エントリー

「ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV」

  • 2024/01/12 11:13
  • カテゴリー:ROLEX

ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV

気温が下がってもダイバーズウォッチは1年中着用OK。
レザージャケットに合わせれば大人の色気にワイルドさが顔をのぞかせる渋カッコ良いコーデの完成です。

そんなダイバーズウォッチの中でも抜群の知名度を誇る大定番のサブマリーナー。
300m潜水可能な防水性能を持ち、逆回転防止の回転ベゼル・大型のねじ込み式リューズなど、これぞプロフェッショナルモデルといった実力を持つ腕時計です。

その中でもハッと息をのむインパクトのある腕時計が、グリーンのサブマリーナー、116610LVです。

デザインはブラックの物と同じですが、何とも目を惹く鮮やかなグリーン。そしてダイヤルはソリッドカラーだったブラックとは異なり、シャイニーな光を放つサンレイ仕上げとなっています。

グリーンカラーのサブマリーナーは現在までに3種類登場し、こちらのモデルはその2代目。
初代はベゼルのみグリーンで文字盤はブラック、そしてこの2代目でグリーン文字盤に変わり、現行モデルとなる3代目でまだブラック文字盤に戻りました。
その為、3代目登場となるや2代目の人気が急上昇。
今ではすっかり希少プレミアムモデルとなりました。3

そもそも初代のグリーンサブマリーナーとなる16610LVはサブマリーナー誕生50周年を記念して誕生しました。
グリーンはロレックスのコーポレートカラー(その企業を象徴する色)なので、この色での登場はロレックスファンにとって非常にうれしい出来事でした。

カラーウォッチをお持ちでないと「やや着けづらいのでは」と思われるかもしれませんが、実際着けてみると意外と馴染みます。
カジュアルはもちろん、ジャケットスタイルでも差し色的に使え、お洒落です。

何と言っても時計好き・ファッション好きの人からは2度見3度見されること間違いなしのインパクト。
もう生産完了品という優越感にも浸れる1本。まさに宝物と呼びたくなるモデルです。

この他にも当店にはロレックスウォッチの在庫が豊富にございます。
当店在庫の全てのロレックスの時計はこちらからご覧いただけます。
ぜひご覧ください。

 

▼本日ご紹介した商品はこちら

ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、素敵な時計ライフをお楽しみください。

 

ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック

ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック

今年、オールチタンの新作モデルが発表され話題となったヨットマスター。
その誕生は1992年と、ロレックスの中では比較的新しいシリーズです。

当時のスポーツウォッチといえばダイバーズウォッチが主流でしたが、セーリングやクルージングなどの優雅なマリンスポーツを行う人々をターゲットとし発表されたモデルで、スポーツウォッチとしての機能性が高いながらも高級感溢れるデザインが魅力となっています。

元は富裕層をターゲットにしていたため金無垢のみのラインナップでしたが、その後ステンレススティール×ゴールドやステンレススティール×プラチナなどのコンビモデルが登場したことでヨットマスターの人気をさらに高めることとなりました。

今回ご紹介するモデルはエバーローズゴールドの無垢モデルかつ夏らしいラバーベルトを備えた、よりスポーティでラグジュアリーな特別感があります。

エバーローズゴールドとは、ロレックスが開発した独自素材です。
ピンクゴールドの経年による変色が起こりやすいというデメリットを改良した素材であり、銅にプラスしてプラチナを加えることで変色への耐性が高められています。

プラチナが加わることで赤みも抑えられ、より上品で優しさのある色味となっています。

機能としては、セーリングでの時間のチェックや海上での移動の際にブイ間を計測することを目的として両方向回転ベゼルが採用されており、防水性能は100mと日常生活では問題なくご着用いただけます。

キズが付きづらいセラミック製のブラックベゼルとエバーローズゴールドの組み合わせには、大人の高級感を感じます。

ベルト部分にはクッション性の高いオイスターフレックスブレスレットを採用。
今ではロレックスの無垢モデルによく見られるオイスターフレックスですが、Ref.126655の前モデルであるRef.116655にて初めて採用されました。

見た目では一般的なラバーベルトに見えますが、中に金属が入っているため「ブレスレット」という名称となっています。

中の金属は、非常に柔らかいチタン・ニッケルの合金製で、外のラバーは耐久性に優れる人口ラバーのため、メタルブレスに匹敵する堅牢性を備えつつラバーベルトの快適性も併せ持つハイブリッドなブレスレットとなっています。

バックルの部分にはグライドロックエクステンションシステムが採用され、サイズ調整も手軽に行えるところも魅力的です。

Ref.116655とRef.126655はキャリバーが3235へと変更されましたが、デザインに大きな変更はありません。

わずかな違いとしては、文字盤6時位置の「SWISS MADE」の間に王冠マークが印字されるようになりました。

<Ref.116655(SOLD OUT)>

<Ref.126655>

サイズは40mmと程よいサイズ感です。

 

▼ 今回ご紹介した腕時計はこちら

 

ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック

 

❥(^_-)各種時計、バッグ、アクセサリーはこちらです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
それでは、素敵な時計ライフをお過ごしください。

 

 

 

2023新作 キングセイコーが紡ぐ洗練された美。KSKのこだわりを受け継いだ新作「SDKA005」「SDKA007」が登場

  • 2023/10/31 11:38

スーパーコピーブランドセイコーウオッチ株式会社が、2023年の新作としてキングセイコーより、1965年に誕生した2代目キングセイコー “KSK”の洗練されたデザインを受け継ぎ、薄型自動巻ムーブメントの「キャリバー6L35」をレギュラーモデルで初めて搭載した新作2種を発売しました。希望小売価格は418,000円(税込)で、2023年7月8日(土)発売予定です。

スーパーコピー 代引き

2代目キングセイコー “KSK”の洗練された美を受け継ぐ、エレガントなデザイン  ベースモデルである2代目キングセイコー “KSK”は、 ・無駄のないダイヤルレイアウト ・エッジを際立たせたシャープなケーススタイリング ・ボックス形状のガラス など、キングセイコーデザインのオリジナリティを確立したモデルです。ブランド復活を果たした2022年以降のキングセイコーは、シャープかつクラシックなデザインを現代的に表現したモデルを生み出してきました。  本作は、堂々とした太く長い3面カットの時分針を採用することで、視認性と高級感をさらに高めています。大胆な多面カットが施されたケースは、鏡面仕上げとヘアライン仕上げを組み合わせ、オリジナルモデルのデザインを踏襲しながらも、現代的なスタイリングに進化させています。  ダイヤルカラーは2種類が用意されています。シルバーモデルは、ダイヤルにさらに繊細な放射模様が施され、“KSK”のオリジナルモデルがもつ滑らかで上品な質感を表現。また、エッジを際立たせた、シャープな造形のケースデザインと調和するように開発された新色として、奥行きのあるブラックを採用することで、手元に洗練された印象を与えます。

オリジナルモデルよりも薄く、快適な装着感を実現 “KSK”のオリジナルモデルに搭載されたムーブメントは手巻式でしたが、本作では、セイコーの現行機種において最も薄い自動巻キャリバー6L35を搭載し、ケース構造と風防を改良することによって、2代目キングセイコー “KSK”のオリジナルモデルよりもさらに0.2mmの薄型化を実現しました。  そしてこれまでのレギュラーモデルと同様、フラットな多列ブレスレットを採用することでより快適な装着感を提供するとともに、現在発売されている10種類のキングセイコー専用レザーストラップと自由に組み合わせをお楽しみいただけます。 キングセイコー Ref:SDKA005 ケース径:38.6mm(りゅうず含まず) ケース厚:10.7mm ケース素材:ステンレススチール 防水性:日常生活用強化防水(5気圧) ブレスレット:ステンレススチール ムーブメント:自動巻(手巻つき)、Cal.6L35、平均日差+15秒~-10秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)、約45時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、26石 仕様:時・分・秒・日付表示、秒針停止機能、シルバーダイヤル、ボックス型サファイアガラス(内面無反射コーティング) 限定:セイコーウォッチサロン限定 価格:418,000円(税込) 発売予定:2023年7月8日(土) KING SEIKO(キングセイコー) 2023新作 キングセイコーが紡ぐ洗練された美。KSKのこだわりを受け継いだ新作「SDKA005」「SDKA007」が登場 キングセイコー Ref:SDKA007 ケース径:38.6mm(りゅうず含まず) ケース厚:10.7mm ケース素材:ステンレススチール 防水性:日常生活用強化防水(5気圧) ブレスレット:ステンレススチール ムーブメント:自動巻(手巻つき)、Cal.6L35、平均日差+15秒~-10秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)、約45時間パワーリザーブ、毎時28,800振動、26石 仕様:時・分・秒・日付表示、秒針停止機能、ブラックダイヤル、ボックス型サファイアガラス(内面無反射コーティング) 限定:セイコーウォッチサロン限定 価格:418,000円(税込) 発売予定:2023年7月8日(土)

 

https://www.jpan007.com/

オーデマ ピゲがマシュー・ウィリアムズのブランド「1017 ALYX 9SM」とのコラボレーションモデルを発表

オーデマ ピゲは、ブランド「1017 ALYX 9SM」の創設者であるアメリカのデザイナー、マシュー・ウィリアムズとのコラボレーションを発表した。この機会を祝し、新しいロイヤル オークとロイヤル オーク オフショアの 4モデル、さらにロイヤル オークのユニークピースが同時に発表された。これらのモデルはマニュファクチュールならではの美学にデザイナーの洗練されたタッチが加わったもので、2つのブランドが共にデザインしたモダンなコレクションは、個性を表現し、都会的なファッションを愛する人々に向けて届けられる。

 

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-16.html オーデマピゲ スーパーコピー

 

2つの世界が交わるコラボレーション

 オーデマ ピゲと 2015年創業のファッションブランド「1017 ALYX 9SM」との新しいコラボレーションは、ファッションをはじめクリエイティブな異分野との絆を深めてきたマニュファクチールの最新の成果だ。このシカゴ出身のデザイナーはクオリティが高く、革新的でテクニカルな素材を使い、サプライズに満ちた衝撃的なクリエイションを生み出している。どちらのブランドも前衛的なスピリットを持ち、ディテールと熟練への情熱を分かち合っている。さらにサスティナブルな発展を考慮したアプローチをとっていることも共通している。

モダンで洗練されたデザイン

 マシュー・ウィリアムズは、時計はそれを着けている人を表すと思っている。このコラボレーションにおいて、マニュファクチュールとデザイナーが開発したコレクションは、ミニマルデザインで 37ミリから 42ミリまで数サイズが揃えられた。都会的なファッションとオートオルロジュリーの世界をつなぐ橋となり、着ける方の人柄が現れるタイムピースとなるだろう。

 18Kイエローゴールドまたはホワイトゴールドの 4モデルのうちロイヤル オークが 2モデル、ロイヤル オーク オフショアが 2モデルで、数サイズが揃っている。同じデザインが 2つのコレクションで同時に展開されるのは今回が初めてだ。できるだけクリーンで純粋なデザインを求めるマシュー・ウィリアムズとオーデマ ピゲは、ダイヤルもシンプルにした。ロイヤル オーク モデルではアワーマーカーとデイトをなくし、ヘアライン仕上げのゴールドダイヤルが特徴的である。

ロイヤル オーク オートマティック / 37 mm

ロイヤル オーク オートマティック / 37 mm
自動巻き(Cal.5909)。フライバッククロノグラフ。29石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。18KYG(直径37mm、厚さ9.1mm)。50m防水。913万円。世界限定194本。ブティック限定。

 ロイヤル オークの 2モデルは 18Kイエローゴールドで、1つは時、分、秒を表示する 37 mmの自動巻き、細めの手首にぴったりだ。ミニマルなデザインのダイヤルには蓄光処理を施したイエローゴールドの針、“Audemars Piguet”と“1017 ALYX 9SM”のシグネチャーロゴが輝やく。前者はゴールドのアプライドロゴ、後者はトランスファー印刷だ。もう 1つは 41 mm の自動巻きクロノグラフ。究極のミニマリズムに徹したダイヤルはクロノグラフカウンターさえもなくし、3時、6時、9時位置に針だけが回転している。このロイヤル オークの 2つのリファレンスは限定モデルとなる。

ロイヤル オーク クロノグラフ / 41 mm

ロイヤル オーク クロノグラフ / 41 mm
自動巻き(Cal.4409)。40石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。18KYG(直径41mm、厚さ12.4mm)。50m防水。価格は要問合せ。世界限定202本。ブティック限定。

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ / 42 mm

 

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ / 42 mm
自動巻き(Cal.4404)。フライバッククロノグラフ。40石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。18KWG(直径42mm、厚さ15.2mm)。100m防水。インターチェンジャブルストラップシステム。ブラックラバーインターチェンジャブルストラップが追加で付属。価格は要問合せ。世界限定76本。ブティック限定。

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ / 42 mm

 

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ / 42 mm
自動巻き(Cal.4404)。フライバッククロノグラフ。40石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。18KWG(直径42mm、厚さ15.2mm)。100m防水。インターチェンジャブルストラップシステム。ブラックラバーインターチェンジャブルストラップが追加で付属。価格は要問合せ。世界限定76本。ブティック限定。

 2つのロイヤル オーク オフショアモデルも同じテーマとスタイルで、ダイヤルは必要最低限の要素だけに絞られている。ロイヤル オーク オフショア コレクションの象徴でもあるデイト表示だけが、3時位置に APモノグラムロゴの横に残された。一方、“1017 ALYX 9SM”のシグネチャーロゴは 6時位置に配された。6時、9時、12時位置のクロノグラフカウンターもなくなり、針だけが残って回転するが、これは同社のクロノグラフでは初めてのことである。42 mmの限定モデルは 18Kホワイトゴールドまたはイエローゴールドで、落ち着きのなかにもまばゆい輝きを放つデザインとなっている。マニュファクチュールのインターチェンジャブルストラップシステムを備えたこれらのモデルには、より強いコントラストを演出するブラックラバーストラップが追加で付属する。

 この 4モデルはマニュファクチュールの象徴でもある洗練されたポリッシュとサテン仕上げの使いわけにより、光を美しくとらえて輝やく。ケースバックには“Limited Edition”とエングレービングされている。

最新世代の 3つのムーブメントと特製のローター

 この 4つのロイヤル オーククロノグラフとロイヤル オーク オフショア クロノグラフは異なった最新世代のムーブメントを搭載している。
 37 mmのロイヤル オーク自動巻きモデルには 2022年に投入されたキャリバー 5909を搭載。このムーブメントは厚さわずか 4ミリで、振動は 4 Hz(28,000振動/時)、パワーリザーブは約 60時間だ。

キャリバー 5909
自動巻き。29石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。外径26.2 mm (11½ リーニュ)、厚さ4mm。部品点数186。© オーデマ ピゲ提供。

 41 mmのロイヤル オーク クロノグラフは最新の自動巻き一体型クロノグラフムーブメント、キャリバー 4409を搭載。デイト表示をなくしたこの自動巻きムーブメントは軸歯車とフライバック機能を備え、ストップやリセットをせずに直接クロノグラフを再スタートさせることができる。さらに垂直クラッチシステムにより、クロノグラフのスタート、ストップ時に針飛びが起こらない。特許取得のリセットメカニズムによりカウンターの針は瞬時に初期位置に戻り着く。振動数は 4 Hz(28,000振動/時)、パワーリザーブは約70時間だ。

キャリバー 4409
自動巻き。40石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。外径32 mm (14 リーニュ)、厚さ6.9mm。部品点数381。© オーデマ ピゲ提供。

 2つのロイヤル オーク オフショアモデルはキャリバー 4404を搭載し、一体型クロノグラフとフライバック機能を備えている。このムーブメントはキャリバー 4409と同じ機能だがやや厚く、ロイヤル オーク オフショアの大きめのケースにぴったり適応している。

キャリバー 4404
自動巻き。40石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。外径32 mm (14 リーニュ)、厚さ8mm。部品点数433。© オーデマ ピゲ提供。

キャリバー 4404
自動巻き。40石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。外径32 mm (14 リーニュ)、厚さ8mm。部品点数433。© オーデマ ピゲ提供。

 各モデルはサファイアクリスタル ケースバックを通して、この限定モデルのため特別に開発されたローターを見ることができる。ローターは 22Kイエローゴールドまたはホワイトゴールドで、“1017 ALYX 9SM”のシグネチャーロゴがエングレービングされているのに加え、マシュー・ウィリアムズのベルトのバックル同様にテクニカルリファレンスであるニュートンのミリメーターとローターの重さが記されている。さらにコート・ド・ジュネーブ、サーキュラーグレイン、サンレイ、サテン、ポリッシュ面取りなどの洗練された装飾に包まれている。

恵まれない子供たちを支援するユニークピース

ロイヤル オーク クロノグラフ / 41 mm(26240SA.OO.1320SA.01)
自動巻き(Cal.4409)。40石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。SS ✕ 18KYG(直径41mm、厚さ12.4mm)。50m防水。価格は要問合せ。世界限定1本。

 オーデマ ピゲ ブティックで販売されるこれらの 4モデルに加え、デザイナーとマニュファクチュールはロイヤル オーク クロノグラフのユニークピースを制作した。これは 41 mm、18Kイエローゴールドとステンレススティールのバイカラーケースにブレスレットの組み合わせだ。素材の組み合わせに加え、縦サテン仕上げを施したブラック PVD加工のゴールドダイヤルによりコントラストを演出。ダイヤルには 2つのブランドのシグネチャーロゴと、イエローゴールドのクロノグラフ針が輝く。センターのイエローゴールドの 3本の針は蓄光処理を施し、暗闇でも読み取りやすいデザインで、キャリバー 4409を搭載し、最新テクノロジーをコンテンポラリーなデザイン感で包んでいる。

1017 ALYX 9SMについて

 1017 ALYX 9SM は時代の潮流を踏まえて作られた財団である。マシュー・ウィリアムズがデザインするブランドの製品は、高品質の素材、反体制的カルチャーとモダンなクラフツマンシップを組み合わせている。ニューヨークでブランドを立ち上げた後イタリアに移ったマシューは、カリフォルニアとニューヨークで育ったバックグラウンドをもとに、ディテール、革新、新しいアイデアへのこだわりを実現している。クラフツマンシップ、技術、持続可能な製造を目指す彼のブランドは、感動を伴うユニークな技術革新を盛り込んだメンズとレディースのコレクションを展開している。— www.alyxstudio.com

ロイヤルオーク✕マシュー・ウィリアムズ

 

 

ポルシェデザインより911S/Tオーナー向けの腕時計が1,963本のみ限定発売。文字盤は911S/Tのメーターと同じデザイン、ストラップも内装と同一素材を使用

 

https://www.aimaye.com/スーパーコピー 代引き専門店

ポルシェはクルマと時計を同じグループ内で製造する唯一の自動車メーカー

さて、ここ最近のポルシェでは「限定モデルが発売される都度、そのオーナー向けの腕時計も当時にリリースされる」のが常になっていて、今回は史上もっとも高価な911である911S/Tの(わずか1,963人の)オーナーに向けた「クロノグラフ1-911 S/T」が発表されることに。

ちなみにポルシェの腕時計はポルシェデザインが手掛けており、そしてポルシェデザインは腕時計製造部門を内包しているため「ポルシェは自社で腕時計を製造している」ということにもなりますが、これは自動車業界では唯一の例だと言われます。

今回の「ポルシェデザイン クロノグラフ1-911 S/T」は珠玉の美しさを誇る

そして今回リリースされた一連のオフィシャルフォトを見てみると、この「クロノグラフ1-911 S/T」が非常に美しいデザインを持っていることがわかり、そのデザインイメージは911S/Tに用意されるオプション「ヘリテージ・デザイン・パッケージ」だと思われます。

よって、その内装に使用される「コニャック」レザーと同じ素材をストラップに採用していますが(おそらくは交換用として別のストラップも付属しているものと思われる)、ポルシェデザインの腕時計にしては珍しく「ホール」が穿たれることとなっています(かつてのモータースポーツ用腕時計の多くのストラップはこういった仕様であった)。

なお、こういった”対象となるクルマに”マッチする素材を腕時計にも採用するというのは(同じ会社で腕時計とクルマを製造する)ポルシェならではの特徴でもあり、ストラップ素材の他には文字盤素材やペイント等にも共通性をもたせることがあるようですね。

今回の「ポルシェデザイン クロノグラフ1-911 S/T」は、1960年代〜1970年代はじめの911に用いられた計器類を意識したデザイン、そしてもちろん現代の911S/Tのメーターとシンクロするデザインを持ちますが、ポルシェデザインの(1972年の)初仕事であった「クロノグラフ1」もまた当時の911のメーターを再現した仕様を持っており、様々な意味において今回の限定ウォッチは「特別な存在」であると言えるのかも。

「ポルシェデザイン クロノグラフ1-911 S/T」はこんな仕様を持っている

このポルシェデザイン クロノグラフ1-911 S/Tのケースはチタン製、そしてサンドブラスト加工を施したままの「地金」仕様。

ベゼルはブラック、そして文字盤には夜光グリーンのアラビア数字が配され(これはけっこう雰囲気が出ると思う)、ミニッツスケール、サブダイヤル、デイデイト コンプリケーションを表示します。

一方、シースルー仕様のケースバックからは、ポルシェ911 S/Tに採用されるYスポークマグネシウムホイールのデザインを模した巻き上げ用ローター(ホイール同様にホワイトにペイントされている)を見ることも可能です。

なお、ムーブメントはWERK 01.240で、パワーリザーブは48時間、そしてCOSCクロノメーター認定を取得済み。

価格は13,500ドル(現在の為替レートで約192万円)に設定されており、限定本数は911S/Tと同じ1,963本。

ただし911S/Tのオーナーすべてがこの腕時計を購入するわけではなく、その場合は「限定本数よりも生産本数が少なくなる」のかもしれませんね。

 

https://www.aimaye.com/スーパーコピー 代引き専門店

 

ティソ(TISSOT)がカーボンケース採用、カラフルな交換式ブレス採用の魅力的な腕時計「シデラル」を発売。70年代の名作のリバイバル、ちょっと欲しくなってきた

ケース形状、そしてドーム型風防もなかなかに個性的

さて、ちょっと前にはアルピーヌとのコラボウォッチを発売していたティソ(TISSOT)。

https://www.aimaye.com/スーパーコピー 代引き専門店


1853年創業という古い歴史を持ち、高品質な腕時計を比較的求めやすい価格にて提供することで知られます。

ちなみにぼくは高校生の頃にティソやオリス(ORIS)を何本か購入したことがありますが、その当時は「1万円台」でも購入できたものの、現在だともっとも安価なティソの腕時計は6万円くらいなので、「インフレとは恐ろしいものだ」という現実を改めて突きつけられます。

なお、ぼくがティソの腕時計を取り上げることは極めて稀ですが、ここで紹介するのは「単に興味を惹かれたから」。

その理由としては「カーボン製ケース」「カラフルな文字盤やラバーストラップ」といった要素であり、見ての通りケースはフォージドカーボン仕上げ。

ケース径は41ミリという使いやすいサイジングで、ちょっと個性的な「クッション型テーパード」。※カドが立っていないのでさらに身につけやすそう

カラー展開は「イエロー(T145.407.97.057.00)」「レッド(T145.407.97.057.02)」「ブルー(T145.407.97.057.01)」の3種類で、画像を見る限りではブルーのみがそのケースに「ブルーマーブル(カーボン)」を採用しているようですね。

ちなみに価格はすべて144,100円に設定されています。

風防はドーム状のサファイアクリスタル、そしてケースバックはシースルーという「トレンドを押さえた」、かつ「コストパフォーマンスの高い仕様」を持っていて、現在ティソの中では唯一「欲しい」と思える一本です。

なお、「パワーマティック80」が搭載されており、これは文字通り80時間のパワーリザーブを誇る高性能ムーブメント。

シデラルと同様に「カーボンケース+ラバーストラップ、デザイン特化型」を持つ腕時計としてはゴリラウォッチが存在しますが(ベースモデルだと、このシデラルと価格帯が近い)、このシデラルはゴリラウォッチの持つ「アルマイト」「チタン」を持たない代わりに、「高性能ムーブメント」という武器を保有しているということになりますね(ゴリラウォッチのベースモデルに採用されるムーブメントとはミヨタ製である)。

さらにシデラルでは「インターチェンジャブル」ストラップを採用し、グリーン、オレンジ、ブラックがオプションとして販売されるので、自分のクルマやバイクにカラーを合わせてみてもいいかもしれません。

なお、オリジナルのシデラル(1969年発売)は、当時としては(今でも)かなり珍しいグラスファイバー製のケースを持つ軽量なタフネスウォッチだったそうですが、1971年にはイエローのラバーブレスを持つ(この時代にその仕様というのは特筆に値する)シデラルSが発売されており、今回の”ニュー”シデラルはその正常進化版、かつ現代ならではの素材やデザイン、要素を備える腕時計だと言えそうです。

最近は物騒な世の中になってきたので高級機械式腕時計を身につけておちおち外出できないような状況となっていますが、そこで注目されるのがこういった「個性的な、安っぽさを感じさせない」腕時計。

セカンドウォッチ、リゾートウォッチと呼ばれることも多く、ティソが公開したプロモーション動画が示す通り、リゾート地にて活躍しそうなシリーズでもありますね。

CEO交代を控え新作少なめのオーデマピゲ。1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ」オマージュモデルが限定500本にて登場

  • 2023/07/01 11:10
  • カテゴリー:ROLEXOMEGA

 

今のところ新作は少なめ、大きな変化はないようだが

さて、オーデマピゲでは2024年1月から新CEOとしてイラリア・レスタ氏が就任することになりますが、同氏は化粧品業界の出身であり「腕時計畑とは無縁の人物」という異例の抜擢です。スーパーコピー 時計、ブランド 時計 コピー 代金引換専門店。

基本的に腕時計業界は非常に保守的なので、多くのブランドでは技術的にも腕時計に明るい人物をCEOに据えることが多い中、これはひとつの大きなチャレンジであり、オーデマピゲが変わろうとしている姿勢の現れなのかもしれません(プロダクトよりもエクスペリエンスを重視する、ということなのだと思う)。

ただ、現CEOであるフランソワ-アンリ・ベナミアス氏もオーデマピゲを大きく変革し成長させた人物であり、25年ぶりのニューモデル「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」を発表したり、そのほかにもロイヤルオーク オフショアシリーズのモデルチェンジ、そしてヒップホップなどストリートカルチャーとのコラボレーション、スパイダーマンやブラックパンサーなどマーベルコミックとのタイアップによって客層を幅広く開拓しています(ただ、このコラボは同氏の個人的な興味が発端だったというので、新CEOのもとでは行われない可能性が高い)。

オーデマピゲの「新製品攻勢」はちょっと落ち着く

そしてCEO交代を控えていたからなのか、はたまたロイヤルオークの周年記念モデルの大量攻勢があったためか、ここ最近では少し新作の量が減っていて、ここ最近登場したのは(ロイヤルオーク・オフショアクロノグラフだと)このRef. 26420CE.OO.A005VE.01(7,480,000円)くらい。

7

 

ちなみにこのモデルは1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ (ref. 25770SN)」へのトリビュートだとされ(バンブルビー=26176FO.OO.D101CR.02にもよく似ている)、世界限定500本のみという希少モデルです。

6

 

ケースは43ミリのセラミック、ボタンガードやリンク、ケースバックはチタン製。

ベゼルもセラミックなのであまり傷を気にしなくてもいいのが嬉しいですね。

3

 

ダイヤルはもちろん「メガ タペストリー(ブラック)」、カウンターと外周リングもブラック、反面アプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針の蓄光、インナーベゼルの文字はイエローです(針がブラック仕上げなのは珍しい)。

2

 

ストラップはカーフにクロス、そしてイエローのステッチ入り(クイックリリース採用)。

交換用としてイエローのカーフスキンベルトが付属する、とのこと。

4

 

ムーブメントはキャリバー4401、パワーリザーブは70時間。

1

 

新CEO就任まではあまり多くのモデルを期待できないかとは思いますが、2024年以降は新しい方向性が打ち出されると考えてよく、そこからの新作ラッシュに期待したいとことろですね。

 

 

ウブロが新作を大量に発表!得意のセラミックとサファイアクリスタルが充実、まさかの「ネスプレッソとのコラボモデル」に加えオーリンスキー、サンブルー新作も

  • 2023/05/19 10:11
  • カテゴリー:ROLEX
 

| ウブロは生産能力を増強し、今後はさらなる拡大戦略を突き進む |

 

おそらくは1モデルあたりの生産量を抑え、モデル数を増やす方向へ動くものと思われる

さて、ウブロが新作腕時計を大量に発表。ロレックス スーパーコピー 時計、


ウブロは賛否両論あるブランドではあるものの、ここ最近では以前ほどネガティブなイメージが薄くなり、その先進的な取り組みや技術が高く評価されるようになってきたと思います。

ちなみにぼくはウブロ愛好家といっていい部類に属するかと思いますが、その理由は単に「身につけていて楽しいから」。

以下に機能や性能が優れている腕時計であっても「身につけていて楽しくない」「気分がアガらない」腕時計ブランドも意外と多く、しかしウブロの場合だとどんな腕時計でもけっこう楽しく身につけることができ、それがぼくがウブロを好むいちばんの理由です。

ウブロは直近でこんな腕時計を発売している

そこで今回、ウブロが直近で発売した腕時計をざっと見てみたいと思いますが、まずこちらは「ウニコ ネスプレッソ オリジン(3,091,000円)」。

限定200本、文字通りあの「ネスプレッソ」とのコラボモデルです。

なお、どこがコラボなのかというと、それはラバーストラップと替えベルト(ベルクロストラップ)で、これは使用済みカプセルをリサイクルしたものなのだそう。

big-bang-unico-nespresso-origin-lifestyle-front

 

そして次は「ウニコ スカイブルー(3,047,000円)。

ケース素材はセラミックですが、異なる素材を使用したストラップ、そして文字盤のダイヤルまで「カラーがマッチ」しており、異素材で色を揃えるのはけっこう難しいものの、ウブロではそこを完璧にこなしているわけですね。

こちらは非限定、つまり定番のようで、昨年に発売されたオーリンスキーとのコラボモデル(ブルー)を買えなかったぼくとしては「ちょっと気になる」一本です。

big-bang-unico-sky-blue-42-mm-lifestyle-shot

 

こちらは「インテグレーテッド トゥールビヨン フルカーボン(16,181,000円)。

こちらは50本に生産が限定されており、ケースやベルトのほとんどがカーボンファイバーにて構成されているということもあり、驚くほど軽い(これは実機を触ってきた)一本です。

BIC50D_1

 

カラーサファイアケースを使用した「インテグレーテッド トゥールビヨン フルブルーサファイア(67,397,000円、10本限定)」。

ウブロはサファイアクリスタルケースの製造・加工に関しては第一人者と言ってよく、最近ルイ・ヴィトンが発売したサファイアクリスタルケースもウブロの供給なのでは、と考えています(両者とも同じLVMHグループに属する)。

BIBECD~1_0

 

クラシック・フュージョンの新作としてはまず「クロノグラフ UEFA ヨーロッパリーグ セラミック(1,749,000円)。

100本の限定生産となっていますが、限定モデル、かつセラミックケースでこの価格というのは「お値打ち品」かもしれません。

Classic-Fusion-Chronograph-UEFA-Europa-League-Ceramic-lifestyle-shot

 

そしてオーリンスキーとの最新コラボモデル「クロノグラフ オーリンスキー チタニウム(1,881,000円)。

500本のみの限定シリーズで、チタンベルト採用モデル(2,332,000円)も発売されています。

Classic-Fusion-Chronograph-Orlinski-Titanium-41-mm-LF

 

こちらは新シリーズ「スクエア・バン」からウニコ ホワイトセラミック(3,366,000円)。

スクエアケース採用ながらもケースバックがカーブすることで腕にフィットしやすくなっています。

Square-Bang-Unico-White-Ceramic-42mm-lifesyle-shot-2

 

「スクエア・バン ウニコ サファイア(12,133,000円)。

サファイアクリスタル採用でこの価格であればけっこう安い部類かもしれません。

Square-Bang-Unico-Sapphire-42mm-lifestyle-shot

 

「スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー オールブラック(3,905,000円)」。

サンブルー”第三弾”となっており、今回はトノー型の「スピリット オブ ビッグ・バン」をベースにしていますが、これまでのサンブルー同様、ほぼ別の腕時計と言えるまでに再デザインされています。

こちらの素材はセラミック、そして限定生産本数は200本。

SPIRIT_1

 

スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー チタニウム(3,630,000円)。

やはり200本の限定生産となります。

Spirit-Of-Big-Bang-Sang-Bleu-Titanium-lifestyle-shot

 

スピリット オブ ビッグ・バン サンブルー キングゴールド(6,457,000円)。

こちらはちょっと少なめの100本限定。

Spirit-Of-Big-Bang-Sang-Bleu-III-King-Gold-lifestyle-shot

 

スピリット オブ ビッグ・バン イエローマジック(4,444,000円)。

こちらも200本限定となっており、ケース素材はセラミック。

(小さい方の)42ミリなので、腕への馴染みは良い方だと思います(こちらもケースバックがカーブしている)。

Spirit-of-Big-Bang-Yellow-Magic-42-mm-lifestyle-shot
 
https://www.aimaye.com/
 

オメガ×スウォッチ、「ムーンスウォッチ ミッション・トゥ・サターン」購入!

  • 2023/04/24 15:22
  • カテゴリー:OMEGA
 

| 以前に比べるとずいぶん買いやすくなってきたが、それでも一部モデルはまだまだ手に入りにくい |

コンプリートへの道のりは険しいが、地道に頑張ろうと思う

さて、オメガ×スウォッチ「ムーンスウォッチ」、ミッション・トゥ・サターンを購入したのでざっと紹介したいと思います。

現在ぼくはムーンスウォッチ全モデルコンプリートに向けて動いているところですが、少しづつではあるもののその目標の達成に向かって進んでいるということに。

この「Mission To Saturn」は文字盤の6時位置に土星の輪を表現したモデルであり、シリーズ中屈指の人気を誇るとされる一本でもありますね。

ムーンスウォッチ ミッション・トゥ・サターンはこんな仕様を持っている

そこでこのミッション・トゥ・サターンを見てみたいと思いますが、全体的なカラーリングは「ベージュとブラウン」。

L1000654

 

ストラップはサテン調のブラウン、そしてタキメーターベゼルもブラウンです。

L1000655

 

裏面にも「MISSION TO SATURN」文字、そして電池のフタには土星の柄。

L1000657

 

ストラップには「Speedmaster」「MOONSWATCH」の文字も。

L1000659

 

ケース形状は完全にスピードマスター。

ドーム状の風防やタキメーターベゼルの形状、ラグの形状など「完全に再現している」といっていいかもしれません。

なお、リューズにはオメガのマーク、そしてスウォッチのマーク両方が刻印されています。

L1000658

 

一部否定派も見られますが、ぼくとしては「身に付けていて楽しい腕時計」だと考えており、この価格でこの腕時計が購入できるのであれば「かなりいい体験」だとも考えています。

つまり、このムーンスウォッチはもっと高くてもいいくらいで、むしろ安すぎると考えているくらい。

もしかするとスウォッチはスピードマスターとのコラボレーションをさらに進め、どこかで値上げしてくるかもしれませんね(もしかするとシーマスターとのコラボモデルも出してくるかもしれない)。

L1000664

 

ちなみにミッション・トゥ・ジュピターと比較するとこんな感じ。

ケースや文字盤のカラーはミッション・トゥ・ジュピターのほうが一段明るいといった印象です。

L1000674

https://www.aimaye.com/

ロレックスが2020年1月からガツンと値上げ!デイトナは+7.8万円、エクスプローラーは価格据え置きのため「廃版」とのウワサも

  • 2023/04/07 10:23
  • カテゴリー:ROLEX
 
 

| ロレックスは中古相場に応じた価格改定を行ってくる傾向がある |

 

さて、消費税増税に伴い2019年10月1日に値上げを行ったロレックスですが、なんと2020年1月1日からまた値上げ。
しかも今回は3%~7%くらいの値上げを行うことになり、当然ながらこれにつられて中古相場も上がることになりそう。

なお、ロレックスが値上げを行う理由としては、当然ですが「利益を取りたいから」。
ただし、一般的には利益を得るために値上げしてしまうと「売れなくなる」危険性があり、よっていずれのブランドも「値上げしても売れる」下地を作る必要があるわけですね。

 

どうすればモノは高く売れるのか

その下地とはつまり「高くても買いたくなる」理由。
この理由もブランドによって様々で、たとえば「自分のあこがれの有名人が持っているから」というのもそのひとつ。
ウブロやリシャール・ミルは「アンバサダー」を活用し、新しいブランドながらも「セレブが身につける腕時計」という印象を演出することによって高い価格設定を可能としているわけです(これだけが理由ではなく、製品自体にも価格を正当化できるだけの排他性をもたせている)。

ただ、ロレックスの場合はそういった「アンバサダー」を活用する例は稀で、ウブロ、リシャール・ミル、オメガ、タグ・ホイヤー、ロジェ・デュブイ等のように個人や他企業との”パートナーシップ”契約を結ぶことも非常に少なく、ほかの腕時計メゾンとは別の「価格向上政策」を採用しているようです。

なぜデイトナは高額で取引されるのか

そしてロレックスが採用した手法は「中古相場の高値維持」。
現在ロレックスのスポーツモデルはもれなく「定価を超えた」中古相場を形成していて、定価ではまず買えないわけですね。
これを実現したのは様々な要因があるものの、やはりデイトナの人気化がことの発端だと言えそう。
現在デイトナは「定価の倍」以上の価格で取引されていますが、デイトナの中古相場高等によって他スポーツモデルの価格もつられて上昇しています。

そしてなぜデイトナの人気が出たかというと「ポール・ニューマン」と呼ばれるデイトナ(Ref.6263)の取引価格が高騰したからだと言われていて、この価格高騰については「絵画」「ヴィンテージカー」同様に投機商品として扱われたから。
実際にポール・ニューマンが身につけたデイトナもたびたびオークションに出品され、その都度価格を上げているため、これを見た投資家やコレクターが「ほかのポール・ニューマン・ダイヤルも価格が上がる」と判断して買い占めたということになります。

まさにバブルとしかいいようがありませんが、人気が人気を呼ぶことでロレックスの価値が上がり、まずは「ポール・ニューマン本人が所有していたデイトナ」の価値が上がり、その次は「ポール・ニューマンが身につけていたのと同じデイトナの価値が上がり」、さらに「デイトナと名が付けばなんでも価値が上がる」ということになって、「デイトナを買えずにほかのスポーツモデルを購入する人が増えればそれらの価値も上がる」→「スポーツモデル買っとけば間違いない」→「店頭在庫がなくなった」→「見かけたら買っとけ」、ということで無限にバブルが拡大しているということになります。

「ロレックス=貨幣」

ただ、この状況はロレックスの動きが起点ではなく、「ポール・ニューマン」という偶発的要素によって引き起こされたもの。
しかしロレックスはこの状況を活用したく、様々な手段を講じて中古相場を高いレベルに維持しているというのが現在の状況と考えて良さそうです。

なお、ロレックスの腕時計は「貨幣」と同じ価値、もしくはそれ以上の価値があるため、金銭よりもロレックスに「換金して」保有する人、そしてそれを資金洗浄(マネーロンダリング)に使用する人などが登場し、腕時計を超えた買われ方をしているということも考慮する必要があるかもしれません。

ちなみに探検家がロレックスを身に着けてゆくのは、「行った先で困ったことがあれば、ロレックスを売って窮状をしのげるから」とも言われますし、ラスベガスやマカオに点在する「質屋」には質に入れられたロレックスが大量に売られたりしていて、こういったところを見てもロレックス=お金だと改めて感じさせられるところ。

ほかの腕時計メーカーも同じ状況を作りたい

そして、そういった状況を意図的に作り出そうとしているのがパテックフィリップやオーデマピゲで、これらは直接中古市場に介入しており、とくにパテックフィリップは自社で過去のモデルを高額落札することがあり、これは「パテックフィリップの腕時計は、時間が経っても価値が下がらず、むしろ価値が上がる」という印象を世に与えるため。

これによって「パテックフィリップを買っとけば間違いない」という心理が消費者に働き、「高くても」買ってしまうわけですね。

こういった状況は自動車でも同じで、「フェラーリ」「レクサス」が同じ状況。
フェラーリは中古市場を常に意識していると言われ、中古価格を上げるために供給量を絞り(新車が足りないので中古を買う→中古が足りなくなるので中古相場が上がる)、これによって新車の値付けもより高く行えるような状況を作っていると考えられます。

レクサスの場合は、レクサスが自ら中古車を高値で買取り、高値で販売することで「中古相場を高く」維持していて、レクサスが中古車を高く売ってくれるおかげで他の中古車ショップも「値下げする必要はなく」、レクサスの認定中古車よりもちょっとだけ安くすれば売れるという状況が出来上がっていますが、これもレクサスが「ブランドイメージを向上させ」、より高い価格で新車を販売できるようにするためだと考えられます。

ただ、当然ながら「高く売る」にあたっては様々な機能を付与し、品質も向上させて「顧客満足度」を向上させることにも取り組んでおり、正確に言うならば、これまでと同じ製品を高く売るのではなく、「より良い製品を、より高い価格で売る」ということになりそうですね。

 

2020年1月からロレックスの価格はこう変わる

そして気になるロレックスの新定価ですが、主要スポーツモデルについては下記の通り。

・コスモグラフデイトナ(116500LN)・・・・1,309,000円 → 1,387,100円
・サブマリーナ(デイト/116610LN)・・・898,700円 → 943,800円
・サブマリーナ(デイト/116610LV/ハルク)・・・954,800円 → 987,800円
・サブマリーナ(ノンデイト/116610LN)・・・787,600円 → 832,700円
・シードゥエラー(126600)・・・1,197,900円 → 1,230,900円
・シードゥエラー ディープシー・・・1,298,000円 → 1,330,100円
・エクスプローラーII(216570)・・・853,600円 → 875,600円
・GMTマスターII(116710LN/黒ベゼル)・・・799,200円 → 864,000円
・GMTマスターII(116710BLNR/バットマン)・・・864,000円 → 918,000円
・GMTマスターII(126710BLRO/ペプシ)・・・976,800円 → 1,020,800円

なお、ここで気になるのが「エクスプローラー(214270)」の価格がこれまでと据え置きの687,500円にとどまること。
現時点ではウワサの粋を出ないものの、価格を上げないということはこのまま在庫を売り切って生産終了、という話も出ているようです。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

ページ移動

ユーティリティ

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

タグクラウド

ページ

リンク

ユーザー

新着画像

新着エントリー

2024/01/12 11:13
「ロレックス サブマリーナー デイト 116610LV」
2023/12/11 11:49
ROLEX ロレックス ヨットマスター 40 126655 ブラック
2023/10/31 11:38
2023新作 キングセイコーが紡ぐ洗練された美。KSKのこだわりを受け継いだ新作「SDKA005」「SDKA007」が登場
2023/09/04 09:47
オーデマ ピゲがマシュー・ウィリアムズのブランド「1017 ALYX 9SM」とのコラボレーションモデルを発表
2023/08/14 10:03
ポルシェデザインより911S/Tオーナー向けの腕時計が1,963本のみ限定発売。文字盤は911S/Tのメーターと同じデザイン、ストラップも内装と同一素材を使用
2023/07/15 09:47
ティソ(TISSOT)がカーボンケース採用、カラフルな交換式ブレス採用の魅力的な腕時計「シデラル」を発売。70年代の名作のリバイバル、ちょっと欲しくなってきた
2023/07/01 11:10
CEO交代を控え新作少なめのオーデマピゲ。1999年発売の「ロイヤル オーク オフショア エンド オブ デイズ」オマージュモデルが限定500本にて登場
2023/05/19 10:11
ウブロが新作を大量に発表!得意のセラミックとサファイアクリスタルが充実、まさかの「ネスプレッソとのコラボモデル」に加えオーリンスキー、サンブルー新作も
2023/04/24 15:22
オメガ×スウォッチ、「ムーンスウォッチ ミッション・トゥ・サターン」購入!
2023/04/07 10:23
ロレックスが2020年1月からガツンと値上げ!デイトナは+7.8万円、エクスプローラーは価格据え置きのため「廃版」とのウワサも

新着トラックバック

2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版
2024/02/26 from 承認待ち
Re:拒絶することができない高顔値オメガのセイウチのシリーズの300メートルの潜む水道のメーターの007版

Feed