エントリー

2019年02月

フューチャーファンクスーパーコピー に遊びゴコロあふれる新作登場

20190228101611.jpg

フューチャーファンク に遊びゴコロあふれる新作登場

ワールドタイマー風のデザインがポイント

最近、デザインウオッチの世界でにわかに勢力を拡大しているレトロデザインの腕時計。1970年代に流行した回転ディスク式の時刻表示を現代的にブラッシュアップしたモデルや、当時、多くのブランドで採用されたオーバル(卵形)ケースを採用したモデルがいくつかのブランドからリリースされているのだが、そんな中で、異色の存在感を発揮しているのが、このフューチャーファンクというブランド。
ロゼモン、FHBクラシック、ゼノウォッチバーゼルなどを日本市場に送り出してきたピークスが手がけるハウスブランドなのだが、実はブランドとしての歴史は古く、1970年代に当時流行していたスペースエイジデザインの時計を発売したという、なかなかマニアックなバックグラウンドを持っている。
ながらくの休眠状態から2018年に復活を果たしたわけだが、その復活に際して満を持してリリースされたのがこのモデル。74年にバーゼルワールドで発表されたという幻のローラー式アナログデジタル時計や、当時の車のスピードメーターにオマージュを捧げてデザインされており、特許申請中の新開発ムーヴメントにより、縦回転するローラーによる時刻表示を実現しているのだ。
今回、クローズアップするのは、この現代の最新技術により蘇ったローラー式腕時計に “ワールドタイマー風”のデザインをプラスした新作。そう、あくまでも“ワールドタイマー風” 。
F-5

20190228101615.jpg

飛行機のアナログ計器をイメージした、遊びゴコロあふれる文字盤デザインが特徴となっており、文字盤外周には世界の都市名をレイアウト。着けていると、一見、ワールドタイマー機能を搭載した時計に見える、けど実は違う、というヒネリの効いたデザインにニヤリとさせられる。
コンセプトは遊び感満点だが、ケースとメタルバンドにはヘアライン加工が施されており、金属の質感を感じられるマットな仕上がりも上々。
ワールドタイマー風、というコンセプトを含めて、普段使いできる大人の遊び時計を探している人に、ぜひおすすめしたいモデルとなっている。

“TISSOT(ティソスーパーコピー)”のスタンダード3針モデルから日本限定モデルが発売

20190228101433.jpg

“TISSOT(ティソ)”のスタンダード3針モデルから日本限定モデルが発売
165年以上の歴史を誇るスイスの老舗ブランド、“TISSOT(ティソ)”から、心も装いもフレッシュなスタートを楽しみたくなる春にふさわしい日本限定モデルをが2019年3月1日(金)より発売する。

文字盤と色を合わせたレザーストラップ付きでお得!

ティソの創業は1853年に遡り、世界初の耐磁時計を製品化するなど数々のイノベーティブな実績があるほか、NBAやMotoGPTM、ツール・ド・フランスなど多くの国際的スポーツイベントでオフィシャルタイムキーパーやグローバルパートナーを務めてきた名門でもある。バナナウォッチなど気品あるアイコニックな製品も有名で、機械式時計のファンにとって常に注目度の高いブランドとなっている。
今回、日本限定のスペシャルモデルがラインナップされる“Tissot Chemin des Tourelles(ティソ シュマン・デ・トゥレル オートマティック)”は、スイス時計産業の中心地 ル・ロックルにある、“TISSOT(ティソ)”の本社社屋に続く小道の名を冠した、ブランドの源流を体現する人気コレクション。

20190228101438.jpg
T-1a
日本限定モデルでは、丁寧な面取りが施されたアプライドインデックスとサンレイ装飾が輝きを放つミニマルデザインの文字盤に、ビジネスシーンでの着用に最適なブレスレットを採用。
深みあるダイアルカラーと知的な印象を醸すブレスレットのコントラストが春にふさわしい爽やかな印象を高める。レザーストラップに比べて水や湿気の司教を受けないため、少し汗ばむ暖かな陽気でも、快適に着用できるのも魅力といえるだろう。美観と機能美を兼ね備えた、ビジネスウオッチを探している人にはもってこいのモデルに仕上げられている。

さらに、今回の日本限定モデルは各文字盤と同色のレザーストラップを1本付属したスペシャルセットとしての発売となっており、シーンや気分に合わせて腕時計のデザインを気軽にアレンジすることが可能。コーディネートの幅を広げて楽しめるのも嬉しいポイントだ。

各限定数150セットで登場する日本限定スペシャルセットで、フレッシュな春をスタートさせてみてはいかがだろうか。

SIHH2019 グルーベルスーパーコピー フォルセイ 小咄 完璧へのこだわりのエピソード

20190227094318.jpg

ブランドとしては、初めて40mm以下のケースサイズを実現したコンテンポラリーテンプ(Balancier Contemporain)を発表したグルーベル フォルセイ(Greubel Forsey)、このピースを拝見している時に非常に印象に残ったエピソードがありましたのでご紹介します。



おなじみ、ステファン・フォルセイ(Stehpan Forsey)氏に同席していただき、アートピースの後、コンテンポラリーテンプを拝見していました…



一見すると非対称(アシンメトリー)なデザインですが、全体としては調和している…と感じるデザイン。
テンワ周りが黒く見えるのは本当に黒いのではなく、ブラックポリッシュ仕上げが光を反射しない角度で黒く見えているからです。



文字盤周辺のパーツは周辺が写り込むほど磨き上げられています。
この角度だとテンワ周りがポリッシュ仕上げであることも伝わりますでしょうか。



ケースバックには"碑文"と太めの軸をがっちりと保持する大きなシャトン付きルビー。
耐久性を高めるためには太い軸を使い、太さによる摩擦抵抗は徹底的に磨くことで抑える…というこだわりを感じるデザインです。
手巻きで毎日の"対話"を行うためのリュウズは大きめ、使いやすさ最優先です。



サイズが小さくなったことで要素がギュッと凝縮された印象。
銀色の地板に埋め込まれた金色の香箱がよいアクセントになっていますが、駆動輪列の歯車は見せないというコントラスト。



良いなあ…と思っていたところ、ステファン氏が突然「これはだめだ」と担当者を呼びました。
氏曰く、「手違いで仕上げが不十分なものを見せてしまった、今完璧なものに交換するので少し待ってほしい」と伝えられ、拝見していたピースは回収され、"完璧な"ピースがやってきました。



これは"この写真の後が交換したピース"という目印のために撮影した私のノート。



"完璧な"ピース。
差がわかりますでしょうか?

私の写真を差し引いても、正直な話、現場で見てもどこが変わったのかは、わかりませんでした。
氏曰く、「一か所のピニオンのポリッシュが不十分だった、不完全なものを見せて申し訳ない」とのことですが、黙っていれば、おそらくだれ一人気が付かなかったでしょうし、問題なく終わったはずです。
それをあえて正直に告白し、完璧なものに取り替えるのでそれを見てほしい…という氏の態度に、私は敬意を表しました。

ちなみに前回の記事の写真はすべて交換後のピースなのでご安心ください。



"ピニオン"はおそらく右上のパーツだと思うのですが、完全に確認はできず…
文字盤やパワーリザーブインジケーターの目盛り部分は完全にポリッシュされ、香箱に刻まれたGreubel Forseyの文字が写り込んでいます。
20190227094322.jpg


こちらはおそらく変化のない"碑文"。

クリストフ・クラーレスーパーコピー Get Together 2019

20190227093916.jpg

15日の金曜日に行われたクリストフ・クラーレ(Christophe Claret)のSIHH2019年新作、ケーブルフュゼ デテントトゥールビヨン アンジェリコ(Angelico)のお披露目イベント、Get Together 2019、急な提案と開催にもかかわらずお越しいただいた皆さん、主催いただいたノーブルスタイリングさん、本当にありがとうございました。

正直、クラーレはいろいろやらかしてタイムピースオーナーの立場でも素直に応援できない…という状態でしたが、ここから少しずつでもやり直していければなと思います。

というわけで、イベントの様子とアンジェリコ、そしてTwitterで少し報告していたクラーレの元祖デテント、マエストーゾ(Maestoso)を"借りた"お話をしたいと思います。

 

イベントの主役、アンジェリコ。
改めて見ると、リング状の歯車で駆動され針を持たないミステリアス分表示もジャンピング時表示も"主役"であるデテントトゥールビヨンとケーブルフュゼに対して控えめかつ遮らないことを最重視していることがわかります。
控えめながらも見やすさは最大限尊重しなければいけない…というバランス感覚ではないでしょうか。

 

トゥールビヨンは6分で1回転。
個人的には姿勢差の打消しというより、デテント脱進機を搭載したマリンクロノメーターの超精密なミニチュアめいた造形を全方位から眺めるための機構と思っています。
片持ちのフライングトゥールビヨンです。

赤色が特徴的なケーブルフュゼのワイヤーは超高分子ポリエチレンDyneema(商品名)製、クラーレ製のX-TREM-1や"供給ムーブ"のレトログラードに使われたハイテク繊維です。
チェーンに比べて細いことでフュゼの段数を増やして変速比を細かく変化させ、トルクのより一層の均一化を図っています。
ブリッジの根元にある開口部から"巻き量"を直接観察することでパワーリザーブインジケーターとしても使うアイディアです。

 

ケースバックからはミステリアス分表示を駆動する大きな歯車とジャンピング時表示を駆動するためのスネイルカムが見えます。

 

原理に忠実な、一時間で1回転するスネイルカムに蓄えられたエネルギーを開放し、レバーで時表示の星形歯車を弾くという構造。
ローカルとホームという分け方になってはいますが、それぞれプッシャーで独立に送ることができるので機能的な差異はありません。
スネイルカムを使っているので逆戻しは厳禁、分の調整は進み方向にしか回らない安全装置が設けられています。

 

同じドーム状風防のマエストロ(Maestro)と、このデザインはブランドのアイコンにしたいとのこと。
個人的には前のシリンダーケースの方が好みではありますが、信じる道を行く姿勢は応援したいと思います。

"蛇"はうーん…

 

勢ぞろい。

 

 

什器とスライドをセットして開場。

 

"デテントつながり"で我が天文台クロノメーターとノーブルスタイリング葛西氏のクロノメーター。
先ずは"デテント脱進機"とは何か?というところからの説明を行っていました。

 

アンジェリコのリーフレット。
マリンクロノメーターと船の巻き上げ装置をモチーフとしているので、キービジュアルは海です。

 

マニュファクチュールクラーレ20周年記念(10年前!)でDualtowを発表したときに作った貴重な記念本。
タイムリーにちょうどTwitterで話題になっていた、クラポン(クラーレエボーシュポン乗せ、もちろん元ネタはエタポンことETAポン載せ機)の一覧ともいうべき"供給ムーブ一覧"がしれっと乗っている禁断の資料で、"夢が壊れる"度はかなり高いと思います。
ちなみにクラポンは良くないのでビスポークラポンと言おうかという案も…

 

ショーケースから積極的に出して触ってほしい…といういつものスタイル。
やはり触らないとわからないことは多いと思います。

 20190227093926.jpg

まさにマリンクロノメーターといった風貌…

 

デザイン(ドーム風防ケース)の元と、機構(安全機構付きデテント脱進機)の元と。
この3ショットが日本で見られるのは最初で最後だったかもしれません。

ジラール・ペルゴスーパーコピー: 華やかなピンクゴールドケースの「ヴィンテージ1945」

20190226115215.jpg

ジラール・ペルゴ: 華やかなピンクゴールドケースの「ヴィンテージ1945」
ピンクゴールドケース&ブルースケルトンダイアルの「ヴィンテージ1945」は、ジラール・ペルゴの煌めく恒星に佇み、宇宙とのダイヤローグを奏ます。

「ヴィンテージ1945」は、メゾンがケースの直線と曲線が見事に調和したアールデコスタイルのモデルを1945年に製造し始めたことを起源としています。そして1985年にコレクションとして確立されました。エレガントなレクタンギュラーケースの時計は、アール・デコにオマージュを捧げ20世紀初頭の美意識を感じさせる直線と曲線で表現され、このコレクションの個性的な特徴となっています。
新作が華やかなピンクゴールドケースに収められた新作は、ブルースケルトンのポリクリスタルのダイアルを通してメゾンのマニュファクチュールムーブメントGP03300が姿をのぞかせます。仕上げの美しさだけでなく、メゾンの誇る技術的の高さは、ビックデイト機構でも証明されています。

この特許を取得しているメゾン独自のビッグデイト機構は、進行する数字の間に可視の境目を作らないように、ひとつが 10 の位、もうひとつが  1 桁の数字を示す非常に薄い 2 枚のディスク(1枚は透明なディスク)で日付を表示します。このディスクの厚さは、わずか 0.10 mmという薄さです。また日付は 1/10,000 秒で瞬時に変わります。


絶妙な色のコンビネーション、デザインのバランスにマニュファクチュールならではの仕上げの美しさを窺えるモデルです。

 

ジラール・ペルゴとは
ジラール・ペルゴは、1791年まで起源を辿ることのできるスイスの高級腕時計マニュファクチュールです。メゾンの歴史は、コンスタン・ジラールによって制作された1889年のパリの万国博覧会で 金賞を受賞したスリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨンのような先鋭的なデザインと革新的な技術が融合した伝説の時計の数々にいろどられています。また、コンスタン・ジラールの義弟フランソワ・ペルゴによって、1864年に日本に正規代理店を開設、長きにわたって日本市場で販売されてきました。

見えない部分の美しさを追求するジラール・ペルゴは、2019 年、宇宙を探索することで時の本質に迫ります。そして、「アース・トゥ・スカイ」(地球から空へ)というテーマを共通項として、斬新な世界、革新的な素材、思いがけない複雑機構をコレクションに採用します。

ジラール・ペルゴは、影響力のある「ラグジュアリー」と「スポーツ&ライフスタイル」ブランドの集合体が築く、アパレルとアクセサリーの分野で世界をリードするケリング(Kering)グループの一員です。

 

技術詳細
Vintage 1945 
(Ref. 25882-52-1829BB4A、税別価格:3,800,000円)

ケース
素材: ピンクゴールド
ケース径: 36.10 × 35.25 mm
厚さ: 11.74 mm
風防: 無反射加工サファイアクリスタル
裏蓋: サファイアクリスタル
文字盤: ポリクリスタル
防水性: 30 m (3 ATM)

ムーブメント
キャリバー: GP03300-0105、自動巻機械式
直径: 25.60 mm (11 ½’’’)
厚さ: 4.90 m
振動数: 28,800振動/時 – (4 Hz)
部品数: 282
石数: 32
パワーリザーブ: 約46時間
機能: 時、分、スモールセコンド、日付、ムーンフェイズインジケーター

ストラップ
素材: ブルーアリゲーター
バックル: ピンクゴールド

ジラール・ペルゴスーパーコピー、 スリーブリッジ・ネオトゥールビヨンの新作 「 Quasar(クエーサー)」 を発表

20190226114922.jpg

ジラール・ペルゴ、 スリーブリッジ・ネオトゥールビヨンの新作 「 Quasar(クエーサー)」 を発表
スイスのマニュファクチュール、ジラール・ペルゴは、特別なタイムピース「クエーサー」を
米国で開催される Miami Watches & Wonders 2019 (2月15日~17日)で発表しました。
新しいスリーブリッジ付きネオ トゥールビヨン ムーブメントは、
メゾン初となる、サファイアクリスタルのケースに収められてます
天文学用語でクエーサーとは、ブラックホールの周りに凝集する
きわめて明るい活動銀河核の一種です。
その名の通り、コンテンポラリーな精神を持つトゥールビヨンは光に溢れた構造をしており、
まるで光のスペクトルに入り込むようです
クエーサーは、ジラール・ペルゴの時計製造の芸術性を
「光と影」という相反する組み合わせで表現しています。

 

 20190226114927.jpg


2019 年:見えない部分にまで美しさを追求するジラール・ペルゴは、宇宙を探求することで時の本質に迫ります。スイスの時計製造マニュファクチュールは「アース・トゥ・スカイ」というテーマを共通項として、斬新な世界、革新的な素材、思いがけない複雑機構をコレクションに採用します。

約 1 年前、ジラール・ペルゴはネオ・スリーブリッジ トゥールビヨン スケルトンを誕生させました。
この度、Miami Watches & Wonders でジラール・ペルゴは新しい次元を見せるタイムピース、クエーサーを発表します。

 

「アース・トゥ・スカイ」というテーマのもと、この複雑時計は最も輝きの強い天体、クエーサーに因んだ名を冠しています。輝くトゥールビヨンは現代的な精神を以て、全体が透明なサファイアクリスタルで作られたケースとともに光のスペクトルに入り込みます。
そのサファイアクリスタルから、望遠鏡で見た天体のようなスケルトン加工された構造をしたキャリバー GP9400-1035が姿を見せます。このムーブメントは、ブラックホールのように人目を引き、部品の間の空間を輝かせながら、光を炸裂させます。クエーサーの透明性は、そのマットな表面と引き伸ばされた曲線に光の粒子をもたらします。

クエーサーはジラール・ペルゴの宇宙を制する 4 つの仕組みを体現しています。
1 つ目は、1884年に取得した特許。それはメゾンのユニークなシグネチャーとなっている、文字盤側から見えるスリー ゴールドブリッジ。2 つ目はラ・ショー・ド・フォンの工房で手作業により施されるスケルトン加工。3 つ目は 2015 年に誕生したネオ・スリーブリッジ トゥービヨン。そのブリッジはストレートでもゴールドでもなく、スケルトン加工されたブラックのアーチ型でした。4 つ目は高い技術的機能をもったサファイアクリスタルの採用です。2007 年に発表されたロレアート スリーブリッジ サファイアによって、コランダムの結晶が高級時計のキャリバーの構造そのものになりました。それら 4 つがクエーサーを作り上げています。

物質と光の融合
直径 45 mm のクエーサーのケースは全体がサファイアクリスタルで作られています。パイプ型のクリスタルが地球大気のようにムーブメントのブリッジを包含しています。一体型のミドルケースはケースサイドに丸みを帯びており、角度のついたラグに繋がっています。
非常に高度な技術を要して生成されたサファイアクリスタルは、地球上で最も硬い物質であるダイヤモンドで作られた道具を使って裁断、機械加工、穴をあけられ、ドーム型にしてポリッシュ加工が行われます。

無重力のコア
キャリバー GP9400-1035 は、キャリバー 9400 から地板を取り去った同キャリバーの進化版です。まるで真空状態になっているかのように、ムーブメントは無重力状態に見えます。航空技術のデモンストレーションのように、物理的に不可欠な固定点があるだけです。
クエーサーの透明性に関しては、ブリッジが視覚的に寄与しています。チタン製のブリッジはサンドブラスト加工された後にブラック PVD 処理が施されます。内角、アーチ、返し、オーバーハングで構成されている三次元的できわめて複雑なそのフォルムは、高度な時計製造技術で加工されています。

時計の天文物理学
天文学用語のクエーサーとは、ブラックホールの周りに凝集するきわめて明るい活動銀河核の一種です。光と影で構成される奇妙なパラドックスがジラール・ペルゴのクエーサーの特性を反映しています。サファイアクリスタルを通り抜ける光と、ムーブメントが返す影で形作られるこのモデルは、宇宙の特性そのものであるコントラストを織り成しています。方程式のように複雑で、太陽より高温の天体のように、この時計は手首で輝きを放ちます。

ジラール・ペルゴとは
ジラール・ペルゴは、1791 年まで起源を辿ることのできるスイスの高級腕時計マニュファクチュールです。メゾンの歴史は、コンスタン・ジラールによって制作された 1889 年のパリの万国博覧会で金賞を受賞したスリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨンのような先鋭的なデザインと革新的な技術が融合した伝説の時計の数々にいろどられています。また、コンスタン・ジラールの義弟フランソワ・ペルゴによって、1864 年に日本に正規代理店を開設、長きにわたって日本市場で販売されてきました。ジラール・ペルゴは、影響力のある「ラグジュアリー」と「スポーツ&ライフスタイル」ブランドの集合体が築く、アパレルとアクセサリーの分野で世界をリードするケリング(Kering)グループの一員です。

 

 


■Quasar(クエーサー)
技術詳細
品番:99295-43-000-BA6A(税別予価:21,510,000円)
発売時期:2019年4月予定

ケース
素材:サファイアクリスタル
直径:45 mm
風防:無反射加工サファイアクリスタル
文字盤:なし
針:スケルトン、ホワイトゴールド、ドーフィン型、スーパールミノヴァ™を塗布
裏蓋:サファイアクリスタル
防水:30 m(3 ATM)

ムーブメント
キャリバー:機械式自動巻き、GP09400-1035
機能:トゥールビヨン、時、分、トゥールビヨン上のスモールセコンド
パワーリザーブ:約 60 時間
部品数:260 個(27 石を含む)
直径:36.00 mm(16 リーニュ)
振動数:21,600 振動/時(3 Hz)
厚さ:9.54 mm

トゥールビヨン
部品数 80、総重量わずか 0.250 グラムのトゥールビヨンケージ

ストラップ
素材:手縫いブラックアリゲーター
バックル:チタン製トリプルプレート式フォールディングバックル

ページ移動

  • «
  • 1
  • »

ユーティリティ

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

タグクラウド

ページ

ユーザー

新着画像

Feed