エントリー

カテゴリー: AUDEMARS PIGUET

浩瀚広大な星オーデマ・ピゲCode 11.59シリーズの万年暦の腕時計

2019ジュネーブは今年のジュネーブの時計展の上で展]を表して、オーデマ・ピゲスーパーコピーの出す全く新しいシリーズCode 11.59は受けて注目します。このシリーズの名称はとても深い意味、“CODE”の代表の“Challenge挑戦”、“Ownがだけある”、“Dareが恐れることがない”と“Evolve発展変化”があります。オーデマ・ピゲは歴史に忠実で、同時に大胆に伝統を打ち破って、全く新しい理念ですばらしい円形の造型を解釈して、常識を打ち破る設計言語、出して人の見るもの聞くものがすべて新鮮な全く新しいシリーズを譲ります。

CODE 11.59の誕生は各方面の異なる音に伴っていて、さすがにこの全く新しいシリーズは時間が私達に消化して受けさせるのが必要で、しかしその誕生も無限な可能性に伴って、新しい起点は新しい望みを持ってきます。

全く新しいシリーズの万年暦がモデルを表すのは使用する砂金石の盤面で、きらめいているようだ星明かりのダークブルーの夜空を数えて、バラの金のポインターと立体によく合って象眼する時表示して、深くまた華麗な感を失いません。万年暦の3枚の副機能皿はそれぞれ3時、9時と12時の位置に設置しました。

6時の月相皿は精巧で美しくて、このが象眼するのは盤面の上の月相画像でレーザーの彫刻技術を通って私達の目の前で現れるので、まるで星空の中の明月に落ちるのです。

時計の片側の表しに位置して冠の上で彫り刻むブランドのクラシックマークの“AP”の字形があって、周りは滑るのを防ぐ筋模様製造して、握和調学校時間をつかみに便宜を図ります。

41ミリメートルの表す殻はバラの金の材質で製造してなって、3種類の異なる技術――シルクが針金をつくって、斜面の面取りはと技術の時計の殻が代わって現れるのを上に引き渡す、細部上の処理を売り払って技術の創意について愛されることができます相手。殻の直径の41ミリメートルを表しますが、しかし人間工学の最適化の流線設計を通って、モデルを表して異なるサイズの計略に適合して、男女が全て良いと言うことができます。

モデルが18Kバラの金によく合って折り畳んでボタンを表しを表します。

チップは搭載するのCalibre 5134が自動的に鎖の自分で作るチップに行くので、374の部品から構成して、40時間以上の動力を提供して貯蓄することができます。モデルを表すのが透明な時計を採用した辺鄙で、チップは異なる技術の手作業を通って潤色して、チップの様子の容貌は非常に精致で、彫り刻んで陀を並べるのが最も現す派手なAPのサイドオープンがあります。

総括します:オーデマ・ピゲのこの全く新しいシリーズCODE 11.59、挑戦、だけあり、最高級のオーデマ・ピゲコピーN級品販売の老舗に恐れることがなくてと発展変化するように代表していて、このいくつ(か)の語句は全く新しい時計のモデルの上ですべて体現していることができます。いまだかつてない表す殻の造型、独特な表す耳設計、夜空の普通な砂金石の時計の文字盤の構成したCODE 11.59万カレンダーはモデルを表して、伝承して革新する中自己を挑戦して突破していて、私達にもっと多くて異なる選択を持ってきました。

復刻モデルが持つべき“純度”とは

純粋な戦士の転載モデル戦士のイメージは0年の進化を遂げました ロイヤルオークは創立40周年を迎えます。その際、Ref。15202STには、最初のデザインに基づく更新が追加されており、これを「再印刷モデル」と呼びます。しかし、この絶賛された傑作でさえも、忠実に元の道をたどっていません。このモデルを傑作にするものは何ですか? オーデマピゲ時計激安通販 ロイヤルオーク復刻モデル 最新の復刻版はロイヤルオークの40周年を記念しています。ダイヤルは1972年に最初のモデルでモデル化され、6時の位置にAPマークを移動しました。手彫りのタペストリーもオリジナルの小さな格子の忠実なパターンになりました。自動巻き(Cal.2121) 36石1時間あたり19,800回の振動。 SS(直径39 mm) 1,837,500円 角の特徴的な輪郭が織り込まれています。ただし、ケース自体とベゼルの厚さは、第1世代に比べてわずかに増加しています。 「反り」は穏やかになりました、おそらくそれがツーピース構造だったので直線的なデザインが際立っていたのでそれが透明だったので。 レビューセクションの形状は、ケースの薄さを際立たせています。フロントガラスと文字盤の間の隙間も非常に小さく、外観は意図的に磨かれています。 18KWGから成っている3D針棒の索引。ロゴのフォントは最新のものです。 出版の世界では、再版は原本に忠実で原本に忠実な人を再発明することを意味します。時計の場合、これは新しい型を作成することを意味します。あなたが反対のアプローチをとるならば、あなたはあなたがオリジナルと同じことを決してすることができないと結論づけることができます。この写本は、純粋性と純粋性の観点から完成度を見出すことを目的としており、「再版モデル」については多くの優れた作品やデザインを生み出しています。特に、私がこの手紙を述べたのは、原型と変わらない型があったとしても、それが最終的なものではないことを明確にしたいからです。それでは、高純度の複製モデルとは何ですか?結論はまだ非常に良いです。 スーパーコピーロイヤルオークの今年の40周年は、再版されたモデルであると主張する「本当のレプリカ」です、そして、その完成度の高いレベルのために、多くの人々はその背後にある元の影を見ます。言い換えれば、完成度が再現性であることは間違いありません。しかし、直線は、ハンドがモデリングに追加された1990年代の "15002 ST"であり、その結果、現在の "15202 ST"と92 "Jubilee(14802 ST)"の間になりました。私が強調したいのは、細部自体は絶えず変化しているけれども、それはそこに最初の存在のように感じているということです。 スーパーコピーロイヤルオーク40周年記念は忠実に最初の映画にダイヤルを変えました。久しぶりに、タペストリーのパターンとインデックスの配置は最初のデザインに戻りました。一方、バックルはフィットするために三つ折りフィットを使用する最初のバックルです。しかし、愛好家は純粋さが失われたとは信じていないと主張することができます。今後、この微妙な部分は再印刷されたモデルの純度を測定するためのガイドになります。最高級スーパーコピーN級 シルバーエナメルの92年後、ローターのデザインは各モデルの変更に変更されました。研削用に配置された40周年記念モデル、センターのAPロゴ、両サイドは肉なしで比較的簡単なことをしました。

新作コレクションスーパーコピー「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」が登場!

20190312103315.jpg

オーデマ ピゲは今年、ロイヤル オーク オフショア以来、四半世紀の時を経て新作コレクションの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を発表。

2019年のSIHHで台風の目のなったのが、オーデマ ピゲだ。
 オーデマ・ピゲスーパーコピーは今年、新作コレクションの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を発表。ロイヤル オーク オフショア以来となる新作コレクションという話題性と、SIHHに出展する主なブランドの中で純然たる新作と呼べるのはこのコレクションだけだったので、自然と注目が集まった。
 最近はどのコレクションもマーケティング的な視点から時計にまつわるストーリー性を重視する傾向にあるが、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」もその例外ではない。まずネーミングだが、数字が入るコレクション名からして独特だが、読み方は「コード イレブン・フィフティナイン バイ オーデマ ピゲ」という。そして「CODE」には、以下のパワーワードの頭文字に由来している。

Challenge - 挑戦

Own - 継承

Dare - 追求心

Evolve - 進化

20190312103316.jpg

 さらに「11.59」には、12時の1分前、日付が変わる直前の新しい日が始まるという意味が込められている。「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」のラインナップは、6モデル、13リファレンス。コンテンポラリークラシックという位置付けとなっている。

 まずデザイン面から見ていこう。オーデマ ピゲの時計といえば、ロイヤル オークやミレネリーなど、一度見たら忘れられないケースデザインが特長だが、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」も斬新だ。正面から見ると何の変哲もない丸型ケースだが、横から見るとわかる3ピース構造の真ん中のミドルケースは八角形に仕上げた。オーデマ ピゲらしい八角形をさりげなく潜り込ませた心憎い演出だ。ケースの上部ピースは、「く」の字になるように細いラグを備えた立体的な構造を持ち、下部の裏蓋のケースと組み合わせることでケース全体を支える仕組みとなっている。ラグ下部の裏蓋ピースと接する箇所は蝋付けされておらず、わずかにすき間をもつような設計がされている。こうしたケースの造形美は、オーデマ ピゲの技術力の高さによるところが大きい。また風防の内側はドーム状になっており、表面は6時から12時位置にかけてカーブし、3時から9時位置にかけてはフラットと複雑な構造で、見る角度によりまったく違う印象を与えてくれる。ダイヤルは8層の美しい光沢を放つ上質なラッカー塗装が施され、高級機にふさわしい質感に仕上げた。これらの特徴はこれからも「CODE 11.59バイ オーデマ ピゲ」に共通したデザインコードになっているだろう。

20190312103317.jpg

 コレクションのラインナップは自動巻き3針、クロノグラフ、パーペチュアルカレンダー、フライング トゥールビヨン、トゥールビヨン、オープンワーク・ミニッツリピーター・スーパーソヌリの6型。そのうち3型に新開発キャリバーが投入された。まず自動巻き3針モデルには新型のCal.4302を搭載。従来のCal.3120よりも10時間長い約70時間パワーリザーブを実現した次世代のエースだ。クロノグラフに搭載されたCal.4401は、モジュール型タイプではなく、オーデマ ピゲの自社開発としては初の一体型クロノグラフキャリバーとなる。またフライング トゥールビヨンモデルにも新キャリバーが搭載されている。いずれも次世代を担う新キャリバーだ。これらを一気に搭載した「CODE 11.59バイ オーデマ ピゲ」コレクションの期待の高さがうかがいしれる。市場でどれだけ受け入れられるかを注視していきたい。

 なお、コレクション全体で生産本数は2000本を予定しており、販売はオーデマ ピゲのブティック限定となっている。https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

ページ移動

  • «
  • 1
  • »

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

タグクラウド

ページ

ユーザー

新着画像

Feed