの香箱窓からの読み取り、50m防水を実現しています。

 

ローズゴールドのケースに、ブラックのアリゲーターレザーストラップを合わせ、洗練された印象に仕上げています。

 

12時位置の香箱には、ブラックゴールド仕様とは異なる素材のマザーオブパールを使用し、女性らしさを高めています。

 

結論:「スケルトン X ブリリアンス」は、内なる「核」をあえて露出させ、時間の神秘をあますところなく見せる、特別な輝きを放つ時計を愛する人のために設計され、ユリス・ナルダンの時計製造技術に対する自信を示しています。

エレガントでスタイリッシュな、ゴールドのスポーツクロノグラフがおすすめです。

  • 2022/06/07 10:58

エレガントでスタイリッシュな、ゴールドのスポーツクロノグラフがおすすめです。

ローズゴールドは、ケースによく使われる素材のひとつで、フォーマルな時計に添えられることが多い。 スポーツウォッチというと、「頑丈」「耐久性」といった言葉を同一視してしまいがちです。 しかし、時計の進化とともに、貴金属を使ったスポーティな時計が増え、エレガントさとダイナミズムのバランスがとれていることも好評を博している。

ゼニス 18.3100.3600/69.
型番:18.3100.3600/69.
直径:41mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:エル・プリメロ3600
ケース素材:18Kピンクゴールド、ブラックセラミックベゼル
防水性能:100メートル
コメント:「ゼニス クロノグラフ スポーツ」は、ブランドの歴史的名作からインスピレーションを受け、モダンなプロポーションと新しいデザイン要素に、高精度な計時を新たな次元に引き上げる独自のスタースピード ムーブメント「エル・プリメロ」を組み合わせた2021年発表の新コレクションです。 直径41mmで、ピンクゴールドのケースとブラックセラミックのベゼルという対照的な配色を採用し、視覚的なインパクトを強く打ち出しています。 ロジウムメッキの針とインデックスには夜光塗料が塗布され、暗い場所でもはっきりと視認できるようになっており、「パンダダイヤル」を好む人にもう一つの選択肢を提供しています。

ショパール クラシック レーシング コレクション 161293-5001
型番:161293-5001
直径:44mm
ケース厚:13.79mm
ムーブメント:オートマチックメカニカル
ケース素材:18Kローズゴールド
防水性能:100m
コメント:ショパール クラシック レーシング ミッレミリア GTS CHRONO クロノグラフは、プロのモータースポーツのために設計され、ローズゴールドのエレガンスとモータースポーツの情熱が融合したモデルです。 ケースは18Kピンクゴールド製で、夜光性の針とインデックスがマットな黒の文字盤の下にくっきりと浮かび上がります。 直径44mmで、現代的でラグジュアリーな外観が特徴です。 また、タイヤ柄のエンボスラバーストラップは、「レーシング」のテーマを表現しており、クラシックレーシングコレクションにふさわしい仕上がりとなっていることも特筆すべき点です。

ウブロ クラシックフュージョン 541.OX.1180.LR
型番:541.OX.1180。
直径:42mm
ムーブメント:自動巻き
ムーブメント:HUB 1153
ケース素材:18Kピンクゴールド
防水性能:50メートル
コメント:ウブロ クラシックフュージョン 541.OX.1180.LR のケースは18Kピンクゴールド製で、直径42mmの文字盤に洗練された美しさが表れています。 縦方向にグレイン仕上げを施したサテン仕上げのベゼルの上には、コレクションの特徴である6つのスクリューデザインがセットされ、ケースと完璧に調和してラグジュアリーで洗練された外観を実現しています。 サファイアクリスタルの裏蓋からは、ウブロのロゴをあしらった精緻な透かし彫りのローターを備えたムーブメントを見ることができます。 ウブロの自動巻きムーブメントHUB1153を搭載し、上質でエレガントな仲間です。

要約すると、上記の3つの時計はローズゴールドのケースを持ち、強いスポーティなスタイルを呈し、複雑で洗練されたクロノグラフ機能を持ち、それぞれ独自のハイライトを備えています。 セラミックリングとパンダディスクのデザインを持つゼニスCHRONOMASTER Sportは、様々な人気要素を持ち、「パンダディスク」クロノグラフを好む人に別の選択肢を提供します。 ショパール クラシック」の特徴であるタイヤ柄のラバーストラップは、「レーシング」と「タイムピース」という2つのテーマを印象的に表現しています。 ウブロ クラシックフュージョンは、ワンピースケースとネジ式ベゼルを採用し、高い認知度を誇る、今最も人気のあるモデルの一つです。

スクリーンを席巻する2022年のオメガの新製品をご覧ください。

  • 2022/06/06 11:33

スクリーンを席巻する2022年のオメガの新製品をご覧ください。

この2日間、時計業界で最も話題になったのはオメガの新製品の発表でしたが、昨日上海で行われたプレス向け試食会では、さらに多くの新製品を見ることができました。 このイベントでは、「グリーン・シーマスター」、18Kゴールド製「スピードマスター ムーンウォッチ」、新モデル「スピードマスター '57」が発表されました。 本日は、今年のオメガの新製品を紹介し、新年の「大きな動き」がどこにあったのかを見ていきたいと思います

ムーンシャインゴールドのスピードマスター ムーンウォッチに、新しいムーンシャイン18Kグリーンゴールドとブラックゴールドのディスクを採用。

今回発売された2本の「スピードマスター ルナ」は、いずれもムーンシャイン18Kゴールド製で、「スピードマスター ルナ」の素材選択の幅が大きく広がりました。 ご存知のように、「スピードマスター ムーンウォッチ」は、月や宇宙のファンから長く愛されてきました。 ムーンシャイン18Kゴールドは、ブランドが開発した特許素材で、より落ち着いた色合いになっています。

 

文字盤には3時、6時、9時位置に3つのクロノグラフカウンターを備え、写真のものはムーンシャイン18Kゴールド製で、サブダイヤルはブラックです。 サブダイヤルとベゼルのブラックカラー、そしてゴールドの時針・分針が、エレガントでヴィンテージな雰囲気を醸し出しています。

 

ブラックセラミックベゼル上のタキメーター・スケールは、オメガセラミックゴールドテクノロジーで作られており、初期のスピードマスター・モデルの「DotOverNinety」(DON、数字上のスケール90のドット)のシンボルが施されています。 文字盤には放射状のパターンを施し、クリスタルには耐摩耗性に優れ、反射防止処理を施したサファイアガラスを使用しています。

 

もう一つのムーンシャイン18Kゴールド製「スピードマスター ムーンウォッチ」は、グリーンの文字盤が特徴です

 

ムーンシャイン 18Kゴールド製「スピードマスター ムーンウォッチ」は、オメガファンの間では「最もオメガらしいムーブメント」とも呼ばれ、スイス連邦計量器協会(METAS)から業界最高の認定を受けている手巻きのコーアクシャル・クロノグラフ・ムーブメント、キャリバー3861を搭載しています。 また、スイス連邦計量研究所(METAS)により、業界の上位認証基準であるクロノメーター・パーフェクションを取得し、15,000ガウスまでの強磁場にも耐えることができます。

 

スピードマスター ムーン』の2種類の文字盤は、レザー、ラバー、メタルストラップとの組み合わせが可能で、ブラックラバーストラップの内側には、月の表面を細かく再現したデザインが施されています。 メタルストラップは、オメガが開発したプッシュプルデザインで、より手首に近い位置で時計を装着できるブレスレット調整機能を備えています。 価格はいずれもブレスレットの素材により198,500円から294,100円です。

グリーン・シーマスター シーマスター300mダイバー 予約受付中

シーホース300mダイバーズウォッチは、ダイバーズウォッチ市場において確かに大きなシェアを占めており、素材や文字盤の幅広い選択肢により、価格帯や美意識の異なる多くの人のダイバーズウォッチに対するニーズを満たすことができます。 時計界では「Green is always hot」という言葉があります。「Green Ghost」でも「Green Femme」でも、人々は常にグリーンの時計に魅了されます。

 

また、「緑の馬を手に入れたら、必ず緑のコードになる」というジョークもあり、とてもローカルな雰囲気です。 このシーマスター300mには、42mmのスチール製ケースも用意されており、最もわかりやすい配色の変更が施されています。 同時に、ヘリウムベントバルブにも若干の調整を加え、円錐形のデザインにグレードアップしています。


文字板にはセラミックを使用し、ウォーターリップ構造を採用。 文字板からは、インデックス、針に夜光塗料を施し、6時位置には日付窓を配置しています。 全体的な外観は、シーマスター300mの特徴的なデザイン要素であることに変わりはありません。 また、ストラップはグリーンラバーストラップとステンレススチールストラップの2種類からお選びいただけます。 ストラップによって異なりますが、中国での価格は40,900~43,500円で、他の文字盤付きシーマスター300mスティールモデルと同価格です。

 

現在、同ブランドが採用しているメインムーブメントでもあるキャリバー8800を搭載し、ムーブメントの動きを見ることができるバックトランスペアレントデザインを採用しています。 55時間のパワーリザーブと強力な耐磁性を備えたこのムーブメントは、日常使いに最適なモデルです。
スリムなクラシックモデル「スピードマスター'57」を内側からアップグレード

もともとレーシングタイムキーパーとして設計された「スピードマスター'57」も、今年はサイズやムーブメントの面でグレードアップしています。 サイズは40.5mmに調整され、厚さは13mm以下と、「スピードマスター ムーンウォッチ 3861」の13.58mmよりも薄型になりました。 また、新たにレッド、ブルー、グリーン、グロッシーラッカー仕上げのバーガンディレッドダイヤルを選択できるようになりました。

 

1957年に発表された初代「スピードマスター」にインスパイアされた新作「スピードマスター '57」は、垂直ラグを備えた左右対称のケース、レーザー刻印された黒のタキメータースケールと有名な「ブロードアロー」針が施されたメタルベゼルという歴史的遺産を踏襲しています。

 

このブラックダイヤルは、上部にスケルトンのインデックス、下部にレトロな雰囲気のスーパールミノバを塗布した「サンドイッチ」の2層構造で、サイドに見える2つのサブディスクがレイヤー感を演出しています。

 

左は2022年発売の40.5mm径、右は41.5mm径のスピードマスター '57

比較表からわかるように、新しいスピードマスター '57は、ベゼルのディテールがよりスリムになり、ダイヤルのブラックはよりヴィンテージなブラッシュ仕上げになっています。 全体のレイアウトに大きな変更はありませんが、サイズ、ベゼルのプロポーション、文字盤のエングレービングともにスリムになり、重量感が若干軽減され、現代の美意識に沿ったものとなっています。

 

ムーブメントも9300から手巻きクロノメータームーブメント9906にグレードアップ。 スピードマスターは手巻きでないと「あの味」が出ないという声も多く、60時間のパワーリザーブと強力な耐磁機能を備えた新ムーブメントが搭載されている。 新型「スピードマスター '57」の中国での価格は67,000~69,000円です。

深海潜水タツノオトシゴの王様 オーシャンユニバース ULTRADEEP 製作中

また、2019年の発売以来、初めて量産される「シーマスター オーシャンユニバース ULTRADEEP」も新作の中では重鎮的存在です。 シーマスター オーシャンユニバース ULTRADEEP」は、6,000m(20,000フィート)防水の45.5mmケースに、厚さわずか18.12mmの新モデルを7種類ラインナップしています。

 

ULTRADEEP」7本のうち6本はスチール合金製、残りの1本はグレード5のチタン製です。 水中6,000mで作動し続けるために、数々の水中実験とさらに厳しいテストが行われ、スイス連邦計量器研究所(METAS)が承認する厳しいテストをクリアしたオメガ8912クロノメータームーブメントが搭載されています。


さらに、2021年にはマリアナ海溝で水深6,269mまで潜る探検家に同行し、実際の水中環境で優れた性能を発揮することを確認することを目的としています。 また、METASが認定する9つの追加テストに合格し、飽和潜水時計のISO 6425規格に適合していることを確認しています。

 

全体として、オーシャンユニバースULTRADEEPの量産化により、一般人が日常的に着用するプロフェッショナルダイバーズウォッチというブランドの選択肢が広がり、このサイズは存在感を好む小柄な消費者に新しい選択肢をもたらすことになりました。 この新モデルの価格は、ストラップと文字盤によって90,500円から99,200円です。
シーマスター アクアテラ」のカラフルな文字盤は、若々しい色彩に溢れている

今年のシーマスター アクアテラは、カラーダイヤルを愛する人々のニーズに応え、春の訪れを感じさせる10種類のカラーと2サイズのシーマスター アクアテラが登場しました。34mmと38mmは、男性にも女性にも着けられるサイズとなっています。

 

38mmモデルではロジウムメッキの針とアワーマーカーにホワイトのスーパールミノバを施し、34mmモデルでは18Kホワイトゴールドの針とアワーマーカーに帆船を模したデザインを採用するなど、光沢のある新しい文字盤を採用しています。

 

すべてのモデルは、ポリッシュ仕上げのステンレススティール製ケースとアップグレードされたブレスレットを備え、オメガ8800クロノメータームーブメントを搭載しています。 注目すべきは、シーマスターアクアテラの価格が34mm、38mmともに48,700円であることです。
定番のコンステレーションに新色を追加した「コンステレーション

オメガのフォーマルウォッチコレクションであるコンステレーションコレクションのクラシックモデルとして、マンハッタンコンステレーションのデザインスタイルを継承し、コンステレーションファンを驚かせています。 コンステレーション41mmには、ロジウムグレー、グラデーショングリーン、バーガンディレッド、ホワイトダイヤルなどの新モデルが加わり、コンステレーションの選択肢は大きく広がりました。

 

そのうちのひとつは、ホワイトセラミック製の文字盤にブルーのインデックスと針、同じくセラミック製のベゼルに「グラン・フー」製法によるホワイトエナメルのローマ数字が施されたモデルです。 クラシックなデザインに新しい素材技術を組み合わせ、象徴的な爪はポリッシュ仕上げで、ケースのポリッシュ仕上げと対照的なデザインになっています。 新しいコンステレーション41mmは、60時間のパワーリザーブを持つキャリバー8900を搭載しています。 コンステレーションのスチール製でホワイトダイヤルのモデルが52,200円、インターロッキング・ゴールド製の残りの3モデルが70,500円となっています。

 

レディースのコンステレーションの新作のうち、29mmモデルは自然界のアベンチュリンを使用し、時計メーカーの職人技により、それぞれの文字盤が独特の光沢を放ちます。

 

ベゼルにはダイヤモンドが敷き詰められ、あるいはローマ数字が刻まれています。
アベンチュリンを使用した12種類の新しいコンステレーション・モデルの文字盤は、それぞれ個性的です。 そのため、時計はそれぞれ異なる輝きを放ちます。 新しいコンステレーション レディースウォッチは、スティール-セドナ18Kゴールドまたはセドナ18Kゴールド、グリーン、レッド、ブルーのアベンチュリンダイヤルが用意されています。

 

この時計には、ダイヤルと同色のレザーストラップが装着され、ポリッシュ仕上げのバックルが付いています。 内部には、50時間のパワーリザーブを備えたオメガ8701クロノメータームーブメントを搭載しています。 新しいコンステレーション・アベンチュリンの価格は、素材、文字盤、ジュエリーセッティングによって、82,700ドルから16,1000ドルとなっています。
結論:2022年のオメガの新製品を概観した結果、今年のオメガはデザインとカラーリングに力を注いだと言えます。ムーブメントのアップグレードに関しては、メインムーブメントはそのままに、アップグレードした新ムーブメントを大胆に作動させました。 オメガのクラシックなデザイン要素はそのままに、より多様なスタイルを実現しています。 上記の新モデルの中で、あなたが心惹かれるのはどれですか?

ページ移動

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグクラウド

ページ

リンク

ユーザー

新着画像

新着トラックバック

2022/12/08 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/08 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/08 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/08 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/08 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/08 from 承認待ち
Re:オーデマ・ピゲは全く新しいロイヤルオークシリーズの二本づり振り子にサイドオープンの黒色の陶磁器の腕時計に順番に当たるように出します
2022/12/08 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/08 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/07 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2022/12/07 from 承認待ち
Re:オーデマ・ピゲは全く新しいロイヤルオークシリーズの二本づり振り子にサイドオープンの黒色の陶磁器の腕時計に順番に当たるように出します

Feed