エントリー

新作コレクションスーパーコピー

新作コレクションスーパーコピー「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」が登場!

20190312103315.jpg

オーデマ ピゲは今年、ロイヤル オーク オフショア以来、四半世紀の時を経て新作コレクションの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を発表。

2019年のSIHHで台風の目のなったのが、オーデマ ピゲだ。
 オーデマ・ピゲスーパーコピーは今年、新作コレクションの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を発表。ロイヤル オーク オフショア以来となる新作コレクションという話題性と、SIHHに出展する主なブランドの中で純然たる新作と呼べるのはこのコレクションだけだったので、自然と注目が集まった。
 最近はどのコレクションもマーケティング的な視点から時計にまつわるストーリー性を重視する傾向にあるが、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」もその例外ではない。まずネーミングだが、数字が入るコレクション名からして独特だが、読み方は「コード イレブン・フィフティナイン バイ オーデマ ピゲ」という。そして「CODE」には、以下のパワーワードの頭文字に由来している。

Challenge - 挑戦

Own - 継承

Dare - 追求心

Evolve - 進化

20190312103316.jpg

 さらに「11.59」には、12時の1分前、日付が変わる直前の新しい日が始まるという意味が込められている。「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」のラインナップは、6モデル、13リファレンス。コンテンポラリークラシックという位置付けとなっている。

 まずデザイン面から見ていこう。オーデマ ピゲの時計といえば、ロイヤル オークやミレネリーなど、一度見たら忘れられないケースデザインが特長だが、「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」も斬新だ。正面から見ると何の変哲もない丸型ケースだが、横から見るとわかる3ピース構造の真ん中のミドルケースは八角形に仕上げた。オーデマ ピゲらしい八角形をさりげなく潜り込ませた心憎い演出だ。ケースの上部ピースは、「く」の字になるように細いラグを備えた立体的な構造を持ち、下部の裏蓋のケースと組み合わせることでケース全体を支える仕組みとなっている。ラグ下部の裏蓋ピースと接する箇所は蝋付けされておらず、わずかにすき間をもつような設計がされている。こうしたケースの造形美は、オーデマ ピゲの技術力の高さによるところが大きい。また風防の内側はドーム状になっており、表面は6時から12時位置にかけてカーブし、3時から9時位置にかけてはフラットと複雑な構造で、見る角度によりまったく違う印象を与えてくれる。ダイヤルは8層の美しい光沢を放つ上質なラッカー塗装が施され、高級機にふさわしい質感に仕上げた。これらの特徴はこれからも「CODE 11.59バイ オーデマ ピゲ」に共通したデザインコードになっているだろう。

20190312103317.jpg

 コレクションのラインナップは自動巻き3針、クロノグラフ、パーペチュアルカレンダー、フライング トゥールビヨン、トゥールビヨン、オープンワーク・ミニッツリピーター・スーパーソヌリの6型。そのうち3型に新開発キャリバーが投入された。まず自動巻き3針モデルには新型のCal.4302を搭載。従来のCal.3120よりも10時間長い約70時間パワーリザーブを実現した次世代のエースだ。クロノグラフに搭載されたCal.4401は、モジュール型タイプではなく、オーデマ ピゲの自社開発としては初の一体型クロノグラフキャリバーとなる。またフライング トゥールビヨンモデルにも新キャリバーが搭載されている。いずれも次世代を担う新キャリバーだ。これらを一気に搭載した「CODE 11.59バイ オーデマ ピゲ」コレクションの期待の高さがうかがいしれる。市場でどれだけ受け入れられるかを注視していきたい。

 なお、コレクション全体で生産本数は2000本を予定しており、販売はオーデマ ピゲのブティック限定となっている。https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

ページ移動

  • «
  • 1
  • »

ユーティリティ

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグクラウド

ページ

ユーザー

新着画像

Feed