エントリー

カテゴリー: ROLEX

世界限定モデルを含む最新コレクション「フリーダム60 クロノ 40mm」がデビュー

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

 

完全独立経営となる新進気鋭のウオッチブランド【ノルケイン(NORQAIN)】が最新モデルを発表。人気のスポーツコレクション「フリーダム」より「フリーダム 60 クロノ 40mm」が新たに登場し、レギュラーモデルとしてスカイブルー文字盤とピスタチオ文字盤、世界限定300本のピーチ文字盤の3モデルが展開される。価格は71万5000円~(税込)。

「フリーダム 60 クロノ 40mm」は3モデルを展開

ノルケインが誇るヴィンテージ・スポーツウオッチ「フリーダム」コレクションから「フリーダム 60 クロノ 40mm」の新作3モデルが発表された。40mmのステンレススチール製ケースに、スカイブルー、ピスタチオ、ピーチの文字盤カラーを備えており、イタリアの地中海でのハイキング、セーリング、海水浴など夏のバカンスをイメージしたモデルとなっている。

ノルケイン「フリーダム 60 クロノ 40mm」 Ref.N2201S22C/MT221 72万500円(税込)。2024年5月末発売予定。

淡いカラーリングで描かれた文字盤デザインに注目

本機の見どころは、淡いカラーリングで描かれたフレッシュで軽やかな文字盤デザインだ。まず、爽やかな夏の青空のようなスカイブルー文字盤は、サンレイ仕上げの文字盤にコントラストが美しいダークブルーのサブカウンター、ダークブルーの外周リングにホワイトのタキメータースケールを採用。緑豊かな自然44ピスタチオと夕暮れのビーチを想起させるピーチ文字盤は、同じくサンレイ仕上げの文字盤に、ブラックのサブカウンターと外周リングにホワイトのタキメータースケールを備える。文字盤の3時位置に30分計、6時位置に12時間計、9時位置にスモールセコンドをレイアウトし、4時と5時の間には日付け表示を設置。日付け表示のディスクは文字盤カラーと揃え、一体感のあるフェイスデザインを作り上げた。

自動巻きムーブメント、キャリバーN19を搭載

「フリーダム 60 クロノ 40mm」は、ヴィンテージ・ポンプスタイルのクロノグラフ・プッシャー、サァイヤクリスタル製ケースバック、100m防水も備えており、時計の心臓部には自動巻きムーブメント、キャリバーN19を搭載。ケース左側にはイニシャル、ラッキーナンバー、日付などが刻印できるノルケインプレートを装備しているため、結婚記念日や大切な人の誕生日など重要な出来事を本機の一部にすることが可能だ。ストラップのバリエーションも豊富で、ステンレススチール製ブレスレット、ブラックのパーロンラバーストラップに加えて、環境保全を目的とした企業、tide ocean SAによるオーシャンバウンド再生プラスチックを用いたノータイドストラップ(グレーまたはアイボリー)の3種類を用意。文字盤カラーのチョイスも含め、どの組み合わせを選ぶか、購入者にとっては大いに迷うところだろう。

ノルケイン「フリーダム 60 クロノ 40mm リミテッドエディション」 Ref.N2201S22LC/F221 75万3500円(税込)。世界限定300本。

ピーチ文字盤は世界300本の限定モデル

「フリーダム 60 クロノ 40mm」はスカイブルー文字盤、ピスタチオ文字盤がレギュラーモデルとなり、ピーチ文字盤は世界300本の限定モデルとして展開。ノルケインのコンセプトの“my life, my way”を体現した明るく力強いデザインはブランドのファンのみならず、多くの時計愛好家から高い支持を集めそうだ。

 

 

 

ノルケイン「フリーダム 60 クロノ 40mm」 Ref.N2201S22C/IAA221 72万500円/自動巻き(Cal.N19)、毎時2万8800振動、62時間パワーリザーブ。316Lステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。サファイアクリスタル風防(両面無反射加工)。直径40mm、厚さ14.9mm。10気圧防水。

 

 

 

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

 

 

 

 

「ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV」

  • 2024/01/12 11:13
  • カテゴリー:ROLEX

ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV

気温が下がってもダイバーズウォッチは1年中着用OK。
レザージャケットに合わせれば大人の色気にワイルドさが顔をのぞかせる渋カッコ良いコーデの完成です。

そんなダイバーズウォッチの中でも抜群の知名度を誇る大定番のサブマリーナー。
300m潜水可能な防水性能を持ち、逆回転防止の回転ベゼル・大型のねじ込み式リューズなど、これぞプロフェッショナルモデルといった実力を持つ腕時計です。

その中でもハッと息をのむインパクトのある腕時計が、グリーンのサブマリーナー、116610LVです。

デザインはブラックの物と同じですが、何とも目を惹く鮮やかなグリーン。そしてダイヤルはソリッドカラーだったブラックとは異なり、シャイニーな光を放つサンレイ仕上げとなっています。

グリーンカラーのサブマリーナーは現在までに3種類登場し、こちらのモデルはその2代目。
初代はベゼルのみグリーンで文字盤はブラック、そしてこの2代目でグリーン文字盤に変わり、現行モデルとなる3代目でまだブラック文字盤に戻りました。
その為、3代目登場となるや2代目の人気が急上昇。
今ではすっかり希少プレミアムモデルとなりました。3

そもそも初代のグリーンサブマリーナーとなる16610LVはサブマリーナー誕生50周年を記念して誕生しました。
グリーンはロレックスのコーポレートカラー(その企業を象徴する色)なので、この色での登場はロレックスファンにとって非常にうれしい出来事でした。

カラーウォッチをお持ちでないと「やや着けづらいのでは」と思われるかもしれませんが、実際着けてみると意外と馴染みます。
カジュアルはもちろん、ジャケットスタイルでも差し色的に使え、お洒落です。

何と言っても時計好き・ファッション好きの人からは2度見3度見されること間違いなしのインパクト。
もう生産完了品という優越感にも浸れる1本。まさに宝物と呼びたくなるモデルです。

この他にも当店にはロレックスウォッチの在庫が豊富にございます。
当店在庫の全てのロレックスの時計はこちらからご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

 

▼本日ご紹介した商品はこちら

ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、素敵な時計ライフをお楽しみください。

 

ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック

ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック

今年、オールチタンの新作モデルが発表され話題となったヨットマスター。
その誕生は1992年と、ロレックスの中では比較的新しいシリーズです。

当時のスポーツウォッチといえばダイバーズウォッチが主流でしたが、セーリングやクルージングなどの優雅なマリンスポーツを行う人々をターゲットとし発表されたモデルで、スポーツウォッチとしての機能性が高いながらも高級感溢れるデザインが魅力となっています。

元は富裕層をターゲットにしていたため金無垢のみのラインナップでしたが、その後ステンレススティール×ゴールドやステンレススティール×プラチナなどのコンビモデルが登場したことでヨットマスターの人気をさらに高めることとなりました。

今回ご紹介するモデルはエバーローズゴールドの無垢モデルかつ夏らしいラバーベルトを備えた、よりスポーティでラグジュアリーな特別感があります。

エバーローズゴールドとは、ロレックスが開発した独自素材です。
ピンクゴールドの経年による変色が起こりやすいというデメリットを改良した素材であり、銅にプラスしてプラチナを加えることで変色への耐性が高められています。

プラチナが加わることで赤みも抑えられ、より上品で優しさのある色味となっています。

機能としては、セーリングでの時間のチェックや海上での移動の際にブイ間を計測することを目的として両方向回転ベゼルが採用されており、防水性能は100mと日常生活では問題なくご着用いただけます。

キズが付きづらいセラミック製のブラックベゼルとエバーローズゴールドの組み合わせには、大人の高級感を感じます。

ベルト部分にはクッション性の高いオイスターフレックスブレスレットを採用。
今ではロレックスの無垢モデルによく見られるオイスターフレックスですが、Ref.126655の前モデルであるRef.116655にて初めて採用されました。

見た目では一般的なラバーベルトに見えますが、中に金属が入っているため「ブレスレット」という名称となっています。

中の金属は、非常に柔らかいチタン・ニッケルの合金製で、外のラバーは耐久性に優れる人口ラバーのため、メタルブレスに匹敵する堅牢性を備えつつラバーベルトの快適性も併せ持つハイブリッドなブレスレットとなっています。

バックルの部分にはグライドロックエクステンションシステムが採用され、サイズ調整も手軽に行えるところも魅力的です。

Ref.116655とRef.126655はキャリバーが3235へと変更されましたが、デザインに大きな変更はありません。

わずかな違いとしては、文字盤6時位置の「SWISS MADE」の間に王冠マークが印字されるようになりました。

<Ref.116655(SOLD OUT)>

<Ref.126655>

サイズは40mmと程よいサイズ感です。

 

▼ 今回ご紹介した腕時計はこちら

 

ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック

 

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、素敵な時計ライフをお過ごしください。

 

 

 

ティソ(TISSOT)がカーボンケース採用、カラフルな交換式ブレス採用の魅力的な腕時計「シデラル」を発売。70年代の名作のリバイバル、ちょっと欲しくなってきた

ケース形状、そしてドーム型風防もなかなかに個性的

さて、ちょっと前にはアルピーヌとのコラボウォッチを発売していたティソ(TISSOT)。

https://www.aimaye.com/スーパーコピー 代引き専門店


1853年創業という古い歴史を持ち、高品質な腕時計を比較的求めやすい価格にて提供することで知られます。

ちなみにぼくは高校生の頃にティソやオリス(ORIS)を何本か購入したことがありますが、その当時は「1万円台」でも購入できたものの、現在だともっとも安価なティソの腕時計は6万円くらいなので、「インフレとは恐ろしいものだ」という現実を改めて突きつけられます。

なお、ぼくがティソの腕時計を取り上げることは極めて稀ですが、ここで紹介するのは「単に興味を惹かれたから」。

その理由としては「カーボン製ケース」「カラフルな文字盤やラバーストラップ」といった要素であり、見ての通りケースはフォージドカーボン仕上げ。

ケース径は41ミリという使いやすいサイジングで、ちょっと個性的な「クッション型テーパード」。※カドが立っていないのでさらに身につけやすそう

カラー展開は「イエロー(T145.407.97.057.00)」「レッド(T145.407.97.057.02)」「ブルー(T145.407.97.057.01)」の3種類で、画像を見る限りではブルーのみがそのケースに「ブルーマーブル(カーボン)」を採用しているようですね。

ちなみに価格はすべて144,100円に設定されています。

風防はドーム状のサファイアクリスタル、そしてケースバックはシースルーという「トレンドを押さえた」、かつ「コストパフォーマンスの高い仕様」を持っていて、現在ティソの中では唯一「欲しい」と思える一本です。

なお、「パワーマティック80」が搭載されており、これは文字通り80時間のパワーリザーブを誇る高性能ムーブメント。

シデラルと同様に「カーボンケース+ラバーストラップ、デザイン特化型」を持つ腕時計としてはゴリラウォッチが存在しますが(ベースモデルだと、このシデラルと価格帯が近い)、このシデラルはゴリラウォッチの持つ「アルマイト」「チタン」を持たない代わりに、「高性能ムーブメント」という武器を保有しているということになりますね(ゴリラウォッチのベースモデルに採用されるムーブメントとはミヨタ製である)。

さらにシデラルでは「インターチェンジャブル」ストラップを採用し、グリーン、オレンジ、ブラックがオプションとして販売されるので、自分のクルマやバイクにカラーを合わせてみてもいいかもしれません。

なお、オリジナルのシデラル(1969年発売)は、当時としては(今でも)かなり珍しいグラスファイバー製のケースを持つ軽量なタフネスウォッチだったそうですが、1971年にはイエローのラバーブレスを持つ(この時代にその仕様というのは特筆に値する)シデラルSが発売されており、今回の”ニュー”シデラルはその正常進化版、かつ現代ならではの素材やデザイン、要素を備える腕時計だと言えそうです。

最近は物騒な世の中になってきたので高級機械式腕時計を身につけておちおち外出できないような状況となっていますが、そこで注目されるのがこういった「個性的な、安っぽさを感じさせない」腕時計。

セカンドウォッチ、リゾートウォッチと呼ばれることも多く、ティソが公開したプロモーション動画が示す通り、リゾート地にて活躍しそうなシリーズでもありますね。

CEO交代を控え新作少なめのオーデマピゲ。1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ」オマージュモデルが限定500本にて登場

  • 2023/07/01 11:10
  • カテゴリー:ROLEXOMEGA

 

今のところ新作は少なめ、大きな変化はないようだが

さて、オーデマピゲでは2024年1月から新CEOとしてイラリア・レスタ氏が就任することになりますが、同氏は化粧品業界の出身であり「腕時計畑とは無縁の人物」という異例の抜擢です。スーパーコピー 時計、ブランド 時計 コピー 代金引換専門店。

基本的に腕時計業界は非常に保守的なので、多くのブランドでは技術的にも腕時計に明るい人物をCEOに据えることが多い中、これはひとつの大きなチャレンジであり、オーデマピゲが変わろうとしている姿勢の現れなのかもしれません(プロダクトよりもエクスペリエンスを重視する、ということなのだと思う)。

ただ、現CEOであるフランソワ-アンリ・ベナミアス氏もオーデマピゲを大きく変革し成長させた人物であり、25年ぶりのニューモデル「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を発表したり、そのほかにもロイヤルオーク オフショアシリーズのモデルチェンジ、そしてヒップホップなどストリートカルチャーとのコラボレーション、スパイダーマンやブラックパンサーなどマーベルコミックとのタイアップによって客層を幅広く開拓しています(ただ、このコラボは同氏の個人的な興味が発端だったというので、新CEOのもとでは行われない可能性が高い)。

オーデマピゲの「新製品攻勢」はちょっと落ち着く

そしてCEO交代を控えていたからなのか、はたまたロイヤルオークの周年記念モデルの大量攻勢があったためか、ここ最近では少し新作の量が減っていて、ここ最近登場したのは(ロイヤルオーク・オフショアクロノグラフだと)このRef. 26420CE.OO.A005VE.01(7,480,000円)くらい。

7

 

ちなみにこのモデルは1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ (ref. 25770SN)」へのトリビュートだとされ(バンブルビー=26176FO.OO.D101CR.02にもよく似ている)、世界限定500本のみという希少モデルです。

6

 

ケースは43ミリのセラミック、ボタンガードやリンク、ケースバックはチタン製。

ベゼルもセラミックなのであまり傷を気にしなくてもいいのが嬉しいですね。

3

 

ダイヤルはもちろん「メガ タペストリー(ブラック)」、カウンターと外周リングもブラック、反面アプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針の蓄光、インナーベゼルの文字はイエローです(針がブラック仕上げなのは珍しい)。

2

 

ストラップはカーフにクロス、そしてイエローのステッチ入り(クイックリリース採用)。

交換用としてイエローのカーフスキンベルトが付属する、とのこと。

4

 

ムーブメントはキャリバー4401、パワーリザーブは70時間。

1

 

新CEO就任まではあまり多くのモデルを期待できないかとは思いますが、2024年以降は新しい方向性が打ち出されると考えてよく、そこからの新作ラッシュに期待したいとことろですね。

 

 

ウブロが新作を大量に発表!得意のセラミックとサファイアクリスタルが充実、まさかの「ネスプレッソとのコラボモデル」に加えオーリンスキー、サンブルー新作も

  • 2023/05/19 10:11
  • カテゴリー:ROLEX
 

| ウブロは生産能力を増強し、今後はさらなる拡大戦略を突き進む |

 

おそらくは1モデルあたりの生産量を抑え、モデル数を増やす方向へ動くものと思われる

さて、ウブロが新作腕時計を大量に発表。ロレックス スーパーコピー 時計、


ウブロは賛否両論あるブランドではあるものの、ここ最近では以前ほどネガティブなイメージが薄くなり、その先進的な取り組みや技術が高く評価されるようになってきたと思います。

ちなみにぼくはウブロ愛好家といっていい部類に属するかと思いますが、その理由は単に「身につけていて楽しいから」。

以下に機能や性能が優れている腕時計であっても「身につけていて楽しくない」「気分がアガらない」腕時計ブランドも意外と多く、しかしウブロの場合だとどんな腕時計でもけっこう楽しく身につけることができ、それがぼくがウブロを好むいちばんの理由です。

ウブロは直近でこんな腕時計を発売している

そこで今回、ウブロが直近で発売した腕時計をざっと見てみたいと思いますが、まずこちらは「ウニコ ネスプレッソ オリジン(3,091,000円)」。

限定200本、文字通りあの「ネスプレッソ」とのコラボモデルです。

なお、どこがコラボなのかというと、それはラバーストラップと替えベルト(ベルクロストラップ)で、これは使用済みカプセルをリサイクルしたものなのだそう。

big-bang-unico-nespresso-origin-lifestyle-front

 

そして次は「ウニコ スカイブルー(3,047,000円)。

ケース素材はセラミックですが、異なる素材を使用したストラップ、そして文字盤のダイヤルまで「カラーがマッチ」しており、異素材で色を揃えるのはけっこう難しいものの、ウブロではそこを完璧にこなしているわけですね。

こちらは非限定、つまり定番のようで、昨年に発売されたオーリンスキーとのコラボモデル(ブルー)を買えなかったぼくとしては「ちょっと気になる」一本です。

big-bang-unico-sky-blue-42-mm-lifestyle-shot

 

こちらは「インテグレーテッド トゥールビヨン フルカーボン(16,181,000円)。

こちらは50本に生産が限定されており、ケースやベルトのほとんどがカーボンファイバーにて構成されているということもあり、驚くほど軽い(これは実機を触ってきた)一本です。

BIC50D_1

 

カラーサファイアケースを使用した「インテグレーテッド トゥールビヨン フルブルーサファイア(67,397,000円、10本限定)」。

ウブロはサファイアクリスタルケースの製造・加工に関しては第一人者と言ってよく、最近ルイ・ヴィトンが発売したサファイアクリスタルケースもウブロの供給なのでは、と考えています(両者とも同じLVMHグループに属する)。

BIBECD~1_0

 

クラシック・フュージョンの新作としてはまず「クロノグラフ UEFA ヨーロッパリーグ セラミック(1,749,000円)。

100本の限定生産となっていますが、限定モデル、かつセラミックケースでこの価格というのは「お値打ち品」かもしれません。

Classic-Fusion-Chronograph-UEFA-Europa-League-Ceramic-lifestyle-shot

 

そしてオーリンスキーとの最新コラボモデル「クロノグラフ オーリンスキー チタニウム(1,881,000円)。

500本のみの限定シリーズで、チタンベルト採用モデル(2,332,000円)も発売されています。

Classic-Fusion-Chronograph-Orlinski-Titanium-41-mm-LF

 

こちらは新シリーズ「スクエア・バン」からウニコ ホワイトセラミック(3,366,000円)。

スクエアケース採用ながらもケースバックがカーブすることで腕にフィットしやすくなっています。

Square-Bang-Unico-White-Ceramic-42mm-lifesyle-shot-2

 

「スクエア・バン ウニコ サファイア(12,133,000円)。

サファイアクリスタル採用でこの価格であればけっこう安い部類かもしれません。

Square-Bang-Unico-Sapphire-42mm-lifestyle-shot

 

「スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー オールブラック(3,905,000円)」。

サンブルー”第三弾”となっており、今回はトノー型の「スピリット オブ ビッグ・バン」をベースにしていますが、これまでのサンブルー同様、ほぼ別の腕時計と言えるまでに再デザインされています。

こちらの素材はセラミック、そして限定生産本数は200本。

SPIRIT_1

 

スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー チタニウム(3,630,000円)。

やはり200本の限定生産となります。

Spirit-Of-Big-Bang-Sang-Bleu-Titanium-lifestyle-shot

 

スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー キングゴールド(6,457,000円)。

こちらはちょっと少なめの100本限定。

Spirit-Of-Big-Bang-Sang-Bleu-III-King-Gold-lifestyle-shot

 

スピリット オブ ビッグ・バン イエローマジック(4,444,000円)。

こちらも200本限定となっており、ケース素材はセラミック。

(小さい方の)42ミリなので、腕への馴染みは良い方だと思います(こちらもケースバックがカーブしている)。

Spirit-of-Big-Bang-Yellow-Magic-42-mm-lifestyle-shot
 
https://www.aimaye.com/
 

ロレックスが2020年1月からガツンと値上げ!デイトナは+7.8万円、エクスプローラーは価格据え置きのため「廃版」とのウワサも

  • 2023/04/07 10:23
  • カテゴリー:ROLEX
 
 

| ロレックスは中古相場に応じた価格改定を行ってくる傾向がある |

 

さて、消費税増税に伴い2019年10月1日に値上げを行ったロレックスですが、なんと2020年1月1日からまた値上げ。
しかも今回は3%~7%くらいの値上げを行うことになり、当然ながらこれにつられて中古相場も上がることになりそう。

なお、ロレックスが値上げを行う理由としては、当然ですが「利益を取りたいから」。
ただし、一般的には利益を得るために値上げしてしまうと「売れなくなる」危険性があり、よっていずれのブランドも「値上げしても売れる」下地を作る必要があるわけですね。

 

どうすればモノは高く売れるのか

その下地とはつまり「高くても買いたくなる」理由。
この理由もブランドによって様々で、たとえば「自分のあこがれの有名人が持っているから」というのもそのひとつ。
ウブロやリシャール・ミルは「アンバサダー」を活用し、新しいブランドながらも「セレブが身につける腕時計」という印象を演出することによって高い価格設定を可能としているわけです(これだけが理由ではなく、製品自体にも価格を正当化できるだけの排他性をもたせている)。

ただ、ロレックスの場合はそういった「アンバサダー」を活用する例は稀で、ウブロ、リシャール・ミル、オメガ、タグ・ホイヤー、ロジェ・デュブイ等のように個人や他企業との”パートナーシップ”契約を結ぶことも非常に少なく、ほかの腕時計メゾンとは別の「価格向上政策」を採用しているようです。

なぜデイトナは高額で取引されるのか

そしてロレックスが採用した手法は「中古相場の高値維持」。
現在ロレックスのスポーツモデルはもれなく「定価を超えた」中古相場を形成していて、定価ではまず買えないわけですね。
これを実現したのは様々な要因があるものの、やはりデイトナの人気化がことの発端だと言えそう。
現在デイトナは「定価の倍」以上の価格で取引されていますが、デイトナの中古相場高等によって他スポーツモデルの価格もつられて上昇しています。

そしてなぜデイトナの人気が出たかというと「ポール・ニューマン」と呼ばれるデイトナ(Ref.6263)の取引価格が高騰したからだと言われていて、この価格高騰については「絵画」「ヴィンテージカー」同様に投機商品として扱われたから。
実際にポール・ニューマンが身につけたデイトナもたびたびオークションに出品され、その都度価格を上げているため、これを見た投資家やコレクターが「ほかのポール・ニューマン・ダイヤルも価格が上がる」と判断して買い占めたということになります。

まさにバブルとしかいいようがありませんが、人気が人気を呼ぶことでロレックスの価値が上がり、まずは「ポール・ニューマン本人が所有していたデイトナ」の価値が上がり、その次は「ポール・ニューマンが身につけていたのと同じデイトナの価値が上がり」、さらに「デイトナと名が付けばなんでも価値が上がる」ということになって、「デイトナを買えずにほかのスポーツモデルを購入する人が増えればそれらの価値も上がる」→「スポーツモデル買っとけば間違いない」→「店頭在庫がなくなった」→「見かけたら買っとけ」、ということで無限にバブルが拡大しているということになります。

「ロレックス=貨幣」

ただ、この状況はロレックスの動きが起点ではなく、「ポール・ニューマン」という偶発的要素によって引き起こされたもの。
しかしロレックスはこの状況を活用したく、様々な手段を講じて中古相場を高いレベルに維持しているというのが現在の状況と考えて良さそうです。

なお、ロレックスの腕時計は「貨幣」と同じ価値、もしくはそれ以上の価値があるため、金銭よりもロレックスに「換金して」保有する人、そしてそれを資金洗浄(マネーロンダリング)に使用する人などが登場し、腕時計を超えた買われ方をしているということも考慮する必要があるかもしれません。

ちなみに探検家がロレックスを身に着けてゆくのは、「行った先で困ったことがあれば、ロレックスを売って窮状をしのげるから」とも言われますし、ラスベガスやマカオに点在する「質屋」には質に入れられたロレックスが大量に売られたりしていて、こういったところを見てもロレックス=お金だと改めて感じさせられるところ。

ほかの腕時計メーカーも同じ状況を作りたい

そして、そういった状況を意図的に作り出そうとしているのがパテックフィリップやオーデマピゲで、これらは直接中古市場に介入しており、とくにパテックフィリップは自社で過去のモデルを高額落札することがあり、これは「パテックフィリップの腕時計は、時間が経っても価値が下がらず、むしろ価値が上がる」という印象を世に与えるため。

これによって「パテックフィリップを買っとけば間違いない」という心理が消費者に働き、「高くても」買ってしまうわけですね。

こういった状況は自動車でも同じで、「フェラーリ」「レクサス」が同じ状況。
フェラーリは中古市場を常に意識していると言われ、中古価格を上げるために供給量を絞り(新車が足りないので中古を買う→中古が足りなくなるので中古相場が上がる)、これによって新車の値付けもより高く行えるような状況を作っていると考えられます。

レクサスの場合は、レクサスが自ら中古車を高値で買取り、高値で販売することで「中古相場を高く」維持していて、レクサスが中古車を高く売ってくれるおかげで他の中古車ショップも「値下げする必要はなく」、レクサスの認定中古車よりもちょっとだけ安くすれば売れるという状況が出来上がっていますが、これもレクサスが「ブランドイメージを向上させ」、より高い価格で新車を販売できるようにするためだと考えられます。

ただ、当然ながら「高く売る」にあたっては様々な機能を付与し、品質も向上させて「顧客満足度」を向上させることにも取り組んでおり、正確に言うならば、これまでと同じ製品を高く売るのではなく、「より良い製品を、より高い価格で売る」ということになりそうですね。

 

2020年1月からロレックスの価格はこう変わる

そして気になるロレックスの新定価ですが、主要スポーツモデルについては下記の通り。

・コスモグラフデイトナ(116500LN)・・・・1,309,000円 → 1,387,100円
・サブマリーナ(デイト/116610LN)・・・898,700円 → 943,800円
・サブマリーナ(デイト/116610LV/ハルク)・・・954,800円 → 987,800円
・サブマリーナ(ノンデイト/116610LN)・・・787,600円 → 832,700円
・シードゥエラー(126600)・・・1,197,900円 → 1,230,900円
・シードゥエラー ディープシー・・・1,298,000円 → 1,330,100円
・エクスプローラーII(216570)・・・853,600円 → 875,600円
・GMTマスターII(116710LN/黒ベゼル)・・・799,200円 → 864,000円
・GMTマスターII(116710BLNR/バットマン)・・・864,000円 → 918,000円
・GMTマスターII(126710BLRO/ペプシ)・・・976,800円 → 1,020,800円

なお、ここで気になるのが「エクスプローラー(214270)」の価格がこれまでと据え置きの687,500円にとどまること。
現時点ではウワサの粋を出ないものの、価格を上げないということはこのまま在庫を売り切って生産終了、という話も出ているようです。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

2020年にもっと大きいサイズのロレックススーパーコピーSubmarinerは可能性を9月に登場します!

外国のメディアの情報によって、ロレックスは2020年の新しく9月に頭を表して正式にみんなと会って、ロレックスGMT-Master IIは連続2年焦点になって、2020年に主役をする全く新しいチップのロレックスSubmarinerがあるでしょう、その上聞くところによるとわりに大きい表す殻のサイズの水の幽霊で登場します!万一本当の話だ、一体デザインのRolex Submarinerがなにかありますか?

どうしてロレックスSubmarinerシリーズがわりに大きい機会が今年の主役になりができると思って、数年を向こうへ行っているため、Yacht-Master、Sea-Dweller、Daytonaおよび、GMT-Master IIはすべてすでに順番に主役として、GMT-Master IIはすべてすでに続けて2年出て、大きく歓迎を受けるSubmarinerシリーズ、長い間出す新作がなくて、異なるシリーズの中で、Submarinerシリーズはまだ新世代の70時間の動力の新しいチップを交換していません!ロレックスコピーロレックス®正規品販売店

またSubmarinerシリーズの製品を見てみて、水の幽霊の116610LNあるいは緑の水の幽霊の116610LV、実はすべてすでに2010年出す産物で、今年はすでに第10年数になった、新世代の腕時計を出すのもきわめて合理的であるです!

2018年に、すでに噂は赤色のSubmarinerDateがあって、もしもデザインがあまり変わらないため、全く同様だのが2017年のSea-Dweller単紅を遊ぶ同じで、Submariner Date単紅が確かにもなるのが大暑いです!でもすぐ新しい突破があり、もしも全新色係に参加して、1つの異なる色係の陶磁器を交換するのは閉じ込めるもう一つの事でした!たくさんすべて思いを予測して、青にRolex Submarinerの機会を閉じ込めるように出して低くありませんて、万一本当の話だ、また再度のはでな宣伝を引き起こしを信じます。

新しい容貌の上の変化を除いて、チップの上である程度必ず更新するでしょうて、動力を更に引き上げに貯蓄して、1世代あってから48時間の動力の貯蓄する3135チップしかなくて、上がって現在まで72時間の動力の貯蔵の3225チップを持って、本当の出費は大いに上がります。

信頼できる情報によって、2020年に全く新しいSubmarinerはもっと大きいサイズがあるでしょう、今のところの40mmから、引き上げが42mmに着くかもしれないでしょう、プラチナのYacht-Master 42mmが全く同様だのが同じです。こうなると、腕時計のサイズは更にスポーツの感覚を高めるのを。

金が表すがのが通常鋼が表すのが人気がありに及ばないで、しかし緑の周もきわめて人気な元素です!以前図を表してネットワークで発表する1枚のとても真実な緑の金がありました。同じく今回の全く新しいRolex Submarinerの登場する話題のため、再度炒めるのが暑いです。

ロレックスSubmariner以外、同じくとても長く更新していなかったロレックスExplorer IIがもあって、2011年はExplorer II世間に現れる40周年で、その時ずっと今日までダイダイの針のExplorer II 216570、を出しました!もしもExplorer IIは今年に新しい装いを交換して、また新鮮な感がなにかありますか?ダイダイの針は依然として保留するかどうか?小屋を表して鋼の小屋を引き続き使ってやはり(それとも)陶磁器の小屋を交換しますか?しかし陶磁器を交換して閉じ込めてGMT―MasterIIととても接近して、だから恐らくもっと多いExplorer IIの元の風味そのままのを保留して、かえって色調の上で1時(点)新しいイタリアを交換して、更に有り得ます。

時代の分水嶺――ロレックスGMT―Master 16700知っていなければならない5件の事に関して

1モデルとして約10年の長期のすばらしいスポーツを生産して作品を表して、GMT―Master 16700腕時計ロレックスそれでは誰でも知っている両地の時パイロットの腕時計の歴史の中、ひとつの演じたのは1つの時代の終わる重要な役を示します。引き続き読んでください、以下は要素が5時(点)にあなたに16700腕時計に対して1つのもっと全面的な印象を作り上げさせるのを信じます。ロレックススーパーコピー

16700はGMT―Masterシリーズの最後のデザインのロレックスが1988年に出すGMT―Master 16700腕時計で、ある5年前に、ブランドはすでにGMT―Master IIシリーズの腕時計を発表しました。IはII世代のGMT―Masterと間のを表して主に区別してありに代わって、前者の1対の時間ポインター(指示の現地時間の12時間のポインターがと指示の郷里時間の24時間のポインターに用いるのに用いる)はシンクロナイズしたのです。そのため、郷里時間の読込みは回転する24時間の目盛りを通じて(通って)小屋を表すので、正しい数字を24時間と矢じりのポインターの合わせる操作は実現しに来ました。後者はとのは全く相反して、GMT―Master II腕時計の上の時計の針は分離するのが運営したので、そのため、つける者時計の文字盤上設置の2つの異なる標準時区の時間が追跡を行う、同時に譲る表す小屋維持する‘0’注文する人の上で、これで要する便利で実用的になるたくさん。

GMT―Master II型(ref.16760)モデルを表して世間に現れた後に、ロレックスがなくてGMT―MasterI型にモデルを表して全く生産を停止させます、両者を置いていっしょに生産するので、価格の方面、16700は16760より低いです。1999年まで着いて、ロレックスは最後に16700のモデルを表す生産を停止して、意味(意図)はGMT―Master IIのために独りで棟木を担いで道路を舗装します。そのため、ロレックスref.16700腕時計はGMT―Masterのシリーズの最後の1つのデザインになりました。16700が唯一サファイアの鏡を表すGMT―Master腕時計Ref.16700を使って取って代わったの前のGMT―Master ref.16750腕時計、その出現は一定進歩を持ってきて、たとえば、16700の時計の文字盤の上で覆っていたのは1枚のサファイアの水晶が鏡を表すので、以前の亜克力鏡を表すのではありません。同じくそのため、GMT―Masterのシリーズの最後として行いますと、それはサファイアの水晶の材質の中の利益を得るGMT―Master腕時計から唯一の1モデルになりました。当然で、GMT―Masterがモデルを表して期日表示する機能を持つため、そのサファイアが鏡を表す上に人々もよく知っている小さい窓凸レンズ設計まで(に)会見します。

その他のアップグレードがまた(まだ)使ってその時最新のCal.3175型のチップが取って代わったのを含む前Cal.3075,しかし両者のパラメーターはほぼ全く同じでで、含むのは早くカレンダーは、秒を止めるのを加減するようで、および28800 vphの振り子はしきりに待ちます。16700はいかなる貴金属バージョンがありません以前はのGMT―Masterがモデルを表しとと違い、ref.16700は全精鋼のデザインしかなくて、あるいはの間に貴金属金の材質のバージョンを出したことがありません。この背後の仮説は:ロレックスは16700を位置を測定して親民版GMT―MasterI Iの腕時計、だから/の間で価格の更に高価な貴金属金の材質のデザインを提供していません。16700は色を閉じ込めて鎖と選んで精密な鋼の材質でただ製造するだけことができたけれどもを持つ2種類の時計があって、しかしロレックスは16700腕時計の体で2種類の時計を提供して色と2種類の鎖の様式を持つ選択を閉じ込めます。アルミニウムについて表を作成して閉じ込めて、消費者は1955年に有名になる赤い青に戦ってと色を合わせるのを“百事の小屋”選ぶことができて、あるいは1つの純粋な黒色の表す小屋を選ぶことができますも。

腕時計のバンドの方面で、消費者選ぶ満たすスポーツの息の3列のチェーンのカキ式の鎖持ちますあるいは、更にある正装の範の5列のチェーンJubilee鎖持つ行う組み合わせ。16700はロレックスが前世紀の80年代の末に初めてGMT―Master 16700腕時計を発表する時2種類の夜光の材質バージョンがあって、彼らはこれらの腕時計の時標識はポインターの上で被覆のとトリチウムの材質が夜光の効用を果たすことができに来たのです。これらの腕時計の時計の文字盤の6時に所の相応の地面水平標識は“SWISST<25”の字形があります。

90年代の末まで着いて、ロレックスはトリチウムの材質を使ったのを諦めて、非放射性の夜光の材質LumiNovaに変更して使用して、後者はつやがある型の夜光を蓄えるのです。そのため、消費者は市場での上で2種類の夜光の材質の盤面のref.16700腕時計が見つかることができます。

GMT―Masterのシリーズの歴史にとって、ref.16700は盛んな1筆で、それがGMT―MasterIとGMT―Master IIのシリーズの間の転換点ためです。はにかんでいる“前Super Case”の全体のアウトラインからアルミニウム制百事まで(に)設計を閉じ込めて、GMT―Master 16700腕時計は異なる時代のロレックスの分水嶺になりました。しかし、それは同じく近代的な技術の中から利益を得て、サファイアの水晶のようだ鏡などを表します。スーパーコピーブランド(N級品)激安通販専門老舗

Ref.16700は1つの時代の終わりを示して、しかし同時に未来の移行のために橋梁をもつくって、それは恐らくまた(まだ)1モデルが本当に価値の作品を収集するのがあるのと言えないで、しかしそれはきっと1モデルのすばらしい作品です。

今年のロレックススーパーコピーは新しく時計して、屋根の雨漏りを調べて修繕することができますか?

今年のロレックススーパーコピーは新しく時計して、屋根の雨漏りを調べて修繕することができますか?
毎年ロレックスは新しく表してすべて推測中で誕生して、これはすでに楽しみになったようで、しかし毎年ウサギはすべて見回す中黙っていて声を出さないので、今他の人は話し終わって、私(真相に番になるべきでしたのはちょうど欧洲浪から家に帰るので、ついに時間が書いたのがいて、すこし咳をします)。

実は通ってこの数年の炒めて、私は自分がロレックスがだんだん薄くなって決めたのを見るのに気がつきます。この間にまた(まだ)群の中でとみんなはからかいます:“私は今ただ30万以上のロレックス(真珠の淑女の普通すべて50+)だけに関心を持ちます……”当然で、これは冗談で、しかし冗談陰でそれともあの古い言葉(話):“足どりが進むのがおおきめで、大衆達とぎっしりにいっしょに奪い取った必要はありません。”

私達は1つ1つ分析します。

基礎のモデルは多すぎる予想外がありません

まず、溝を吐くに今年の重点のモデルになられます――42ミリメートルの遊覧船のボーム&メルシエ型。

第1、42ミリメートルのサイズは初めてこのシリーズ中で現れて、使ったのはもちろん新しい3235チップです。第2、外側とカキ式の保険が差し引くのはすべて18Kプラチナです。よいところはそれがよく合うのゴムテープで、価格はまだそんなことはないとても高い(ゴムがプラチナによく合うのもロレックスの方法の中の一つであるようだ)だ

多くの人はこのサイズが大きすぎると思って、しかし実はウサギが慣れる時感覚がまあまあで、みんなに実物の効果を見てみます。

実はこれらは来て、私はずっとロレックスのすべての専門のモデルの中で最も美しくないのが遊覧船は(37ミリメートルの栄がきょうだいの中で最年長者に位置するだと思って、最も醜い)、最近なぜ遊覧船を買うのか人は多くなって、その他ため本当にただ買えないだけ。

しかしどうして今年42ミリメートルの新しい遊覧船を見て、私はかえって見た目に良くなったと感じますか?それから細く思い慕って、おそらく表して設計の問題を閉じ込めて、比較的厚くて、しかしサイズのあまり大きくない時、全体の時計の文字盤は狭いにの見えます。

人がまだいて思って、新しい遊覧船はまたあまりにも特色がない赤い字がなくて、プラチナの価格はまた高くて、敷居を高く持ち上げます。話このようにが、しかし私は感じましょう、あなた達がどこに来るのがそんなに余計なことをして、奪い取る人がなくてまさか良くないですか?いくつかの月後にゴムテープため泣き叫んでいないでください“本当でよい匂いがする”(、多くの人が未来アップグレードの最近の目標の中の一つ)を消費するのです。現在のところのこのつの定価の26500のめでたい男は税(その後の値段がすべて税が含まれてない)が含まれてありません。

このブロックリストが今のところ見回す者多くて、機会を手に入れるのがわりに大きいです。もちろん時計を買うのがいやいやながらでないでください、心からやっと思いきりよく手をつけることが好きなのです。

第2つの海、初めて18K黄金を使って、その上金のモデルです。

率直に言えば、海は本当に外国人のために設計するの、これはどんなにすごい計略は耐えられて長期にわたりつけなければならなくて、みんなが買う前に正しく自分の体つきと体力、別戴出キリンの腕を評価してください。この定価の15300のめでたい男。

今年の大が人気があって新作の青くて黒い周(カキ式の恒がグリニッジ型IIに動く)に属して、ロレックススーパーコピーしかしもとても驚くとは言えない情報、なぜかというと古い生産を停止する情報は何ヶ月前に広めていて、度がずっととても高いのに関心を持ちます。この“大人気”の意味は買いにくいのです。

ページ移動

ユーティリティ

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

タグクラウド

ページ

リンク

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2024/06/14 17:59
セリーヌ(CELINE)から、2024年夏コレクションの新作ウィメンズバッグ「ニノ(NINO)」が登場。
2024/05/09 11:16
世界限定モデルを含む最新コレクション「フリーダム60 クロノ 40mm」がデビュー
2024/01/12 11:13
「ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV」
2023/12/11 11:49
ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック
2023/10/31 11:38
2023新作 キングセイコーが紡ぐ洗練された美。KSKのこだわりを受け継いだ新作「SDKA005」「SDKA007」が登場
2023/09/04 09:47
オーデマ ピゲがマシュー・ウィリアムズのブランド「1017 ALYX 9SM」とのコラボレーションモデルを発表
2023/08/14 10:03
ポルシェデザインより911S/Tオーナー向けの腕時計が1,963本のみ限定発売。文字盤は911S/Tのメーターと同じデザイン、ストラップも内装と同一素材を使用
2023/07/15 09:47
ティソ(TISSOT)がカーボンケース採用、カラフルな交換式ブレス採用の魅力的な腕時計「シデラル」を発売。70年代の名作のリバイバル、ちょっと欲しくなってきた
2023/07/01 11:10
CEO交代を控え新作少なめのオーデマピゲ。1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ」オマージュモデルが限定500本にて登場
2023/05/19 10:11
ウブロが新作を大量に発表!得意のセラミックとサファイアクリスタルが充実、まさかの「ネスプレッソとのコラボモデル」に加えオーリンスキー、サンブルー新作も

新着トラックバック

2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:ブレゲTradition後の世まで伝わるシリーズの7097が自動的に逆で秒針の腕時計を跳びます
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/06/22 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版

Feed