エントリー

カテゴリー: TAG HEUER

タグ・ホイヤー 新生オータヴィアとモナコ

タグ・ホイヤーコピーには、Carrera、Monaco、Aqua Racerなどの人気コレクションがあります。その中で、変化は着実に増加し、そしてAuttaviaの存在は強化されました。 モデル名Altaviaは、1962年に回転ベゼルを備えた最初のスポーツクロノグラフとして登場しましたが、もともとは1933年に自動車(自動車)と航空宇宙(航空機)の組み合わせによって組み立てられたインストルメントパネル楽器に由来します。その結果、パイロットの時計のDNAは新世代のオルタビアに強く反映され、視認性の高いアラビア数字、頑丈な外装、大きな王冠などを特徴としています。 根元の感触を生み出すデザインとは対照的に、コンテンツは前衛的なカーボンコンポジットのヘアスプリングと「Isograph」と呼ばれるテンワからなるチップバイブレーターを備えています。軽量で密度が低いため、重力や衝撃の影響を受けません。 TAG Heuer Labの実験によると、1メートルの落下試験では、金属製のてんぷばねが曲がっていて、シリコンにひびが入っていて、カーボンコンポジットは無傷です。それはまた完全な磁気抵抗性、最適な温度特性および空力弾性を有し、それを理想的な材料にする。 TAG Heuerでは、3本針の内部移動はありませんので、理想的なてんぷばねが最初にCalibre 5と組み合わされます。将来的には、内部クロノグラフと同位体を組み合わせたモデルがあるでしょう。文字盤はブランドの最初のカラーレベルであり、そしてレトロなデザインもまた非常に人気があります。 モナコも見逃せません。 1969年に、モデルは今年50周年を迎えて、いくつかの自動自動巻きクロノグラフの誕生を担当しました。そこで私たちは10年ごとに50年を分けて順番に時間を反映した限定モデルを発表します。コレクターは1年かもしれません。

タグ・ホイヤースーパーコピーが、新作「カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」を発表

20190319114653.jpg

トゥールビヨンを搭載し、より精度を高めた革新的なウオッチ
タグ・ホイヤーを代表する「カレラ」コレクションに、新作「カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ」が加わった。

ブラックにネオングリーンがスタイリングされたこのモデルには、 時計製造において世界初となるカーボンコンポジット製ヒゲゼンマイを採用した自社製新ムーブメント「キャリバー ホイヤー 02T ナノグラフ」が搭載されている。

軽量で密度が低いカーボンコンポジット製ヒゲゼンマイは、シリコンや金属製の一般的なヒゲゼンマイに比べて重力や衝撃の影響を受けにくく、その逆に、ヒゲ玉と一体化して製造可能という利点が生まれ、精度をさらに高めることに成功。

トゥールビヨンモデルでは非常に珍しく、COSC認定クロノメーターを取得している。

LVMHウォッチメイキングディヴィジョン プレジデント兼タグ・ホイヤー CEOのステファン・ビアンキ氏は「自社の先進技術を盛り込んだこのタグ・ホイヤー カレラの新しい解釈は、 最高級の時計製造という当社が受け継ぐレガシーを強調するとともに、 パフォーマンス、破壊的なイノベーション、アヴァンギャルドという当社の価値観に、 現在も忠実であり続けていることの証明ともなっています」と述べた。オメガスーパーコピー

このモデルは、ウオッチワインダー内蔵の特製ケースに納められ、2019年5月に取り扱い開始予定だ。

20190319114654.jpg

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T トゥールビヨン ナノグラフ Ref.|CAR5A8K.FT6172
ムーブメント|自動巻き(自社製キャリバー ホイヤー 02T ナノグラフ)
パワーリザーブ|約65時間
機能|クロノグラフの時、分カウンター、トゥールビヨン、時、分、秒表示
ケース素材|Ti(ブラックPVD加工)
ケース径|45mm
ストラップ素材|ブラックカーフスキンレザーとラバーストラップ
防水|10気圧
予価|274万5000円(税別)
販売|2019年5月予定

https://www.tagheuer.com/ja-jp

過去と現在をつなぐもの、タグ・ホイヤー「リンクスーパーコピー」の変遷(2/2)

1980年代から90年代にかけて、クォーツウォッチが隆盛を極めていたころ、スイスの伝統的な機械式時計はほぼ休眠状態にあった。1970年代までの頃と比べるとマイルストーンとなるような腕時計はほぼ生まれなかった。しかし常に例外はあるもので、その役割を担ったのが1987年にタグ・ホイヤーによって発表された「S/el(セル)」であり、1999年にタグ・ホイヤー「リンク」として生まれ変わったモデルである。

「リンク キャリバー17 クロノグラフ」

20190307104931.jpg
「リンク キャリバー17 クロノグラフ」。2018年発表。手巻き(Cal.17)。37石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。SS(直径41.0mm)。100m防水。SSブレスレット。48万5000円(税別)。

“Sport elegance”の短縮形「S/el」はタグ・ホイヤーの新しいオーナーシップのもとに発表された新世代の旗艦モデルであり、1990年代からタグ・ホイヤーが発表していく6つのスポーティーな特徴を明らかにすべく存在したものであった。200m防水、ねじ込み式リュウズ、ダブル・セーフティークラスプ付きブレスレット、逆回転防止機能付き回転ベゼル、サファイアクリスタル製風防、蛍光塗料の採用などである。「S/el」は、それらの特徴を具現化し、当時のタグ・ホイヤーのベストセラーとなった。

「S/el」

20190307104932.jpg
「S/el(=“Sport elegance”)」は、リンクコレクションへの布石となった。「S/el」。1992年発表。SS。200m防水。生産終了。

タグ・ホイヤーの2000シリーズを考案し、タグ・ホイヤーのみならず他ブランドのデザインも多く手掛けたデザイナーがエディ・ショッフェルだ。彼が生み出したS/elは独創的で、すぐにそれと判別がつくブレスレットは連結したふたつのS字型のリンクで構成されている。ブレスレットには面取りが施され、なめらかにケースへと連なり、人間工学的に手首になじむ構造となっている。文字盤のデザインやケース形状ではなく、ブレスレットのリンクだけでどのモデルか分かる時計を世に送り出したのはタグ・ホイヤーが初だろう。


「リンク」

20190307104933.jpg
リンクは1990年代、タグ・ホイヤーのベストセラーモデルであった。

1999年、機械式時計の復興の兆しが見えたとき、タグ・ホイヤーはS/elを見直して「リンク」と名付け、そのコレクションの特徴を維持しつつ外観の変更を行った。丸みを帯びたケースとブレスレットのエッジはS/elに比べて少し角張り、メルセデス針はバトン針に替わり、12時・6時・9時位置には大きめのアラビア数字が配された。外周にはバトン型のインデックス、そしてアワーマーカーには蛍光塗料が塗布された。「リンク」はクォーツ式と自動巻き式の展開をし、2001年にLVMH(Moët Hennessy Louis Vuitton)グループに買収される前に発表された最後のモデルとなった。


「S/el」

20190307104934.jpg
ケース一体型のダブルS字型のリンクによって構成されたブレスレット。

リンクコレクションは、2002年からそのモデル名を文字盤に記すようになった。2004年にはより滑らかでフラットなベゼル、さらに細くなった針、2層になった文字盤を採用したクロノグラフモデルが加わり、高級モデルとしてさらなる高みを目指すこととなった。クロノグラフのタキメーター表示は2006年に文字盤から固定式ゼルへと位置を移し、2007年からはシースルーバックを採用。同時に、タグ・ホイヤーはキャリバー16(ETA7750またはセリタSW500)、キャリバー5(ETA2824-2またはセリタSW200)、キャリバー6(ETA2895-2またはセリタSW260-1)などの自動巻きムーブメントの採用を増やしていった。2011年からはクッションシェイプのベゼルや、リュウズとプッシャーのデザイン変更やS字型リンクのスリム化などが図られた。


「リンク レディ」

20190307104935.jpg
リンクの現代的なスタイルでのリバイバルは2016年のリンク レディから始まった。
「リンク レディ」。2016年発表。自動巻き(Cal.5)。37石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径41.0mm)。100m防水。SSブレスレット。68万5000円(税別)。

このような舞台裏で、1963年に最初に発表された同ブランドの「カレラ」は、スポーツウォッチコレクションとして細々と存在し続けていた。しかし、LVMHグループ傘下の新しいリーダーシップのもと、創業一族の子孫であるジャック・ホイヤーが名誉会長として呼び戻されたことで転機が訪れた。彼は、過酷さで知られるロードレース「カレラ・パナメリカーナ」に名前の由来を持つこのモデルを21世紀の主力モデルとしてよみがえらせることに注力した。カレラと同様にブランドのアイコニックモデルである「モナコ」(1969年に華々しく発表された自動巻きクロノグラフ)、前衛的な「ホイヤー01」やコネクテッドウォッチの発表など、タグ・ホイヤーは注目を集め続けた。
 そして、タグ・ホイヤーは、クォーツショックから機械式時計復興までの厳しい時代を牽引してきたリンクも大切にしてきた。2016年、女性向けモデル「リンク レディ」を発表する。これはリンクのケースをより現代的に解釈したもので、丸みを帯びた角を持つクッションシェイプのケースと、そこからわずかにはみ出す大きなベゼルを融合させたものであった。またS字型ブレスレットの接続面を、流線形にしつつエッジを効かせた形状とした。ケースは小ぶりな32mm径で、素材にはステンレススティールのほか、リンクコレクションでは初めてセラミックスを採用。文字盤はブラックのマザー・オブ・パールや、ダイヤモンドがあしらわれたものなど数種類が展開された。

過去と現在をつなぐもの、タグ・ホイヤースーパーコピー「リンク」の変遷(1/2)

 タグ・ホイヤー「リンク」の復活の裏には、セレブリティたちからの後押しもあった。タグ・ホイヤーは2014年よりCEOを務めたジャン-クロード・ビーバーのもと、さらなる認知度を獲得していくこととなる。彼はタグ・ホイヤーのさまざまなモデルを活用した、より若い顧客層へのマーケティングも強化した。
 例えばセレブリティとのパートナーシップの強化が挙げられる。この取り組みによって「リンク レディ」はさまざまなバリエーションを展開しながら人気モデルの地位を確立した。新しく仲間入りした「リンク レディ」は、ブラックのマザー・オブ・パール文字盤に、ローズゴールドのインデックス、48個のダイヤモンドがセットされたベゼルを備えている。

「リンク レディ」

20190307104446.jpg
「リンク レディ」。クォーツ。セラミックス(直径32mm)。100m防水。セラミックス製ブレスレット。55万円(税別)。

2017年には、タグ・ホイヤーはリンク誕生30周年を祝い(S/elの発表である1987年を起点とする)、メンズモデルの新作発表も行った。メンズの「リンク キャリバー5」のブレスレットは「リンク レディ」で採用されたデザインを踏襲し、S字型を2列に並べ、丸みを帯びたフォルムである。ステンレススティールのブレスレットは、サテン仕上げとポリッシュ仕上げの組み合わせとなっており、なめらかにケースと一体化している。ケース径は41mmで、反射防止加工を施したサファイアクリスタル製風防を備えている。ムーブメントは、文字盤とモデル名でも言及しているように自動巻きキャリバー5(ETA2834-2またはセリタSW240)が搭載されており、3針とデイト表示を持つ。このムーブメントはサファイアクリスタル製のシースルーバックから眺めることができる。文字盤のカラーにはシルバープレート、ブラック、そしてサンレイ仕上げのブルーの3種類がある。バトン型のスティール製アワーマーカーと針を備え、いずれもスーパールミノバが塗布されている。12時位置にはタグ・ホイヤーのロゴがアプライドされ、3時位置にはデイト表示が配されている。

「リンク キャリバー5」

20190307104447.jpg
2017年に発表されたメンズモデル「リンク キャリバー5」。自動巻き(Cal.5/ETA2834-2またはセリタSW240)。25または26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径41.0mm)。100m防水。SSブレスレット。32万円(税別)。
 タグ・ホイヤーは、前身のホイヤー社の初期からクロノグラフ製造のエキスパートとして知られていた。現在の機械式クロノグラフ機構にも採用される振動ピニオンは同社の開発である。ジャック・ホイヤーの曽祖父でもあるエドワード・ホイヤーによって1860年に創立されている。リンクのリバイバルにおける次のステップは、すでに決まったようなものであったろう。2018年のバーゼルワールドでは、リンクの新しいコレクションとして、クロノグラフの「キャリバー17」が発表されたのである。これら新作クロノグラフはメンズモデルの「キャリバー5」と同じケースデザイン、ケース径(41mm)を踏襲し、文字盤にはブラックとサンレイ加工を施したブルーの2色が用意されている。古典的な横3つ目のサブダイアルの配置が採用され、3時位置にスモールセコンド、9時位置に60分積算計、6時位置に12時間積算計となっている。サブダイアルには繊細なスネイルモチーフが施され、光を反射しメインダイアルとのコントラストを成している。針とインデックスはロジウムプレート仕上げで、スーパールミノバが塗布されている。4時30分位置にあるのはデイト表示だ。

「リンク キャリバー17 クロノグラフ」

20190307104448.jpg
タグ・ホイヤーのキャリバー17を搭載した「リンク キャリバー17 クロノグラフ」は、クラシックな横3つ目のサブダイヤルを配した文字盤を備えている。自動巻き(Cal.17/ETA2894-2ベース)。37石。2万8800振動。パワーリザーブ約42時間。SS(直径41.0mm)。100m防水。SSブレスレット。48万5000円(税別)。

ページ移動

  • «
  • 1
  • »

ユーティリティ

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグクラウド

ページ

ユーザー

新着画像

Feed