エントリー

ザ・シチズンスーパーコピー Caliber 0100 世界最高精度のキャリバー0100

シチズンスーパーコピーは昨年ブランド創立100周年を迎え、バーゼル世界2018年に特別な懐中時計を発表しました。
その懐中時計は、カリブブリエ0100といい、シチズンスーパーコピーが開発した年差±1秒の究極の高精度クォーツ楽章「calibur 0100」を搭載しています。
懐中時計のキャリヤー0100は、原型が一般的に販売されていません。
また、シチズンスーパーコピーは今年のバーゼル世界2019年に、重さの宝を載せた腕時計3つを発表しました。
昨年発表されたカリブブリエ0100は、懐中時計の箱に入った原型です。
当時から腕時計として転用できるメディアも多いのではないかと推測されていますが、シチズンスーパーコピー側からの正式な発表は今年になってようやくchriber 0100を搭載した腕時計『The CITIZEN Caliber 0100』が発表されました。
この新しい腕時計のケースの直径は37.5 mmで、箱の厚さは9.1 mmで、数量限定で販売しています。
18 KホワイトゴールドケースのThe CITIZEN Caliber 0100 AQ 60-53 Xは100個限定で、スーパーチタンケースは700個限定です。
700文字盤の中の黒文字盤のAQ 6021-51 Eは500個に限定され、MOP文字盤の規格のAQ 60-53 Xは200個に限定されます。
余談ですが、Calibre 0100を搭載した懐中時計は「Calibre 0100」で、腕時計のモデルは「カリバー0100」です。スペルがちょっと違います。
水晶時計は32,768 Hz(=2^15 Hz)で振動する水晶振動子を使用して高精度な時刻表示を実現していますが、この担体0100の場合は8,388,608 Hz(=8.4 MHz)と非常に高い周波数の水晶振動子で動作します。
つまり、256倍の周波数の水晶振動子が使用されている。
また、水晶振動子はATカット型水晶振動子とも呼ばれ、これは伝統的な音叉型ではなく、ひし形のものです。
このクリストレンガの水晶振動子は4.1 MHzで、電池の寿命は6ヶ月とされています。
年差±3秒以内は驚くべき精度ですが、わずか半年間の電池寿命はビジネスとして販売されている腕時計の寿命はちょっと短すぎます。
八角文字盤を持つブレスレット一体型の金無垢箱は当時450万円だった。
しかし、クォーツは1969年に登場してからあまり経っていません。1970年代半ばに当時の実績としては偉大です。
ちなみに、当時発売されていたクリスト・テラン・メガの石英も、今日のキャリヤー0100のようにATカット型水晶を採用しています。
その後44年後の現在、電力メモリはどうなり、通常6ヶ月間、省電力方式で最長8ヶ月で登場しました。44年前と違って、シチズンスーパーコピーのエコドライブ技術が組み込まれています。スーパーコピーブランド
エコドライブにより、微弱な光でも発電できるようになり、これまでの高精度クォーツムーブメントの電池寿命の課題を解決しました。
もちろん、周波数が2倍ということは、技術の発展のすごさを述べる上でも忘れてはいけません。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

コメント

コメント投稿

登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグクラウド

ページ

ユーザー

新着画像

Feed