エントリー

カテゴリー: OMEGA

世界限定モデルを含む最新コレクション「フリーダム60 クロノ 40mm」がデビュー

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

 

完全独立経営となる新進気鋭のウオッチブランド【ノルケイン(NORQAIN)】が最新モデルを発表。人気のスポーツコレクション「フリーダム」より「フリーダム 60 クロノ 40mm」が新たに登場し、レギュラーモデルとしてスカイブルー文字盤とピスタチオ文字盤、世界限定300本のピーチ文字盤の3モデルが展開される。価格は71万5000円~(税込)。

「フリーダム 60 クロノ 40mm」は3モデルを展開

ノルケインが誇るヴィンテージ・スポーツウオッチ「フリーダム」コレクションから「フリーダム 60 クロノ 40mm」の新作3モデルが発表された。40mmのステンレススチール製ケースに、スカイブルー、ピスタチオ、ピーチの文字盤カラーを備えており、イタリアの地中海でのハイキング、セーリング、海水浴など夏のバカンスをイメージしたモデルとなっている。

ノルケイン「フリーダム 60 クロノ 40mm」 Ref.N2201S22C/MT221 72万500円(税込)。2024年5月末発売予定。

淡いカラーリングで描かれた文字盤デザインに注目

本機の見どころは、淡いカラーリングで描かれたフレッシュで軽やかな文字盤デザインだ。まず、爽やかな夏の青空のようなスカイブルー文字盤は、サンレイ仕上げの文字盤にコントラストが美しいダークブルーのサブカウンター、ダークブルーの外周リングにホワイトのタキメータースケールを採用。緑豊かな自然44ピスタチオと夕暮れのビーチを想起させるピーチ文字盤は、同じくサンレイ仕上げの文字盤に、ブラックのサブカウンターと外周リングにホワイトのタキメータースケールを備える。文字盤の3時位置に30分計、6時位置に12時間計、9時位置にスモールセコンドをレイアウトし、4時と5時の間には日付け表示を設置。日付け表示のディスクは文字盤カラーと揃え、一体感のあるフェイスデザインを作り上げた。

自動巻きムーブメント、キャリバーN19を搭載

「フリーダム 60 クロノ 40mm」は、ヴィンテージ・ポンプスタイルのクロノグラフ・プッシャー、サァイヤクリスタル製ケースバック、100m防水も備えており、時計の心臓部には自動巻きムーブメント、キャリバーN19を搭載。ケース左側にはイニシャル、ラッキーナンバー、日付などが刻印できるノルケインプレートを装備しているため、結婚記念日や大切な人の誕生日など重要な出来事を本機の一部にすることが可能だ。ストラップのバリエーションも豊富で、ステンレススチール製ブレスレット、ブラックのパーロンラバーストラップに加えて、環境保全を目的とした企業、tide ocean SAによるオーシャンバウンド再生プラスチックを用いたノータイドストラップ(グレーまたはアイボリー)の3種類を用意。文字盤カラーのチョイスも含め、どの組み合わせを選ぶか、購入者にとっては大いに迷うところだろう。

ノルケイン「フリーダム 60 クロノ 40mm リミテッドエディション」 Ref.N2201S22LC/F221 75万3500円(税込)。世界限定300本。

ピーチ文字盤は世界300本の限定モデル

「フリーダム 60 クロノ 40mm」はスカイブルー文字盤、ピスタチオ文字盤がレギュラーモデルとなり、ピーチ文字盤は世界300本の限定モデルとして展開。ノルケインのコンセプトの“my life, my way”を体現した明るく力強いデザインはブランドのファンのみならず、多くの時計愛好家から高い支持を集めそうだ。

 

 

 

ノルケイン「フリーダム 60 クロノ 40mm」 Ref.N2201S22C/IAA221 72万500円/自動巻き(Cal.N19)、毎時2万8800振動、62時間パワーリザーブ。316Lステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。サファイアクリスタル風防(両面無反射加工)。直径40mm、厚さ14.9mm。10気圧防水。

 

 

 

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

 

 

 

 

ティソ(TISSOT)がカーボンケース採用、カラフルな交換式ブレス採用の魅力的な腕時計「シデラル」を発売。70年代の名作のリバイバル、ちょっと欲しくなってきた

ケース形状、そしてドーム型風防もなかなかに個性的

さて、ちょっと前にはアルピーヌとのコラボウォッチを発売していたティソ(TISSOT)。

https://www.aimaye.com/スーパーコピー 代引き専門店


1853年創業という古い歴史を持ち、高品質な腕時計を比較的求めやすい価格にて提供することで知られます。

ちなみにぼくは高校生の頃にティソやオリス(ORIS)を何本か購入したことがありますが、その当時は「1万円台」でも購入できたものの、現在だともっとも安価なティソの腕時計は6万円くらいなので、「インフレとは恐ろしいものだ」という現実を改めて突きつけられます。

なお、ぼくがティソの腕時計を取り上げることは極めて稀ですが、ここで紹介するのは「単に興味を惹かれたから」。

その理由としては「カーボン製ケース」「カラフルな文字盤やラバーストラップ」といった要素であり、見ての通りケースはフォージドカーボン仕上げ。

ケース径は41ミリという使いやすいサイジングで、ちょっと個性的な「クッション型テーパード」。※カドが立っていないのでさらに身につけやすそう

カラー展開は「イエロー(T145.407.97.057.00)」「レッド(T145.407.97.057.02)」「ブルー(T145.407.97.057.01)」の3種類で、画像を見る限りではブルーのみがそのケースに「ブルーマーブル(カーボン)」を採用しているようですね。

ちなみに価格はすべて144,100円に設定されています。

風防はドーム状のサファイアクリスタル、そしてケースバックはシースルーという「トレンドを押さえた」、かつ「コストパフォーマンスの高い仕様」を持っていて、現在ティソの中では唯一「欲しい」と思える一本です。

なお、「パワーマティック80」が搭載されており、これは文字通り80時間のパワーリザーブを誇る高性能ムーブメント。

シデラルと同様に「カーボンケース+ラバーストラップ、デザイン特化型」を持つ腕時計としてはゴリラウォッチが存在しますが(ベースモデルだと、このシデラルと価格帯が近い)、このシデラルはゴリラウォッチの持つ「アルマイト」「チタン」を持たない代わりに、「高性能ムーブメント」という武器を保有しているということになりますね(ゴリラウォッチのベースモデルに採用されるムーブメントとはミヨタ製である)。

さらにシデラルでは「インターチェンジャブル」ストラップを採用し、グリーン、オレンジ、ブラックがオプションとして販売されるので、自分のクルマやバイクにカラーを合わせてみてもいいかもしれません。

なお、オリジナルのシデラル(1969年発売)は、当時としては(今でも)かなり珍しいグラスファイバー製のケースを持つ軽量なタフネスウォッチだったそうですが、1971年にはイエローのラバーブレスを持つ(この時代にその仕様というのは特筆に値する)シデラルSが発売されており、今回の”ニュー”シデラルはその正常進化版、かつ現代ならではの素材やデザイン、要素を備える腕時計だと言えそうです。

最近は物騒な世の中になってきたので高級機械式腕時計を身につけておちおち外出できないような状況となっていますが、そこで注目されるのがこういった「個性的な、安っぽさを感じさせない」腕時計。

セカンドウォッチ、リゾートウォッチと呼ばれることも多く、ティソが公開したプロモーション動画が示す通り、リゾート地にて活躍しそうなシリーズでもありますね。

CEO交代を控え新作少なめのオーデマピゲ。1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ」オマージュモデルが限定500本にて登場

  • 2023/07/01 11:10
  • カテゴリー:ROLEXOMEGA

 

今のところ新作は少なめ、大きな変化はないようだが

さて、オーデマピゲでは2024年1月から新CEOとしてイラリア・レスタ氏が就任することになりますが、同氏は化粧品業界の出身であり「腕時計畑とは無縁の人物」という異例の抜擢です。スーパーコピー 時計、ブランド 時計 コピー 代金引換専門店。

基本的に腕時計業界は非常に保守的なので、多くのブランドでは技術的にも腕時計に明るい人物をCEOに据えることが多い中、これはひとつの大きなチャレンジであり、オーデマピゲが変わろうとしている姿勢の現れなのかもしれません(プロダクトよりもエクスペリエンスを重視する、ということなのだと思う)。

ただ、現CEOであるフランソワ-アンリ・ベナミアス氏もオーデマピゲを大きく変革し成長させた人物であり、25年ぶりのニューモデル「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を発表したり、そのほかにもロイヤルオーク オフショアシリーズのモデルチェンジ、そしてヒップホップなどストリートカルチャーとのコラボレーション、スパイダーマンやブラックパンサーなどマーベルコミックとのタイアップによって客層を幅広く開拓しています(ただ、このコラボは同氏の個人的な興味が発端だったというので、新CEOのもとでは行われない可能性が高い)。

オーデマピゲの「新製品攻勢」はちょっと落ち着く

そしてCEO交代を控えていたからなのか、はたまたロイヤルオークの周年記念モデルの大量攻勢があったためか、ここ最近では少し新作の量が減っていて、ここ最近登場したのは(ロイヤルオーク・オフショアクロノグラフだと)このRef. 26420CE.OO.A005VE.01(7,480,000円)くらい。

7

 

ちなみにこのモデルは1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ (ref. 25770SN)」へのトリビュートだとされ(バンブルビー=26176FO.OO.D101CR.02にもよく似ている)、世界限定500本のみという希少モデルです。

6

 

ケースは43ミリのセラミック、ボタンガードやリンク、ケースバックはチタン製。

ベゼルもセラミックなのであまり傷を気にしなくてもいいのが嬉しいですね。

3

 

ダイヤルはもちろん「メガ タペストリー(ブラック)」、カウンターと外周リングもブラック、反面アプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針の蓄光、インナーベゼルの文字はイエローです(針がブラック仕上げなのは珍しい)。

2

 

ストラップはカーフにクロス、そしてイエローのステッチ入り(クイックリリース採用)。

交換用としてイエローのカーフスキンベルトが付属する、とのこと。

4

 

ムーブメントはキャリバー4401、パワーリザーブは70時間。

1

 

新CEO就任まではあまり多くのモデルを期待できないかとは思いますが、2024年以降は新しい方向性が打ち出されると考えてよく、そこからの新作ラッシュに期待したいとことろですね。

 

 

オメガ×スウォッチ、「ムーンスウォッチ ミッション・トゥ・サターン」購入!

  • 2023/04/24 15:22
  • カテゴリー:OMEGA
 

| 以前に比べるとずいぶん買いやすくなってきたが、それでも一部モデルはまだまだ手に入りにくい |

コンプリートへの道のりは険しいが、地道に頑張ろうと思う

さて、オメガ×スウォッチ「ムーンスウォッチ」、ミッション・トゥ・サターンを購入したのでざっと紹介したいと思います。

現在ぼくはムーンスウォッチ全モデルコンプリートに向けて動いているところですが、少しづつではあるもののその目標の達成に向かって進んでいるということに。

この「Mission To Saturn」は文字盤の6時位置に土星の輪を表現したモデルであり、シリーズ中屈指の人気を誇るとされる一本でもありますね。

ムーンスウォッチ ミッション・トゥ・サターンはこんな仕様を持っている

そこでこのミッション・トゥ・サターンを見てみたいと思いますが、全体的なカラーリングは「ベージュとブラウン」。

L1000654

 

ストラップはサテン調のブラウン、そしてタキメーターベゼルもブラウンです。

L1000655

 

裏面にも「MISSION TO SATURN」文字、そして電池のフタには土星の柄。

L1000657

 

ストラップには「Speedmaster」「MOONSWATCH」の文字も。

L1000659

 

ケース形状は完全にスピードマスター。

ドーム状の風防やタキメーターベゼルの形状、ラグの形状など「完全に再現している」といっていいかもしれません。

なお、リューズにはオメガのマーク、そしてスウォッチのマーク両方が刻印されています。

L1000658

 

一部否定派も見られますが、ぼくとしては「身に付けていて楽しい腕時計」だと考えており、この価格でこの腕時計が購入できるのであれば「かなりいい体験」だとも考えています。

つまり、このムーンスウォッチはもっと高くてもいいくらいで、むしろ安すぎると考えているくらい。

もしかするとスウォッチはスピードマスターとのコラボレーションをさらに進め、どこかで値上げしてくるかもしれませんね(もしかするとシーマスターとのコラボモデルも出してくるかもしれない)。

L1000664

 

ちなみにミッション・トゥ・ジュピターと比較するとこんな感じ。

ケースや文字盤のカラーはミッション・トゥ・ジュピターのほうが一段明るいといった印象です。

L1000674

https://www.aimaye.com/

オメガを代表するムーブメントを簡単に紹介します!

  • 2022/04/07 09:51
  • カテゴリー:OMEGA

オメガを代表するムーブメントを簡単に紹介します!

オメガコピー優良店は世界で最も多くのファンを持つ時計ブランドの一つであることは間違いなく、ロレックス、ヴァンガードとともに高級時計の三羽烏に分類される。彼らは分水嶺であり、さらにその上には時計界のトップに位置するブランドがあり、それぞれのグループ内で高い評価を得て、また毎年非常に良い売り上げを得ている。 オメガは、毎年膨大な数の新製品を発表し、長年にわたり、新素材の使用、高い耐磁性技術、より厳しい認証制度など、常に製品のアップグレードを行っており、技術的に最も革新的な時計メーカーの一つであることは間違いありません。

 

もちろん、オメガは常に新しい方向に進んでいるわけではありません。 オメガにとって貴重な遺産である長い歴史は、このように、前世紀の時計開発の黄金時代に一瞬で戻るかのような高級感と伝統を兼ね備えた非常に多くのクラシックデザインウォッチで歴史へのオマージュを捧げ続けてきたのです。 製品そのものに関しては、オメガの幅広いモデルのおかげで誰もが満足するものがあります。しかし、時計製造の中心部に戻ると、オメガの歴史的地位と数々の受賞歴を支えてきたのは、ムーブメントなのです。

 

ムーブメントは時計産業のコアコンピタンスであり、最も技術的に難しい領域である。 ある意味、ムーブメント技術の習得が、その企業の高みを決定する。 オメガが他の人気ブランドよりも進んでいる理由は、オメガがマーケティングや広告に優れているからではなく、その価格帯で非常に競争力のある製品を提供しているからです。その重要なポイントは、多くのブランドには真似できないムーブメント技術のレベルです。 では、オメガは現在どのようなムーブメントを搭載しており、それらはブランドにとってどのような意味を持つのでしょうか。

外部供給動作(エントリーレベル)

オメガはよりグレードの高い自社製ムーブメントの拡充を続けていますが、エントリーモデルにはやや高価であり、多くの時計メーカーがあまりコストをかけずに素晴らしい品質の時計を手に入れることができる、オメガの常用外注ムーブメントの改訂は、まさにバーゲンだと言えるでしょう。

The 2500(3針ムーブメント)

 

2500から始まったオメガ独自のコーアクシャル・ムーブメントには、多くのバージョンがあったことは周知のとおりです。 初期バージョンでは互換性が十分でなかったため、多くの問題が発生し、その後オメガはすぐに修正を行い、最終的には解決し、現在使われている2500ムーブメントは、完全に動作するバージョンです。 2500はETA 2892-A2にオメガが改良を加えたムーブメントです この3針ムーブメントは、主にディスクワールド・コレクションの35mmコンステレーション、エレガンス・メンズ、エレガンス・レディス、エレガンス・バタフライ、エレガンス・デュードロップの各モデルに採用されています。 2500ムーブメントを搭載したオメガ鋼モデル、公開価格は基本的に27000上下ですが、いくつかのチャンネルでは、割引活動の下で、その実際の価格は、非常に良いだろう、それはこの価格で、あなたは大きなブランドの時計(チュードルやブライトリングの社内ムーブメント以上2万も買うことができる)、オメガと同軸運動、合理的に言えば、オメガがまだ非常に有利なこれらの二つのハイライトを購入できることを言う必要があります。

 

キャリバー2627搭載のドーフィン

2500をベースに、オメガはムーブメントの種類も増やしました。 その一つであるキャリバー2627は、9時位置にスモールセコンド、6時位置にパワーリザーブ表示を備えた「ディスカス エレガンス」コレクションに搭載されており、2500コーアクシャル・ムーブメントをベースにしています。

キャリバー2202は、2895-2をベースにETA社のムーブメントをインライン脱進機に変更した2500と同様のムーブメントで、ディスクワールド エレガンス コレクションに採用された小型3針モデルだが、ほとんど市場から撤退し、ごく少数の新作に搭載されているのみである。

3330/3313/3304/3603 (クロノグラフムーブメント)

 

レギュラーモデルに加え、クロノグラフはどのブランドも重視する複雑機構の一つですが、オメガは自社製クロノグラフムーブメントに加え、クロノグラフムーブメントのエントリー向け外販適応モデルを多用するようになりました。 ロンジンにも多用されているETAA08.L01の3眼自動巻きクロノグラフムーブメント、3330ですが、オメガとは異なり、同軸脱進機を備えた自動巻きクロノグラフムーブメントなので、正確にはETAムーブメントではありません。3330ムーブメントは、レプリカのスピードマスター MARK II クロノグラフ、スピードマスター レーシング クロノグラフに使用されています。 スピードマスター レディース クロノグラフ」と「リオ2016オリンピック スペシャル クロノグラフ」。

 

オメガ・キャリバー3313

3313と3603は、同じ「3」で始まるムーブメントですが、3330とは異なります。 これらのムーブメントの原型は、前世紀の有名なクロノグラフ・ムーブメントであり、オメガが改良して自社の多くのクロノグラフに使用したキャリバーFP1285で、3313は、コーアクシャル脱進機を追加したコラムホイール式のムーブメントです。 一方、3603は、GMT+24時間表示のクロノグラフをインライン脱進機で実現したもので、3313よりもやや複雑で、かつては主に旧スピードマスターやディスカス、シーマスターATに使われていたが、これらのGMTやクロノグラフ機能を持つ時計が自社ムーブメントに置き換わったことにより、3603はほとんど使われなくなった。

3304は、現在もスピードマスター38mmレディースクロノグラフに採用されているETA7753をベースにした自動巻きコーアクシャル・クロノグラフ仕様です。

1861(クラシックな手巻きクロノグラフムーブメント)

 

右下は1861のムーブメント、それ以外は1861の前身となるモデル

これまでのモデルと比較すると、真にクラシックなオメガのクロノグラフ・ムーブメントは、レマニア1873をベースにした861の前身である1861であり、このムーブメントはもともと月面のオメガ スピードマスターに搭載されていたので、オメガ スピードマスター ムーンウォッチの象徴的ムーブメントです。 クラシックな手巻きクロノグラフ・ムーブメントで、特にオメガ スピードマスター コレクションで広く使用されている、月着陸の時計、月の時計 このムーブメントは、オメガ スピードマスター コレクションに広く採用されているクラシックな手巻きクロノグラフムーブメントで、特に月着陸時計、レース時計、宇宙時計、シーマスターレプリカクロノグラフに使用されています。 その歴史的遺産とクラシックなデザインから、ヴィンテージ、レプリカ、記念モデルなどに多く採用され、限定モデルも多く、オメガにとって非常に価値のあるクロノグラフカテゴリーです。

内製化するパターン

オメガは、前世紀にすでにコーアクシャル・エスケープメントの技術を購入していましたが、長い実験期間を経て、第3世代のコーアクシャル・エスケープメントで武装したオメガは、2007年に新しい自社製コーアクシャル・キャリバー8500と8501を発表しました。これは、オメガが他のいくつかの競合ブランドに立ち向かう力を本当に持ったことを意味し、歴史的にオメガが素晴らしいものだったことは誰もが知っており、2007年以降になると コーアクシャル・テクノロジーにより、オメガは再び栄光の時代を迎えました。

8500(3針ベースムーブメントの旧バージョン)

 

コーアクシャル・エスケープメントを搭載した8500がすべての始まりです。この技術のあらゆるディテールに完璧にマッチするように完全に再設計され、そこからオメガは、ムーブメントの研磨と構成の両面において改善を続け、まさにブランドの技術革新の強いバイタリティを証明するものとなりました。 オメガがコーアクシャル・ムーブメントである8500を発表してから今年で10年目を迎え、8500はより技術的に進歩したバージョンに取って代わられましたが、8500がオメガにとって忘れられない功績であることは否定しません。

現在では、ほとんど傍流に追いやられている8500ムーブメントは、当初Discus HourVisionに使用され、現在は38mmのConstellationに主に使用されています。もちろん、以前はオメガの3針時計のメインムーブメントとして、シーマスター、ディスカス、シーマスターAT、コンステレーションのすべてにこのムーブメントが使用されていました。 今でもキャリバー8500を搭載したシーマスターやディスカス、特にアクアテラを見かけることがあれば、それは基本的に古いモデルである。

 

キャリバー8508を搭載した「オメガ ホーネット

8500と同じ構造をベースに、オメガはもちろん、カレンダーなしの8400、レディースウォッチ、特にレディマティック、コンステレーション、シーマスターATのレディースモデル用の8520/8521、ディスクワールド コレクションで主に使用されている手巻きバージョンの8511などのバージョンを拡張し、いずれも貴金属ケースで、とても 非常にクラシカルなコレクションであり、手巻きが加わったことで紳士用ウォッチとして、明らかにオメガの極めて高級なコレクションとなっています。 もちろん、最も重要なことは、ETA、オメガチーム、ASULAB、NivaroxFarによって開発された8508が、当時最も耐磁性の高い時計として世界に衝撃を与え、15000ガウスという磁場に耐え、今日では、15000ガウスでMETAS認定を受けることがオメガの標準になっていることである。

 

8601ムーブメントを搭載したアニュアルカレンダーウォッチ

そして、ベースとなる8500には、もちろんそのコンプリケーションバージョンである8601があり、8500と同じムーブメントバージョンを適用し、シリコンヘアスプリングを採用したアニュアルカレンダー機能を搭載した同軸ムーブメントが搭載されています。 このムーブメントは、「オウガバトル」や「シーマスター アクアテラ」に多用され、3時位置に日付と月の表示を併せ持つことが特徴的です。 注目すべきは、8605と8601は1桁しか違わないものの、前後関係がなく、全く異なる機能を持つ2つのムーブメントであることです。

8800(基本的な3針ムーブメントの過渡期バージョンといえるでしょう)

 

ご存知のように、この10年で時計にシリコンを使用することが多くなりました。オメガはムーブメントにシリコンを使用した最初のブランドではありませんが、おそらく最も多く使用しているブランドで、現在ではフルレンジの自社ムーブメントのほぼすべてにシリコン製ヘアスプリングを適用しているのです。 8800は8500に比べて香箱の数が減り、METAS規格でテストされた耐磁性能15000ガウスのシリコン製ヒゲゼンマイを搭載しているが、このバージョンは登場してからあまり時間が経っていないので、過渡期の製品であると考えることができるだろう。

8900(3針ベースムーブメントの最新版)

 

2015年に発表された8900は、ズムトベルのコレクションに初めて搭載され、オメガがMETAS規格を設定した後に発売された新世代の3針ベースムーブメントです。 その特徴は、最高のコーアクシャルクロノメーター認定、第一級の耐磁性能、最新の技術成果の使用、コーアクシャル脱進機、シリコン製ヘアスプリングと、多くを語るまでもないと思いますが、キャリバー8500からの代替ムーブメントとなります。 また、8800との違いは? すでにバージョンも大きく異なり、パワーが5時間増え、ダブルバレルの採用で石数も4石増え、当時は実験的なコンセプトムーブメントだった8508の量産版として、成熟した製品として理解することができるのです。

8900にアニュアルカレンダーが追加されると、8601に代わってキャリバー8922が搭載されることになります。 現在では、新旧のムーブメントは8906にほぼ置き換えられています。

9300(自社製クロノグラフムーブメントの旧バージョン)

 

クロノグラフムーブメント「9300

直接のライバルであるロレックスとヴァンガードが自社製クロノグラフ・ムーブメントを搭載しているため、オメガは8500で自社製クロノグラフ・ムーブメントを必要とし、9300は高級ブランドの最前線でその地位を固めるためのオメガの拳となったのです。 違いは、文字盤の3時位置に60分と12時間の積算計があることです。 これは、UPの12時位置の累積カウンターにちょうど良い差と相似形です。

9900(自社製クロノグラフムーブメントの新バージョン)

METAS認証制度が加わり、より新しい技術が開発されたことで、オメガは8900に続き、9300ムーブメントに代わる最新バージョンの自社製クロノグラフ・ムーブメント9900を発表しました。

 

オメガ9900クロノグラフ・ムーブメント

 

オメガの貴金属バージョンは、一般的に、ゴールドのトゥールビヨンとゴールドのバランスコックによってスティールモデルと区別されます。

これらは、オメガが現在使用している主なムーブメントの種類です。 もちろん、オメガにはこれらのムーブメント以外にも多くの種類がありますが、基本的にはこれらが主なもの、あるいは拡張の基礎として開発されたバージョンです。 例えば、スティール製オメガと貴金属製オメガでは、異なる高級感を表現するために、貴金属製モデルでは、ローターとローターにKゴールド、あるいはオメガが特許を有するセドナゴールドを使用し、ナンバリングにも、例えば、8901は8900の貴金属バージョンというように違いが出てきます。 新しいか古いか、そしてその価値。

オメガコピーの“金”のセイウチ、進むダイビングの王

オメガ(OMEGA)シーマスターシリーズは、1993年の創業以来、伝説の章をオープンしました。今日、オメガシーマスター300mダイビングウォッチには多くのモデルがあり、お気に入りの1つは今日味わう「ゴールデンサークル」タツノオトシゴです。 (モデル:210.22.42.20.01.001)

この42mmシーマスター300mダイバーズウォッチはステンレス鋼とSedna® 18Kゴールドで作られ、ベゼルはブラックセラミックで作られ、ダイビングスケールはオメガの特許取得済みCeragold®テクノロジーで作られています。セラゴールドセドナ

それだけでなく、文字盤もポリッシュ仕上げのブラックセラミックでできており、レーザー彫刻された波模様が施されています。

6時のカレンダーウィンドウ

時計のベゼルにはファセット処理が施されており、より多くのレベルと詳細が表示されています。文字盤の中空の針とエンボス加工の時間マーカーは、Sedna® 18Kゴールドで作られ、白いSuper-LumiNova蓄光コーティングで覆われています。ヘリウムエスケープバルブは、円錐形になっています。

リューズにもセドナ®18Kゴールドが施されています。側面から見ると、ケースの厚みが他のダイビングウォッチよりも適切であることがわかります。厚みが薄すぎて存在感がなくなったり、重すぎたりすることはありません。

時計には黒いラバーストラップが付いています。革のストラップを細部まで着用すると、革の摩耗が加速し、汗もストラップの選択に影響します。ラバーストラップはお手入れが簡単で、夏の摩耗や選択に適しています。

このシーマスターの300メートルダイビングウォッチには、オメガ8800マスタークロノメータームーブメントが搭載されており、波型エッジデザインのサファイアガラスケースバックを通して、ムーブメントの美しさがはっきりと見えます。同時に、この時計は55時間の動的保管時間と300メートルの防水深度を備えています。

概要:現在、すべてのオメガの時計は5年間の保証の対象となっています。時計に問題がある場合は、オメガの公式カスタマーサービスにお問い合わせください。この時計の国内価格は80万円であり、その種の金の潜水時計の中で競争力と総合力の面で最高にランクされています。

臻まで(に)着くのが純粋です オメガの星座のシリーズは臻天文台のレディースの腕時計に着きます

1枚のレディースのオメガスーパーコピー腕時計を選んでどんなの元素を考慮しますか?まず、“顔値”が要するのは十分で高くて、方がよいクラシックのコーディネート自在、時間の長い流れ(川)の中で試練に耐えられることができるのです。その次に、ブランドは信頼できて、売った後にとサービスするとても重要な参考です。事実上、オメガの星座のシリーズのレディースの腕時計が私達の以上の条件に合うのがと標準的です。今日、私達はみんなのために詳しく1枚の時計の殻Sedna® 18K金の製造した星座のシリーズのレディースの腕時計を鑑別評定します。(型番:131.50.36.20.02.001)

星座のシリーズはオメガのクラシックのシリーズの中の一つで、多くの女性の腕時計を選ぶブランドの中の首位です。星座のシリーズはシンボル的な優雅な“爪を頼む”の設計を高く備えて多くて忠実な支持者を勝ち取って、この独特な設計は腕時計の外観の並外れている美感を強めただけではなくて、その年代でもきわめて高い機能性を体現します:爪を頼んでサファイアの水晶を鏡とワッシャーに表してしっかりと固定的で殻の上を表していて、腕時計の防水の特性を確保しました。

時計の文字盤と渾然一体となる腕時計のバンド設計、それ以外に、星座のシリーズの腕時計の表すのが閉じ込めてこの時から12のローマ数字に付いているのを始めます。このような独特な設計は腕時計の外観の並外れている美感を強めただけではなくて、その上なって最も備える度の時計の中の一つを知っているのを弁別して、このシリーズの出すSedna®18K金をさらに加えてモデルが更に優雅なのを尊重して極致に着いたのを表します。

このSedna®18K金は全体を表してオメガの特許技術の処理のSedna®18K金を採用して製造して、殻を表して時計の鎖に着いてまた時計の文字盤に着く上からの時表示して、ポインター、すべてこの材質を採用しました。この材質は市場の上のその他の材質に比べて言って、色合いとかたい硬度の上ですべてもっと良い振る舞いを持っています。
 
大きい3針の時計の文字盤設計、きわめて簡単な風格。白色の時計の文字盤はK金によく合って更に高級な質感を現します。6時に設置は期日の表示ウィンドウがあって、つける者のために1つの実用的な機能を増加しました。

側面の本番の中から見ることができて、厚さを表すのは厚くありませんて、そのためつけていて思うモデルを表してとても重々しいをの過ぎるのため調子が悪いとの感じることはでき(ありえ)ません。

この時計の殻を表す直径は36ミリメートルで、星座のシリーズのレディースの腕時計のに比べてその他はモデルが言って更に少し大きい直径のレディースの腕時計、腕の比較的まろやかで潤いがあるレディースが好きなことにおよび適合するのを表します。

採用を表してスイス連邦計量研究院(METAS)の認証を経て臻天文台のチップの8801に着いて、15,000ガウスの強磁場に達するのに抵抗することができます。そしてケイ素の空中に垂れる糸のないのに付いていて度の空中に垂れる糸を押さえて車輪を並べるのを搭載して、双方向は自動的に鎖システムに行きますブランドコピー時計超人気高級専門店。ロジウムメッキのベニヤ単板はアラブの風格のジュネーブの波紋のを通って装飾を磨き上げます。

総括します:この枚オメガの星座のモデルを表す売価は340万円で、今さらに5年のロングの質を享受して守りを買います。

拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版

オメガスーパーコピーこの42ミリメートルの腕時計の表す殻とメッシュの時計の鎖は2級のチタン金属を採用して精製してなって、革新によく合う可変のセクションテーブルは差し引きます。しかもチタン金属が堅固なのがしなやかで、もぐり込むスパイに絶対的で流行の眼の玉を書き入れる単品を持つだけではなくて、更に彼に協力して順調に困難と危険の任務を完成することができます。

時計の文字盤はおよび、茶褐色のアルミ質を採用して製造を閉じ込めるのを表して、かつ復古してモデルを表して歳月現れた“tropical”の色調をしばしば経験するのを再現しました。

潜水する目盛りは、黒い化の処理するポインターを通じて(通って)時間と目盛りは皆ヴィンテージ風Super―LumiNova夜光の上塗りでひっくり返って、最も腕時計のすばらしい風格を現します。

環境の暗いのが状況で見ることができる時標識と針がひっくり返ってつやがある夜光の上塗りの出したのがあります。

007の演じる者ダニエル・クライグの提案のこの腕時計に対する設計を担当していて全局面を左右する効果を持っています。彼は表します:“私達は1モデルの小さくて精巧な腕時計が007このようなスパイについて極めて重要だと思います。私はまた(まだ)設計中で復古の元素と色の人員の移動指令の腕時計に参加するのが更に現す独特だ提案します。最終、この腕時計はとても斬新な風格が現れます。”

チタン金属は殻の側面とチタン金属の時計の鎖を表して皆入念なのを通って磨き上げます。冠の部分を表して刻むオメガのシンボル的な“Ω”のlogoがあります。

メッシュの時計の鎖は2級のチタン金属を採用して精製してなって、革新によく合う可変のセクションテーブルは差し引きます。

手首は背負ってありの一連で軍用の腕時計のだけあった数字のコードを彫り刻みを説明します。 “0552”は皇室海軍の指定する専用のコードで、“9237697”は潜む水道のメーターの略称です。字母の“A”が代わってねじ込み式が冠の腕時計を表しを指して、“007”となると、もちろんジェームズ・国のドイツのこちらの伝奇的なスパイの専属の通し番号です。最後、数字の“62”は第一部国のドイツの映画の上映する年度を代表しています。 進路(方向)を決めるねじ込み式は表して採用NAIAD LOCK技術を背負って、彫り刻む数字が図案とずっと正しい位置を維持するのを確保します。腕時計の内部はオメガの8806を搭載して臻天文台のチップに着いて、その精密で正確な度は、磁性を防いで全体性能と皆業界のもっと高い標準に達します。スーパーコピーブランド(N級品)

総括します:この全く新しいオメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版がすでに華麗で発売して、今、国内の各大オメガのフラッグシップショップはすでに現物は売って、売価は107万円です。

クラシック手本オメガの全く新しい星座のシリーズの紳士の腕時計

オメガスーパーコピー(OMEGA)の星座のシリーズは1952年の誕生から、正装の機械の表したのを成し遂げたのが永久不変だ。絶え間ない発展の歴史の中で、今日まで、星座のシリーズは第五代を迎えて新しくモデルを表します。 オメガの星座のシリーズは最初1952年に誕生します。大衆の熟知する現代星座の腕時計のシンボル的な風格は1982年の星座の腕時計の設計から源を発します。殻の側面の4個を表して爪、樽形を頼んで殻を表して、殻頂部と底部の半月形の切断面を表しに位置して、1形式の時計の鎖、精致な円形の時計の文字盤はおよび閉じ込めるローマ数字の時間の目盛りなどを表して、これらはすべてすでに星座のシリーズの腕時計のすばらしい標識になりました。(型番:131.53.39.20.02.001)

全く新しい星座のシリーズの紳士の腕時計は黄色の18K金、Sedna® 18K金あるいは、精密な鋼などの材質を採用して製造して、更に精致で優雅な風格を現します。殻を表す直径は39ミリメートルで、26モデルが選ぶことができるのを全部で。殻の直径を表しをなぜ39ミリメートルに設定してか、このサイズはいっそう圧倒的多数の人に適合して、かつ星座のシリーズはずっとクラシックと正装の人となりで知っていて、この大きさの設置の十分なつける者はそれを袖口に押し込みます。

初めの星座のシリーズの腕時計に比較して、新作の腕時計の変化はいくつ(か)以下があります:まず、殻を表して、爪と時計の鎖を頼んで光沢加工が面取りを磨き上げてと処理した後にを通じて(通って)腕時計に更に精致にならせるの。

その次に、小屋を表すのはもっと非常に細くて、改めて設計するローマ数字の目盛りは更に読むのに都合よいです。時計の文字盤の上の情報が印を刻むのも非常にはっきりしていて、爪を頼むのももっと非常に細くて、殻の接続を表しと更に緊密です。6時に設置は期日の表示ウィンドウがあって、腕時計の実用的な性能を増加しました。

白色の時計の文字盤は特殊なしわ処理を経て、その外、ポインターは時間の目盛りと全く新しい設計を行って、その霊感はニューヨークの自由塔の三角形の切断面から源を発します。
 
錐体形は冠を表して更に腕時計の精致な感を現して、そして精密な艶消しを通って彫り刻むオメガの“Ω”の記号があります。

Sedna® 18K金はその他の普通なK金の材質とと違い殻を表して、オメガのブランドの独創する特許技術と材質に参加して、その他のK金いっそう防食に比較して、特殊な光沢も人に一目でそれと市場の上のその他の貴金属を区分することができます。

ボタンの材質を表して依然としてSedna® 18K金を選択して使用して、腕時計のバンドは茶褐色の皮バンドを選択して使用するでした オメガコピーN級品販売の老舗

全く新しい星座のシリーズの腕時計は皆臻天文台まで(に)を通じて(通って)認証して、その精密で正確な度は、磁性と全体性能を防いで業界のもっと高い標準に達しました。ブランドを搭載して自動上弦のチップの8801を自製して、55時間の動力を上回って機能を備蓄するのを持ちます。

総括します:2018年7月からその後買うオメガの腕時計は皆5年のロングの質を獲得して守って、オメガの友達が好きなのにとって疑いをはさむ必要がないのが1つの十分な大の良い情報です。ここ数年来、オメガも製品の上で絶えず古きを退けて新しきを出して、新しい製品それともすばらしい上の新作、ブランドのしたいのは更にいくらでもあって消費者のもっと良い製品にあげます。この全く新しいSedna® 18K金と青皿の腕時計の売価は224万円です。

サザビーズが月に登って50周年のテーマオークションオメガの月が取引価格を作って記録を表します

2019年7月19日、初のオメガ(OMEGA)の腕時計が50周年月に登りためを祝う、サザビーズが1度催してオメガといって“とても奪い取ります:月に往復して、アポロンが11号(日)月の50周年の”のテーマのオークションに登りを祝います。今回合計の49件のオークション品をオークションして、総取引価格は120万ドルまで達します。

今回のオークションしたスターのオークション品は1枚のオメガとてもボスRef.です2915―1“広い矢”の腕時計、これも歴史の上で1つ目がとても型番を奪い取るです。Ref.2915―1の生産サイクルはおよそ1957年~1958年で、持続時間1年だけが多くて、貴重品がめったになくて探しにくくて、そのため収集家の絶大な支持と愛顧を受けます。その時計の文字盤の配置、速度計の目盛りの金属を彫り刻んで小屋を表す、有名なCaliberの321チップ、埋め込みして標識を貼る防護装置の表す冠、オメガがない、および大きい大の“広い矢”の時計の針、すべて後継者の鮮明な特徴と区別があるのです。オメガスーパーコピー

輝点のオークション品
1.オメガとてもボスRef.2915―1“広い矢”のステンレスの時間単位の計算は時計を積み重ねます(40番、取引価格の250、000のドル)
2.オメガとてもボスRef.145.022 AlaskaIII原型のステンレスの時間単位の計算は時計を積み重ねます(17号(日)、取引価格の187、500のドル)
3.オメガとてもボスRef.145.022―69“アポロンの11号(日)”の黄金の時間単位の計算は時計を積み重ねます(13号(日)、取引価格の68、750のドル)

4.オメガとてもボスRef.2915―3ステンレスの時間単位の計算は時計を積み重ねます(30号(日)、取引価格の50、000のドル)

ページ移動

ユーティリティ

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

タグクラウド

ページ

リンク

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2024/05/09 11:16
世界限定モデルを含む最新コレクション「フリーダム60 クロノ 40mm」がデビュー
2024/01/12 11:13
「ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV」
2023/12/11 11:49
ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック
2023/10/31 11:38
2023新作 キングセイコーが紡ぐ洗練された美。KSKのこだわりを受け継いだ新作「SDKA005」「SDKA007」が登場
2023/09/04 09:47
オーデマ ピゲがマシュー・ウィリアムズのブランド「1017 ALYX 9SM」とのコラボレーションモデルを発表
2023/08/14 10:03
ポルシェデザインより911S/Tオーナー向けの腕時計が1,963本のみ限定発売。文字盤は911S/Tのメーターと同じデザイン、ストラップも内装と同一素材を使用
2023/07/15 09:47
ティソ(TISSOT)がカーボンケース採用、カラフルな交換式ブレス採用の魅力的な腕時計「シデラル」を発売。70年代の名作のリバイバル、ちょっと欲しくなってきた
2023/07/01 11:10
CEO交代を控え新作少なめのオーデマピゲ。1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ」オマージュモデルが限定500本にて登場
2023/05/19 10:11
ウブロが新作を大量に発表!得意のセラミックとサファイアクリスタルが充実、まさかの「ネスプレッソとのコラボモデル」に加えオーリンスキー、サンブルー新作も
2023/04/24 15:22
オメガ×スウォッチ、「ムーンスウォッチ ミッション・トゥ・サターン」購入!

新着トラックバック

2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/05/25 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版

Feed